ブログ内検索

2017-04-28

昭和レトロのパイロン機「コンクェスト」の製作(完成編)

<サーボの積み込み>
10クラスパイロン機は、なにしろ機体がスリムなので、メカの積み込みもラクではありません。
エルロンとエレベーターは例のコロナ製12.5gサーボ(CS-929-MG、CS-939-MG)、エンコンサーボは一昔前のOK製マイクロサーボ(OK S1612)です。
当時、OK製のハンドランチグライダー「ミント」を作った折に、レシーバーとセットで売られていたので購入したものです。

サーボ20170427p2 サーボ20170427

機体上下の互いのホーンとロッドが干渉しないように、サーボテスターで確かめながら、細心の注意で工作を進めます。

エルロンサーボ20170427

エレベーターロッドを胴体右側面から出しました。

ロッド20170427


キャノピーは、例のスコッチ多用途スーパー強力接着剤で接着します。
貼り合わせる前に10分程度放置しておいて、接着したのちに、完全に固まるまでクリアテープで仮止めします。

キャノピー20170427

キャノピーの縁には、カッティングシートをストライプ状にカットして貼りつけ、段差が目立たない様にします。

カッティングシート20170428

あとはレシーバーとバッテリーを搭載すればほぼ完成です。
テールに20gほどのオモリを既に埋め込んであるので、何とかCGも既定の範囲に収まりそうです。

初フライトが楽しみです。

スポンサーサイト
2017-04-23

昭和レトロのパイロン機「コンクェスト」の製作(その5)

胴体、主翼、尾翼のフィルム貼りも終了し、いよいよ最終工程に突入しました。

フィルム貼り20170418 尾翼20170418 胴体20170418

例によって胴体は通常のオラカバ、主・尾翼はオラライトです。

主翼のフィルム貼りが終わったら、ランディングギヤの取り付けです。

ポンチ20170422

ジュラ脚にポンチで所定の位置にガイド(窪み)を穿ち、ドリルで貫通させてネジ穴をあけます。

ギヤ取り付け部20170422

所定の大きさにカットした3mm厚シナベニアにはタッピングビスで3か所を固定します。

ギヤ20170422

これごとエポキシで主翼に固定すれば出来上がり。
離陸は手投げなので着陸のみ、ギヤを使います。
タイヤは適当なものがなかったので電動用の直径3cmのを使いましたが、着陸時の衝撃に耐えるかは微妙(^^;
強度が足りなければ、いづれパイロン機用の本格的なものを取り寄せるつもりです。

50ccタンクはバスコークで防火壁の裏側にはめ込んで固定します。

スペーサー20170420 スペーサー20170420p2

その前にスパーサーをバルサで作り、タンクのキャップにはめてタンク本体がぐらつかないようにしました。
バスコーク20170422 バスコーク20170422p2

あらかじめウレタンニスで塗装しておいて燃料が染み込むのを防止しておきます。

燃料チューブ20170422

燃料チューブも色分けして、キャブレター側とマフラープレッシャー側を間違えないように取り付けておきます。
何とか押し込みました。

コンクェスト20170422 コンクェスト20170422p2 コンクェスト20170422p3

サーボなどの取り付けはまだですが、一応形ができました。
GW期間中には初フライトできるかな?

(つづく)

2017-04-10

青いキクザキイチゲ

今年もスプリングエフェメラルの春が到来しました。
まずは当地のA川公園沿いの散策路に青いキクザキイチゲが、今満開です。

キクザキ20170409 キクザキ20170409p2 キクザキイチゲ20170409

善光寺の方も訪れてみました。
こちらはカタクリとキバナノアマナ、エゾエンゴサクなどが開花していました。

カタクリ20170407 キバナノ20170409 エゾエンゴサク20170409

直前に寒気が入ったせいか、こちらはキクザキはまだ開花していない模様・・・アズマイチゲが見頃です。

アズマイチゲ20170409

他の場所には福寿草も真っ盛り・・・黄色い花が陽に照り映えてまぶしいくらいです。

フクジュソウ20170409

かなりの群生が見られました。

福寿草20170409

2017-04-06

春うらら

4月になってやっと雪も消え、例のRC専用滑走路が使えるようになりました。

アストロ20170406

長い冬の間はある程度の積雪と寒さがあれば踏み固めて滑走路を作ることもできるのですが・・・当地はそれほどの積雪もないので中途ハンパに溶けるとお手上げです。
特に春先は凍上した霜が溶けてぐちゃぐちゃ状態でしたが、やっと乾燥した日が続き、路面も何とか使える状態になりました。
離陸滑走が必要な機体もいよいよ出番・・・久しぶりに機体の虫干しです(^^;

機体群20170406

本日は風はないものの、あいにく曇天・・・煙ったように雲一面なので機影が見ずらいですが、重大インシデントもなく、無事5機ほどフライトできました。
画像には写っていませんが、06クラスの丸鷹「マッハミニ」も手投げで飛ばしてます。

キャバリーノ20170406 アストロ20170406p2

どれもエンジンは一発始動で快調なエキゾーストノートを響かせて大空を飛び回りました。

エゾモモンガ20170406

さ、今年も本格的なフライトシーズンの到来です(^^)/
これからどんな新作機を飛ばそうかな・・・ワクワク・ドキドキです。

Copyright (C) 天翔りたるものども. All rights reserved. Template by Underground
まとめ