ブログ内検索

2017-06-22

「アトラス・ポニー15」の組み立て(主翼編)

お待たせしました。
復刻版「アトラスポニー15」のいよいよ主翼組み立てです。

主翼20170610

このキットの最大の目玉・・・リブ間自動調節ゲージです(笑)

ゲージ20170610

とかく主翼の組み立ては、リブとリブとの間隔やスパーに対して垂直に立てる工程がメンドーなものですが、このゲージさえあれば
サクサクと・・・進むはず・・・ですが?
何せ原寸図が・・・A4版×2枚で分割されているので、まずはそれを正確に貼り合わせるという作業から始めなればなりません・・・やれやれ(^^;

往時の青焼き1枚の大きな原寸図が懐かしい・・・レーザーカットになってから、なぜか原寸図がおざなりになってしまい、ひどいキットでは原寸図さえ入っていないことがあります。
実際このキットでも、主翼・尾翼の原寸図はあるものの、胴体はなし之介(笑)

とまれ組み立ててみました。
印象としてはかなりの厚翼です。

主翼20170612

主翼のエルロンは全幅エルロンではなく、翼端エルロンです。
これがクセモノで、全幅エルロンの方がはるかに組み立てはラクです(涙)
おまけにサーボは2個必要だし、Yハーネスは必要だし、何かと不経済です(怒)

主翼20170613 主翼20170613p2 主翼20170614 主翼20170614p2

骨組みが出来上がったらプランクです。
2mm厚のバルサを貼っていきます。
下面はシュンカンでもよいのですが、上面はタイトボンドを使いました。
バルサの質が固いので前縁のRがきついところは、スプレーで水をかけ、湿らせてから接着します。
この時、あくまでも前縁のプランク材の必要な部分だけにかけ、バルサ全面にはかけません。
水かけが不要な部分を、紙などで覆ってマスキングします。
なぜかというと全体にかけると上面が延びて、ネジレや狂いができてしまいます。
慎重に真横から見てネジレていないか確認しながら、マチ針を大量に使ってとめていきます。

プランク20170614

上下面のプランクも終了し、メインギヤベッドなどもすでに取り付け済みです。

プランク20170618 プランク20170618p2

エルロンを2個作ります。

エルロン20170618

下側ができたらバルサカンナでテーパーを付けます。

えるろん20170618p3エルロン20170618p4

この時、エルロンホーンを取り付ける個所を補強しておきます。
エルロンの上側に貼るバルサもテーパー掛けしておきます。

エッジ20170618p2 クサビ20170618

上面を接着したら今度はヒンジを付ける側もカンナでテーパー掛けしてクサビ断面としておきます。
レーザーカットのキットはテーパー材が同梱されてないのが難点となります。
ダイカット方式なら、予めキットにテーパー材として用意できますが、レーザーカットではすべて自分で工作する必要があります。
細部はそれなりのスキルが要りますので、決して初心者向けのキットではありません。
ま、復刻版をチョイスする時点で、それなりの経験者ということでしょうか(^^;

エッジ20170618

エルロンがほぼできました。

(つづく)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 天翔りたるものども. All rights reserved. Template by Underground
まとめ