ブログ内検索

2017-04-28

昭和レトロのパイロン機「コンクェスト」の製作(完成編)

<サーボの積み込み>
10クラスパイロン機は、なにしろ機体がスリムなので、メカの積み込みもラクではありません。
エルロンとエレベーターは例のコロナ製12.5gサーボ(CS-929-MG、CS-939-MG)、エンコンサーボは一昔前のOK製マイクロサーボ(OK S1612)です。
当時、OK製のハンドランチグライダー「ミント」を作った折に、レシーバーとセットで売られていたので購入したものです。

サーボ20170427p2 サーボ20170427

機体上下の互いのホーンとロッドが干渉しないように、サーボテスターで確かめながら、細心の注意で工作を進めます。

エルロンサーボ20170427

エレベーターロッドを胴体右側面から出しました。

ロッド20170427


キャノピーは、例のスコッチ多用途スーパー強力接着剤で接着します。
貼り合わせる前に10分程度放置しておいて、接着したのちに、完全に固まるまでクリアテープで仮止めします。

キャノピー20170427

キャノピーの縁には、カッティングシートをストライプ状にカットして貼りつけ、段差が目立たない様にします。

カッティングシート20170428

あとはレシーバーとバッテリーを搭載すればほぼ完成です。
テールに20gほどのオモリを既に埋め込んであるので、何とかCGも既定の範囲に収まりそうです。

初フライトが楽しみです。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 天翔りたるものども. All rights reserved. Template by Underground
まとめ