ブログ内検索

2017-08-07

橘湖自然探勝会2017年8月6日

8月6日に、N市の橘湖の自然探勝会に妻と参加してきました。
当日は曇りで、時折り糠雨模様でしたが、橘湖に着いた時には晴れて絶好の展望となりました。
たちばな湖への林道入口は当地から車で1時間ほどの距離にあります。
10年ほど前に途中まで行ったのですが、物音に驚いて引き返してきたことがあります。

原生林20170806

今回は総勢10人の団体行動ですので、ヒグマは大丈夫でしょう(^^;

原生林20170806p2

うっそうと茂る樹林帯は昼なお薄暗く、この時期、湿気が半端ないです。
まさにコケの宝庫です。

コケ20170806

その割にはシダは少なく、前回見かけたクジャクシダは今回は発見できませんでした。

沢を渡ると、急こう配の登りがしばらく続いて、急に視界が開けて橘湖が見えてきました。
植物や昆虫を観察しながらの、片道1時間ほどの行程です。

登山道2017-08-06 たちばな湖20170806p2 表示板20170806 表示板20170806p2

湖面は穏やかでほぼ無風、青空が広がり、対岸の景色もはっきり見える、好条件で橘湖にたどり着けたのはまさに僥倖・・・日頃の行いがよいせいでしょうか(^^;

湖面20170806
湖岸20170806

予想に反して小屋などの建築物は一切ありません。
かつては小屋やカヌー等があり、釣り客を呼び込もうとした形跡もあったようですが、いつの間にか撤去されたそうです。

たちばな湖20170806p3

それにしても湖面は独特のエメラルドグリーン・・・たちばなグリーンかな(笑)

タチバナ湖20170806

持ち込まれたニジマスやウグイの仲間が生息しているようですが、最大水深16mと浅いうえに流れ込む川もないので低栄養で、それほど数が繁殖していないのかも。
ちょうど摩周湖に似た環境が、透明度を増しているようです。

閑話休題
静かな湖面を眺めていると、ここが車道から近ければ、RC水上機などを持ち込んでフライトさせてみたい衝動に駆られましたが、何せ傾斜の急な山道を荷物を抱えて1時間も歩くことを考えると、しょせん見果てぬ夢かな?
ただし、ドローンを持ち込んでの空撮なら十分可能でしょう。

(つづく)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 天翔りたるものども. All rights reserved. Template by Underground
まとめ