ブログ内検索

2017-08-16

またまた初見の野の花に!

春先はノビネチドリを観に行く、いつもの裏山に、行って来ました。
さすがに今の時期は樹木がうっそうと生い茂り、薄暗く、なかなか人が近づける雰囲気ではありません(^^;
それでも4WDで山道を登っていくと・・・おや?
あれは?
まずは黄色い花が目にとなりました。

ニガナ20170816

ヤクシソウかな?
葉が茎を抱き込んでいるので間違いないでしょう。
善光寺で秋によく見かける花です。
それにしては花期(ヤクシソウは9~10月)が少し早いようですが?

その隣に謎の花・・・なんだろう?

カワミドリ20170816 カワミドリ20170816p4

一応撮影だけして次の場所に向かいます。
反対側にも気になる花が・・・草丈が低いですが、多分「エゾタツナミソウです。

タツナミソウ20170816

T市のN大沼公園で見かけ、過去ログにアップしていますが、これまた当地で見かけるのは初めてのシソ科の花です。

さらに進むと、かなり背丈の高い花が土手の斜面に咲いていました。

カワミドリ20170816p3

これは!
図鑑でさんざん観たことのあるシソ科の花「カワミドリ」に間違いない!
大興奮です(^^;

さっそく車を降りて撮影しようと思いましたが、窓を見ると大きなウシアブが4、5匹張り付いています(^^;
ギャ~!
これは車のドアを開けると確実に車内に入ってくるでしょう(泣)
泣く泣く次の目的地まで走り、帰りに立ち寄ることにしました。

さて、ここからは車を降りて徒歩ですが、この場所では虫よけスプレーと蚊取り線香が欠かせません。

ユキノシタ20170816 ユキノシタ20170816p2

春先にノビネチドリを撮影した場所に、気になるユキノシタ科の葉っぱがあったので、この時期に咲いているかなと期待していたのですが、残念ながら花はまだこれからのようです。
つぼみの付き方からすると、やはりエゾノクロクモソウかな?
橘湖でjはとっくに咲いていたのにここでは開花はまだのようです。

近々もう一度訪れる必要があるようです。


さて、勇気を振り絞って帰途にカワミドリの咲いている場所に戻り、撮影開始です。
今度はしつこいウシアブも何とか避けて近くに寄って撮影できました。

カワミドリ20170816p2
河碧(シソ科) 草丈:40cm~1.2mの多年草
花期:8~10月、生育適地:山地のやや湿った所

初見の花です。
山肌のむき出しになった土手に咲いていました。
草丈はシソ科の花の中では かなり高い!
筒状の花がたくさん咲いているので、各種の蝶や昼飛ぶ蛾が蜜を吸いに来てました。
先ほどの謎の花もこのカワミドリの生育途中のものに間違いないでしょう(^^)/

スポンサーサイト
2017-08-15

ユニコです。よろしくね!

我が家に新しいハムスターがやってきました。

ユニコ20170815p2

今までのハムちゃんは、残念ながらみんな旅立ってしまい、
今は安らかにひまわりの花の下で眠っています。
何せ寿命が短い子で半年(ロボロフスキーのイオンちゃん、ネオンちゃん)、長い子でも2年半(雪菜ちゃん、ミーナちゃん)と、人間の寿命からすると、極端に短い(涙)

今度の子は7月生まれで、生まれたばかり・・・3週間ほどしか経っていないということ。

ユニコ20170815

そしてなんと、頭にツノがあります。
来たときは気付かなかったのですが、寝グセの悪い髪だなと触ってみると・・・!
頭のところにどうやら突起状の骨があるみたいで、硬いです(^^;

まるで伝説の生き物、ユニコーンのようだということで「ユニコ」と名づけました。
ちなみに生まれたばかりで雌雄はまだ分からないとのことです。

ユニコ20170815p3

それにしても・・・怪獣ブースカにも似てますが、なんとも稀有なハムスターです(笑)
長生きしてね!

2017-08-12

里山の野の花たち

いつもの地元の里山巡りです。
このところ天気が思わしくなく、まるで6月なみの低温で蝦夷梅雨状態です。
雨の晴れ間を狙って、お目当てのシソ科の花、クルマバナが開花していないか観に行ってきました。
最初のところはまだ赤茶色のガク片のみで開花していませんでした。
で、別のところでは・・・咲いていました!

クルマバナ20170811

小ぶりですが、日当たりの関係でこちらの方が先に開花したようです。
その近くで、奥の方の日陰に、あれは?

ウシタキソウ20170811

ミズタマソウらしき花がかなりの数、群生していました。
よく見ると、ちょっと雰囲気が違う・・・何かな?
帰宅して検索するとどうやらウシタキソウのようです。

ウシタキソウ20170811p2
牛滝草(アカバナ科)
花期:7~8月、生育適地:山地の林内や林縁
葉は広卵形で先が尖り、基部は心形

葉っぱがミズタマソウより幅広い・・・今までにミズタマソウとミヤマタニタデはアップしましたが、これまた、当ブログ初登場の野の花です。

ヒメオドリコソウのような花も発見!

チシマオドリコソウ20170811

しかし花期が違います。
例のキレハヒメオドリコかな?
やはりどうもガク片の数が多いので検索すると、これまたチシマオドリコソウのようです。
またまた初見の花を発見!

チシマオドリコソウ20170811p3
千島踊り子草(シソ科)
花期:7月中旬~9月、生育適地:原野や林道脇


あと、これも?

イチゲフウロ20170811

イチゲフウロかな?
近縁のゲンノショウコより小ぶりの花です。

イチゲフウロ20170811p2
一華風露(フウロソウ科)
花期:7~9月、生育適地:道端や草地
葉の裂片の切込みは深く鋭い。花は柄の先に通常一輪(時に2個)花のサイズは小さく径1cmほど

なんと今日1日だけで3種類も初見の花を発見とは、大収穫です。
まだまだ里山侮れず(^^;

2017-08-11

橘湖の昆虫

申し遅れましたが、橘湖自然探勝会には随伴のネイチャーガイド(学芸員?)の方が丁寧な解説をしてくれました。
特に樹木や地衣類等、植物に詳しいお方と、昆虫に造詣の深いお方がそれぞれ、いかにも橘湖の自然を愛していて、仕事が楽しくてしょうがない風に見えました。
あらためてこの場を借りてお礼を致します。

街灯の下で死んでいたオオミズアオ

オオミズアオ20170806

赤い毛虫

赤い毛虫20170806

尾羽打ち枯らして寿命を全うしたミヤマカラスアゲハ

カラスアゲハ201760806

クワガタのオス

クワガタ20170806p2

オニクワガタのメスかな?

クワガタ20170806

2017-08-08

橘湖の野の花たち

橘湖自然探勝会の続きです。
今回見かけた野の花はいずれも地味な花ばかりですが、それでも初見の花に出会えたのは僥倖でした。
まずは橘湖畔で一番目についたのはミミコウモリの白い花で、花期真っ盛りです。

ミミコウモリ20170806

シソ科の花シリーズ3連発、まずはウツボグサです。

ウツボグサ20170806

同じくシソ科のエゾシロネです。
葉腋に極小の白い花・・・径2~3mmほどの唇弁形の白い花が咲いています。
目を凝らさないと見逃してしまいそうな・・・花期はこれからかな。

シロネ20170806

山道のいたるところで咲いていたのは、やはりシソ科の目立たない花、ミヤマトウバナです。

見ヤマトウバナ0170805

白い花の径は5mmほどの、またまた極小の花ですが、日陰に強く、たくましい生命力です(^^;

ヤブタバコの黄色い花も山道のいたるところに咲いていました。

ヤブタバコ20170806

ズダヤクシュと同じユキノシタ科のエゾノクロクモソウも山道の沢沿いに1か所だけ見つけました。
カムイヌプリでよく見かけた花・・・やはり湿気を好む花とみえます。
それにしても極小の花(径5mmほど)で撮影が非常に難しい(^^;

エゾノクロクモソウ20170806

さ、いよいよ初見の花です。
もちろん当ブログ初登場!

イケマ20170806

イケマ(ガガイモ科)
生馬:つる性の多年草、長さは2m以上
花期:7~8月、生育適地:原野や山地の日の当たるところ
果実は細長い袋状で長さ10cmほどになる。

とはいえ、これまた小さくて地味な花(^^;
実はちょうどオクラのような形ということですが、ガガイモはよく見かけるのに、このイケマは、ついぞ見たことがありませんでした。
ぜひ、秋になったら実も見てみたいものです。

こちらは草丈の大きなハンゴンソウです。

ハンゴンソウ20170806

湖畔の波打ち際に咲くミゾホオズキは山道でも数か所で見かけました。
これまた名前の通り、田んぼの畦道などに咲く湿気を好む花です。

ミゾホオズキ20170806p2

番外編としてキノコの仲間、まるで白いサンゴ・・・シロヒメホウキタケです。

シロヒメホウキタケ20170806

食用になるそうですが・・・あえて食べたくはないですね(笑)

2017-08-07

橘湖自然探勝会2017年8月6日

8月6日に、N市の橘湖の自然探勝会に妻と参加してきました。
当日は曇りで、時折り糠雨模様でしたが、橘湖に着いた時には晴れて絶好の展望となりました。
たちばな湖への林道入口は当地から車で1時間ほどの距離にあります。
10年ほど前に途中まで行ったのですが、物音に驚いて引き返してきたことがあります。

原生林20170806

今回は総勢10人の団体行動ですので、ヒグマは大丈夫でしょう(^^;

原生林20170806p2

うっそうと茂る樹林帯は昼なお薄暗く、この時期、湿気が半端ないです。
まさにコケの宝庫です。

コケ20170806

その割にはシダは少なく、前回見かけたクジャクシダは今回は発見できませんでした。

沢を渡ると、急こう配の登りがしばらく続いて、急に視界が開けて橘湖が見えてきました。
植物や昆虫を観察しながらの、片道1時間ほどの行程です。

登山道2017-08-06 たちばな湖20170806p2 表示板20170806 表示板20170806p2

湖面は穏やかでほぼ無風、青空が広がり、対岸の景色もはっきり見える、好条件で橘湖にたどり着けたのはまさに僥倖・・・日頃の行いがよいせいでしょうか(^^;

湖面20170806
湖岸20170806

予想に反して小屋などの建築物は一切ありません。
かつては小屋やカヌー等があり、釣り客を呼び込もうとした形跡もあったようですが、いつの間にか撤去されたそうです。

たちばな湖20170806p3

それにしても湖面は独特のエメラルドグリーン・・・たちばなグリーンかな(笑)

タチバナ湖20170806

持ち込まれたニジマスやウグイの仲間が生息しているようですが、最大水深16mと浅いうえに流れ込む川もないので低栄養で、それほど数が繁殖していないのかも。
ちょうど摩周湖に似た環境が、透明度を増しているようです。

閑話休題
静かな湖面を眺めていると、ここが車道から近ければ、RC水上機などを持ち込んでフライトさせてみたい衝動に駆られましたが、何せ傾斜の急な山道を荷物を抱えて1時間も歩くことを考えると、しょせん見果てぬ夢かな?
ただし、ドローンを持ち込んでの空撮なら十分可能でしょう。

(つづく)

2017-08-02

ロングノーズ「落日号」のフライト

今日も今日とて、日参するのは例のRC専用滑空場です。
久しぶりにプッシャー、双ブーム構造の長鼻の「落日号」を持ち込んで、ソアリングと洒落込みました。

サンセッター20170802

ヒロボーの機体はオリジナルのままでは、どうしてもテールヘビーになりやすいので、ノーズ部を7cmほど延長してあります。
したがって搭載するバッテリーは3セル1,000mAhタイプでちょうどCGが合い、絶好の滑空比を得られます。
幸いにして本日はほぼ無風のコンディション、おまけに青空と雲の配置から、サーマル発生の好条件がそろっていました。
かつて経験したことのないほど、バブル状の熱上昇風が飛行場上空で発生し、いつもより楽々とサーマルに乗せることができました。

サンセッター20170802p2

「サンセッター」は、翼型はクラークY類似、構造も平凡で軽量化されておらず、決して浮きのよい機体ではないのですが、ペラを止めて思う存分視界の届くところまで高く上げ、まさに糸なし凧揚げ・・・ゴキゲンです(^^)/

Copyright (C) 天翔りたるものども. All rights reserved. Template by Underground
まとめ