ブログ内検索

2017-08-02

ロングノーズ「落日号」のフライト

今日も今日とて、日参するのは例のRC専用滑空場です。
久しぶりにプッシャー、双ブーム構造の長鼻の「落日号」を持ち込んで、ソアリングと洒落込みました。

サンセッター20170802

ヒロボーの機体はオリジナルのままでは、どうしてもテールヘビーになりやすいので、ノーズ部を7cmほど延長してあります。
したがって搭載するバッテリーは3セル1,000mAhタイプでちょうどCGが合い、絶好の滑空比を得られます。
幸いにして本日はほぼ無風のコンディション、おまけに青空と雲の配置から、サーマル発生の好条件がそろっていました。
かつて経験したことのないほど、バブル状の熱上昇風が飛行場上空で発生し、いつもより楽々とサーマルに乗せることができました。

サンセッター20170802p2

「サンセッター」は、翼型はクラークY類似、構造も平凡で軽量化されておらず、決して浮きのよい機体ではないのですが、ペラを止めて思う存分視界の届くところまで高く上げ、まさに糸なし凧揚げ・・・ゴキゲンです(^^)/

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 天翔りたるものども. All rights reserved. Template by Underground
まとめ