ブログ内検索

2017-07-16

「アトラスポニー15」、初フライト大成功!

昨日、猛暑の中、新作機の初フライトを決行してきました。
午前11時にRC専用飛行場に到着、週末とあって誰かメンバーが来ているかなと期待しましたが、例によって人影はゼロ(^^;
午前中とはいえ、早くもジリジリと照り付ける陽射し・・・あまりの猛暑に恐れをなして、二の足を踏んだようです。

アトラスポニー20170715p2

さて、まずは受信機の設定です。
2.4Gプロポなのでバインディングから始めます。
あとは角舵の動作方向と舵角を調整します。
初フライトでは舵角は少なめにし、飛行の様子を見て徐々にカゲキな設定にします(笑)
始業時点検も大切です。
リンケージやストッパー等の、ネジというネジの全ての締まり具合を総点検・・・飛行中にタイヤが外れたり、サーボの動作が伝わらなかったりしたらタイヘンです。
ペラ(8×4)のナットの締まりも最後に確認して、さあいよいよエンジン始動です。
OSの15クラスなので、ニードルの開度は3回転くらい。
燃料をキャブまで導いて、ブースターをプラグに差し込み、スターターを回します。
おお!
なんと一発始動です(^^)/
中古で落札したエンジンは新品同様で、状態は大変良いものです。

アトラスポニー20170715

さ、離陸滑走です。
スルスルと走り出して加速し、あっさりと離陸しました。
少し左に傾くのでエルロントリムで微調節しながら場周飛行を何回か繰り返し、無事着陸させ、手元までタキシング
・・・最高の気分です。
キット到着から約2か月で初フライトまでこぎつけました。
エルロン以外はほとんどトリムを調節する必要がないほど、安定したフライトです。
厚翼なので、スピードこそそれほど出ませんが失速特性は良好で、安心して飛ばせる機体です。


《思い入れの愛機と記念撮影》
まずはクイッキー

クイッキー20170701

こちらはバリビゲン

バリビ20170710

帰途にふと見ると、飛行場近くの畑のわきにエゾクガイソウが咲いていました。
高さは2m以上で、やけに背が高い・・・周りのヨモギに負けまいと背伸びしたようです(笑)
先週は見かけなかったのに・・・この場所では花期はこれからのようです。

クガイソウ20170715

逆光なので、少々画像が見にくいのはご愛敬(^^;

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 天翔りたるものども. All rights reserved. Template by Underground
まとめ