ブログ内検索

2015-05-29

アカゲラ

善光寺の例の葱坊主はまだ開花していませんでしたが、たぶんアサツキの1種でしょう。
アサツキだとすると、パープルの花が咲くはず・・・6月になってからが楽しみです。

アカゲラ150528p5

ところで、その場所で思わぬ出会いが・・・アカゲラと遭遇しました!
それにしても、やけに派手な柄の野鳥です。

アカゲラ150528p2

10mほどの距離かな?
最大ズームで撮影しました。
ゆくりなくもアカゲラと近接遭遇できたとは、僥倖です。

アカゲラ150528 アカゲラ150528p3

アカゲラのオスだそうです。
こちらを意識するでもなく、のんびりと地面の餌探しです。

スポンサーサイト
2015-05-28

キランソウ

待ちに待った善光寺のキランソウがやっと開花し始めました。
とはいっても、開花したのは1株だけ・・・見ごろはまだまだこれからかな?

キランソウ150528

晴天とはいえ、やはり木陰・・・撮影には例の簡易レフ板が役に立ちました。
ただ、すぐそばの木の葉が生い茂り、どんどん薄暗がりになっていくのが気がかりです。

2015-05-26

舞姫たち

華麗なる乱舞の続きです。
小沼一周の道沿いにはフデリンドウの他にも、この時期限定の舞姫たちが咲き乱れていました。

ニシキゴロモ150524p2

当地ではとっくに花期が終わった感のあるニシキゴロモがちょうど見ごろでした。
太平洋を直接臨むT市は、千島海流がまともに流れ込み、やはり、内浦湾に守られている当地より季節の到来が遅いようです。

ニシキゴロモ150524 ニシキゴロモ150524p4

それにしてもニシキゴロモの花色と立ち姿のなんとバリエーション豊かなことよ!

ニシキゴロモ150524p3
こちらは背高バージョンです。

葉っぱの色だけではなく、花色が青からピンク、赤紫と、まるで別種の花にも見えます。

2015-05-26

華麗なる乱舞

T市のN大沼公園の小沼廻りでは、お目当ての花には出会えませんでしたが、
この時期限定の野の花の乱舞を目撃できました。

フデリンドウ150524p2

いつもは早すぎるか、遅すぎるかで出会えなかった花たちの乱舞です。

フデリンドウ150524p8

フデリンドウ150524p10

まずはフデリンドウです。
これほど多くのフデリンドウが咲いているのを見たのは久しぶり・・・紋別岳登山以来です。
まるで青い小さな星をちりばめたようです。
その数たるやAKB48、HKT48、NMB48、SKE48・・・メンバー全てを合計した数よりも多かったかな(^^;

しかも晴天で南斜面・・・陽光を浴びた状態なので撮影も好条件が重なりました。

フデリンドウ150524p9

足元のほんの小さな野の花ですが、いとおしく健気に咲いていました。

2015-05-25

幻の花?

昨日も晴天につき、コケイランとエゾタツナミソウを探しに、妻とT市のN大沼公園まで足を延ばしました。
この時期にN大沼公園を訪れるのは初めて。

木道150524

とはいっても大沼の方はコース的にムリなので、周囲1.6kmの小沼の方をウォーキングです。

小沼150524

残念ながらコケイランもエゾタツナミソウも見つかりませんでした。
以前に見つけたのは6月だったかな?
コケイランはともかく、タツナミソウのほうはもっと遅く、夏の花かもしれません。

そのかわり、小沼の最深部で思わぬ花に出会えました!

ルイヨウボタン150523p2

ルイヨウボタンです。

ルイヨウボタン150524
類葉牡丹(メギ科ルイヨウボタン属)
花期:5~7月、生育適地:山地の林の中、日陰の谷間

この花は地元でも観たことがなく、以前にカムイヌプリを登山した時に見かけただけですから、
もう何年ぶりの出会いでしょうか。

緑色の目立たない花ですが、僥倖といえます。

2015-05-24

フデリンドウ&ノビル?

キランソウの開花状況を確認するついでに、あちこち、野の花を観察してきました。
まずはフデリンドウです。

フデリンドウ150523

ここではあまり見られない花です。

フデリンドウ150523p3

以前にキランソウの近くに一株咲いてたのでが、今回は近くに観られず、かなり離れた山陰の方に見つけました。
枯れ草の間に埋もれて、よく注意していないと見逃しそうでした。

オオヤマフスマも1箇所で大群落を作ってました。

オオヤマフスマ150523

白い花弁が5枚の清楚な花・・・登山道ではよく見かけます。
好きだな、この花

ここはコケの宝庫でもあります。

ジャゴケ150523

ゆくりなくもジャゴケをの群落を見つけました!
まるで爬虫類のウロコのような手触りを堪能しました・・・黒松内で見かけて以来なんで、僥倖です。


あと、これは?

ノビル150523p2

ノビル、ニラ、ラッキョウ?

ノビル?150523

葱坊主には違いありませんが、開花してみないと何の花か分かりません。
ちなみに細い葉と根っこの球根を掘り出して食べてみましたが、美味です。
匂いからいうとニンニク系かな?
陽当たりのよいところにはたくさん群生しています。

2015-05-23

ギンラン&ユウシュンラン

本日は快晴につき、キランソウを観察しに、例の場所へ行きましたが・・・

キランソウ150523

まだ開花しておりません・・・残念!
あと1週間ほど待たなければダメかな?

ギンラン150523

その代わり、例によって例の場所に今年もギンランとユウシュンランが咲いていました。

ギンラン150523p2
ギンラン

ユウシュンラン150523
ユウシュンラン

しかもあきらかに昨年より大きくなっています。

薄暗い場所なのでピントを合わせるのに苦労しましたが、今年は新ツールを持参しました。
とはいっても即席のチープなもの・・・ダイソーのカラーボードにアルミホイルを貼っただけのもの・・・簡易レフ板です。
これが結構役に立ちます。

2015-05-19

オドリコソウ

桜の開花も一段落して、今年もオドリコソウが咲く季節になりました。

オドリコソウ150517p2

木陰にひっそりと咲くイメージですが、日向にもライバルがいなければたくさん咲いています。

オドリコソウ150517p3

しかし、路傍では繁殖力の強い外来種の野の花にやられて、
当市でも、ここ善光寺自然公園以外では観たことがありません。

オドリコソウ150517

シソ科の花なので元来日向を好む花のはず・・・他のところではどうなのでしょうか?

2015-05-17

オテンバGP製作記(木地完編)

ムサシノの「オテンバGP」も、尾翼関係とハッチの工作も済んで、やっと木地完までこぎつけました。

尾翼150517 コの字150517

ラダーのテールギヤの差し込み穴です。

ラダー150517 

テールをちょっと延長しました。

テールギヤ150517 

ハッチのネオジウム磁石もバッチリ!

ハッチ150517

オテンバ150517 オテンバ150517p2

ウィングボルトはナイロン製

ウイングボルト150517

あとはフィルム貼りとメカ積みを残すだけ。

(つづく)

2015-05-16

これってVOWネタ?

地元のスーパーの自転車置き場の張り紙です。
カラス150414p2

っていうか、誰かが持って行っちゃう方は考えなくてもいいの?
田舎の性善説はかなり根強い・・・ローカルならではのVOWネタです。

今度から、何か無くなったらカラスのせいにされそう(^^;
財布が無くなった・・・あ、それカラスです。
ダイヤの指輪が見当たらない・・・それもカラスです。
なんだかなぁ?

2015-05-15

オテンバ製作再開

このところ北海道は肌寒く、風の強い日が続き、フライトは当分お預けかな?
こんなときは製作、製作!

ハッチ150515p2

延び延びになっていたムサシノ「オテンバGP」の製作を再開です。
3月中に出来上がる予定が、もう5月中旬です。
何とか今月末には飛ばす状態まで仕上げたいものです。

タンク150515

まずは燃料タンクをバスコークで防火壁に固定します。
タンクはIMの150cc・・・たぶんRCカー用のものでしょう・・・以前に何かの機体に搭載していたものの再利用・・・角タンクです。

ハッチ150515

キャノピー前面はバッテリー等の交換のため、ハッチとして取り外せるようにします。
最終的にはネオジウムマグネットで留めます。

尾翼150515

尾翼関係も、いろいろ迷いましたが、ラウンドタイプに形状変更です。
ラダーは部材を足してテール下方まで延長します。

ラダー150515

したがってエレベーターは真ん中でカットし、コの字に曲げたピアノ線で連結します。

(つづく)

2015-05-10

緑ヶ丘公園まつり

本日は妻とT市の金太郎の池まで行ってきました。
これで3回目の訪問です。

アイドル150510

到着してみると、なんと、緑ヶ丘公園まつりというので、駐車場はほぼ満杯、人込みで溢れていました。
大音量でスピーカーから音楽が流れ、今や、特設の舞台ではご当地アイドル(?)が歌って踊って、大盛り上がり・・・女性デュオなのですが、なんという名のアイドルかな?
とまチョップを背景に楽しそうですね(^^)/

人で溢れていたので、早々に池の周りの丘に登って、山道を散策しました。
ここは散策コースが豊富なので、四季折々、いろいろな楽しみ方ができる市民の憩いの場所です。
近場だったら毎日でも訪問したい場所です。

山道150510

妻が、さっそく山道脇にフデリンドウを発見!

フデリンドウ150510

やはり陽当たりのよい山道脇にピッタリの野の花です。

こちらはセンボンヤリです。

センボンヤリ150510p2

コケの上にも咲いていました。

センボンヤリ150510

小ぶりのシロバナエンレイソウも散見されました。

シロバナ150510

丘を下って池の方を見ると、なんと、亀が甲羅干しをしていました!

カメ150510p3 カメ150510p2 カメ150510p5

しかも3匹も!?

ヒシクイ150510

先日のヒシクイ君もお昼寝中です。
のどかな光景でした。

2015-05-09

キウシト湿原の花(その2)

前回のオオバタチツボスミレ以外のキウシト湿原に咲いていた野の花です。
まずはフデリンドウです。
フデリンドウ150505

湿原にフデリンドウとは意外でした・・・山道脇のような乾燥した陽当たりのよい場所で見かけることが多いのですが、
まさか湿原にも咲いているとは・・・おぬし、やるなぁ!

こちらはかわいいヒメイチゲです。

ヒメイチゲ150505

湿原といえばお約束のミズバショウと、エゾノリュウキンカです。

ミズバショウ150505 エゾノリュウキンカ150505 エゾノリュウキンカ150505p2

どちらも温暖化の影響か、このところの暖かさで花期がとっくに過ぎていているのが残念です。

ミズバショウ150505p2

あと、ミツガシワの開花が観られたのは僥倖です。

ミツガシワ150509p2 ミツガシワ150509

オオバナノエンレイソウも

オオバナノエンレイソウ150509 オオバナノエンレイソウ150509p2


この花も当ブログ初登場の花かな?
センダイハギです。

センダイハギ150509

千代萩 (マメ科)
花期:6~7月、生育適地:海岸の砂丘や草地、時に山間の草地

2015-05-09

キウシト湿原の花、オオバタチツボスミレ

先日、キウシト湿原観察会に参加して来ました。

キウシト150505p3

N市に残された貴重な湿原・・・都市部のど真ん中に、こんな湿原があることを、寡聞にして知りませんでした。

キウシト150505

さて、どんな野の花が見つかったのでしょうか?

オオバタチツボ150505p3

まずは当ブログ初登場の花です。

オオバタチツボ150505

オオバタチツボスミレです。

オオバタチツボ150505p2

もちろん初見の花です。
オクエゾサイシンに続いてN市で今年は早々と2種目の初見の花に出会え、ラッキー!
これだから野の花探しはやめられない・・・春から縁起がよいです。

2015-05-06

ブンブンワールド全開!

昨日、某CSチャンネルで放映(北海道は2ヶ月遅れ)の麻雀最強位戦2015、女流プロ代表決定戦・桜の陣、予選B組でモーレツな豊後ハリケーンが吹き荒れました。
まさにカッパぎ(掻っ剥ぎ)状態の豊後葵さんの奮戦ぶりをご覧下さい。





豊後葵さんのブンブンハリケーンが炸裂しました!
豪快な闘牌姿勢を観て、一気に豊後ファンが増えたのでは?

それにしても手積みの麻雀ならば、多少はオカルト的な要素も考えられますが、最新の全自動卓でこのような一方的な展開になるのは、なんともフシギな現象です。
運気のやり取り・・・としか考えられないのが、碁や将棋と違って、人々を魅了する麻雀の醍醐味でしょうね(^^)/


2015-05-04

謎の花・・・妖怪花?

先日のN市K田記念公園の散策で見つけた謎の花をご紹介します。

オクエゾサイシン150502p2

長年当ブログで初見の野の花をアップしてきましたが、さすがにこんな花(?)は観たことがなく、
当初はどう検索したらよいものかと、思案投げ首でした。

オクエゾサイシン150502

色は、濃い茶色・・・所謂チョコレート色、ちょうどザゼンソウの色にも似ています。
しかし北海道大学出版会「新北海道の花」にはそんな色の項目はなく、仕方なく濃い赤色かも?
と、パラパラとページをめくっていたら、とある箇所で目がテンになりました(^^;
もしやこれ?
281ページにオクエゾサイシン(ウマノスズクサ科)という、聞いたことない科の項にそっくりな写真があるではないですか!

オクエゾサイシン150502p3

なるほど、葉っぱもまさしくそれの形をしています。
北海道新聞社版「北海道の野の花」によると、徳川家の家紋、所謂“三つ葉葵”もこの近縁種のフタバアオイの葉をデザイン化したものとのこと・・・知らなかった!

オクエゾサイシン150502p5
奥蝦夷細辛(ウマノスズクサ科)
花期:5~6月、生育適地:低山、亜高山の林内

それほど珍しい花ではなく、林縁によく自生しているといいます。
それにしても葉陰にあって目立たない色なので見つけるのは容易ではない花ではあります。

ギンリョウソウを初めて観た時のように、薄気味悪さが付きまとい、雰囲気的には、まるで水木しげるの漫画に出てきそうな妖怪花(?)です。

2015-05-03

ニシキゴロモ&ヒメイチゲ

サクラ150502

昨日も風は強いものの、陽射しに誘われて妻とN市のK田記念公園に行って来ました。

ここのお目当てはもちろん野草観察ですが、今年からはノルディック・ウォーキングが加わりました。
高低差はありますが、1周すると結構な運動になります。

ニシキゴロモ150502

ウォーキングを始めてまもなく、なんと、さっそくお気に入りのシソ科の花、「ニシキゴロモ」の群生を発見!
僥倖僥倖!眼福眼福!

ニシキゴロモ150502p2

しかもシロバナとピンクのが揃って観られました。

他にもヒメイチゲの可憐な花が目を癒してくれます。

ヒメイチゲ150502p2

人知れず微笑まん・・・誰に観られることもなく、ひっそりと数輪が咲いていました。

ヒメイチゲ150502

2015-05-03

ミドリニリンソウ&オオバナノエンレイソウ

ニリンソウ150502

今年もニリンソウの咲き乱れる季節になりました。
M市のとある緑地に行って、今年もその群生とミドリニリンソウを撮影してきました。

ミドリニリンソウ150502

ありました、ありました!

ミドリニリンソウ150502p2

昨年と同じ場所に、やはり1輪だけが咲いていました!
何千、何万と咲くニリンソウの中でたった一つ、そこのみにて光かがやく・・・?

他にもかわいい青い花・・・フデリンドウも、昨年と同じ場所に群生してました。

フデリンドウ150502

こちらはオオバナノエンレイソウです。

オオバナノエンレイソウ150502p3 オオバナノエンレイソウ150502p4

艶やかな大輪の花が上を向いて咲くのが、まさに「大花の艶麗草」・・・?

Copyright (C) 天翔りたるものども. All rights reserved. Template by Underground
まとめ