ブログ内検索

2016-06-29

久しぶりのフライト

このところずっと蝦夷梅雨状態で、半月ほど曇りや雨の日ばっかりでした。
地元ではこれを、大金をはたいたのにイマイチパッとしないイメージで、サミット曇り(2008年のバカ騒ぎ・・・洞爺湖サミットにちなんで)と呼んでいます(^^;

キャバリーノ2016629

とまれ本日は快晴無風でしたので、例によってRC専用飛行場に行ってきました。
ドレスアップした「キャバリーノ」のフライトを堪能してきました。
先客はO氏とM氏の2名です。

キャバリーノ2016629p2

エンジン排気量は10クラスと、コンパクトながら山椒は小粒でもピリリと辛いぜ・・・スピード感は最上級で楽しめる、お手軽スタント機です。
ぜひ、みなさんも1機作ってみてください。
お気に入りの機体になること、うけあい〈^^〉/

スポンサーサイト
2016-06-18

ULTIMATE 完成!

OS15LA搭載版「アルチメイト15」が最終組み立てを終了し、ほぼ完成いたしました。

エルロン2016618

面倒な上下エルロンリンケージロッドも連結終了し、動作確認も問題なし。

スイッチ2016619

電源スイッチは機体内部に組み込み方式としました。
プッシュ・プルロッドを引っ張るとオン、押し込むとオフとなります。

スイッチ2016618p2

さ、明日は飛ばせるかな?

アルチメイト2016619p2 アルチメイト2016618 アルチメイト2016619

パイロットもちゃんと乗っています(^^;
ちなみにキャノピーは両面テープで仮止めしてあります。

パイロット2016619

全幅 840cm
全長 720cm 
全高 25㎝
重量 920g (レシーバー、バッテリーを除く)

2016-06-13

ULTIMATE 製作再開!(その5)

1996年の設計・・・プランを見ると、ひと時代前のサーボ、受信機、バッテリー類がバカでかい!.
エース社のシンプルシリーズ「ULTIMATE 15クラスエンジン機」・・・10年以上の製作中断を経て、いよいよ最終段階に入りました。

アルチメイト201664 
尾翼のリンケージも終了

尾翼周り201664 アルチメイト201668

シンプルシリーズとは銘打ってありますが、そこは複葉なので製作の手間は2機分にも匹敵・・・カラーリングにもそうとう頭を悩ませましたが、すでに主翼のフィルム貼りも済ませ、あとは複葉の上下翼エルロン連結リンケージが残っています。
ちなみに、発泡スチロールコアにオラカバは意外と貼りやすく、熱で溶ける心配もなく強度も十分・・・ストレスなく貼れました。

アルチメイト201668p2

下翼のエルロンリンケージ・・・手持ちのフタバの純正ミニサーボを使いました。
上下4枚のエルロンをガタ付きなく操作できるかな(^^;

エルロン2016610

タンクは90cc角型・・・15クラスにしては小さめの容量ですが、胴体内のスペースが限られているのでこれでガマン、ガマン(^^;
1回当たりのフライト時間は5分ほどかな。
翼面荷重の小さい小型の機体は、エンストで滑空着陸させても、ほとんど壊れないので気軽に飛ばせます。

角タンク2016611

エレベーターとラダーの操作は手持ちのJRミニサーボ×2個、エンコンはタワープロの9gサーボです。

リンケージ2016611

ホイールはテトラの純正スポンジタイヤ・・・価格はちょっと高いですが、クッション性は抜群・・・荒い着陸でも
機体を傷めず安心です。
最近の廉価な市販品はタイヤのゴムが固く、着地のショックが強いと、ホイールごとぶっ壊れてしまいます(泣)

テトラタイヤ201669

OSのジュラ製ラジアルマウントは旧タイプなので、OS15LAの後方リモートニードルタイプだとバックプレートと防火壁の間が狭く、タンク周りの処理が超難度・・・配管に苦労しました(^^;

ラジアルマウント2016611

複葉機は前作のムサシノ「初音ミク版オテンバGP」を、完成させてひと月もたたないうちに、
ミスで墜落、大破させて以来となります(^^;

Zべンダー2016611

そうそう、今回初めてリンケージロッドの曲げ加工に〝Zベンダー”を使いましたが、これがスグレモノ!
2mmφくらいまでのピアノ線ならば、ワンタッチでロッド末端のZ加工ができてしまいます。
もっと早く買っておけばよかった商品の一つです。

2016-06-07

キタキツネ

地元の農道でキタキツネに遭遇・・・人間を警戒するでもなく、「何か食べ物をちょうだい!」てな顔で、うっとおしそうにこちらを見てました。

キタキツネ201667p3

かなりの老犬、もとい老狐かな?

キタキツネ201667

近くで餌付けされているのかも(^^;

キタキツネ201667p2

「ちぇっ・・・何もくれないのかい? つまんないの!」

キタキツネ201567p4

2016-06-06

ギンラン祭り!

本日は絶好の野の花観察日和につき、T市のN大沼公園に妻と散策に行きました。

そして・・・なんと!
あのギンランに出会いました。

ギンラン201666p2 ギンラン201666p3 ギンラン201666p2

地元の善光寺で、1、2株しか見かけたことがない希少種がたくさん咲いていました。
今の時期、毎年のように出かけても、ラン科の花としてはコケイランしか見つけられなかったのに、なんということでしょう?

ギンラン201666p3 ギンラン201666

草丈の大きいのはまるで別種のランのようにも見えますが、紛うことなきギンランです。


そばにはお約束のコケイランも数株咲いてました。

コケイラン201666

多分、コケイランの花期よりも、ギンランの方がちょっと遅いので、今まで気付かなかったのかな?

コケイラン201666p2

コケイランはあの独特のフリルの模様が愛おしいランです。

コケイラン2016-6-6p4

Copyright (C) 天翔りたるものども. All rights reserved. Template by Underground
まとめ