ブログ内検索

2015-04-30

変形機大好き!

本日は4月最終日、例のRC専用飛行場に行って来ました。

飛行場150430

GW中とは言ってもここは片田舎、8連休などという大企業もなく、中小零細企業、あるいは個人経営などで、本日が休みの人はいないのかな?

午後からは朝霧も晴れて風も弱く、絶好のフライト日和なのに、例によって例のごとく、貸し切りです。

変形機150430

本日持参の機体はエンジン機が2機、電動機が3機といったところ。
うち、電動プッシャー機が3機、無尾翼2機、カナード2機と、ヘンテコな形の飛行機が大好きです(^^;

LONG-EZ150430

久しぶりにカナードのLONG-EZを飛ばしました。
墜落を繰り返してあちこち傷だらけですが、心配も無用・・・元気に飛んでくれました!
滑走路が整備されていないとこの機体も飛び上がれませんので、日ごろのメンテナンスを怠らない会員のお方に感謝です。

EZ150430

本日の戦果・・・小破2機
内訳:☆全翼機「ホルテンBV-38」 のランディングギヤ(ノーズギヤのピアノ線シャフトの曲がりと、メインの左側外れ)
    およびペラ折損
    原因は離陸時の無理なステアリング
    ☆10エンジン搭載無尾翼 「BLEW ANGEL 38」の尾翼破損およびランディングギヤシャフトの曲がり
    原因は着陸時の転倒により

いずれも軽微な損傷なので、すぐにも修理が可能です。


スポンサーサイト
2015-04-29

善光寺のサクラ

このところの陽気で当地もサクラの開花のラッシュです。

サクラ150429p3

まずはいつもの野の花観察地、善光寺自然公園に出かけました。

善光寺150429p3

サクラは先週末に開花したのですが、満開になっているのはごく一部で、本日現在では他のサクラは3分~5分咲き程度です。

サクラ150429p2

それでもGW初日ということで、駐車場は満杯・・・大勢の花見客が押しかけていました。
今週末にはちょうど見ごろとなることでしょう。

上ばかり観ていると、見落とす野の花も今年は早いようです。
まずはヒトリシズカです。

ヒトリシズカ150429 ヒトリシズカ150429p2

スミレも主役交代です。

タチツボスミレ150429

タチツボスミレは今が見ごろ・・・カタクリに代わって、同じ場所で群落を作って咲いていました。
先週のヒナスミレはもう花期が終わり、特徴のある尖がった葉っぱだけがグングン大きくなっていました。

そして、なんと!

ニシキゴロモ150429p2

お気に入りのシソ科の花、ニシキゴロモがもう咲いてました。
いつもはサクラの花びらが散る頃に咲き出すので、異例に早いです。

ニシキゴロモ150429

この場所のはシロバナですが、おいおいピンク色のも咲いてくることでしょう。

他にもここは苔むす巨大な岩石がゴロゴロしていますので、コケ愛好家には嬉しい場所です。

善光寺150429 コケ150429 善光寺150429p2

眼福、眼福・・・よい散策になりました。

2015-04-28

金太郎の池

金太郎150426

好天の日曜日(26日)は妻とT市の「金太郎の池」に行って来ました。
今回が2回目の訪問です。
前回はあいにくカメラが故障して画像が撮れませんでしたが、今回はバッチリです。

金太郎150426p3

日曜日とあって、大勢の家族連れが訪れていました。

金太郎150426p2

三々五々、ピクニックを楽しんだり、子供向けの遊具も豊富で、池の貸しボートも大盛況です。
川上公園もそうでしたが、子供が大勢いる風景は、団塊の世代としては懐かしい。
小生の子供の頃は、横丁の路地で学年も年齢も関係なく喚声を上げて遊ぶ子で溢れていたものです。
いつから外で遊ぶ子の姿を見かけなくなったのかな?

金太郎150426p5

そして、やはりここもノルディック・ウォーキングには最適の場所です。

高岡公園150426

池の周りを軽く1週してもよし、ちょっと足を延ばしてより距離の長いコースもよしと、多彩な散策コースが選べ、まさに市民の憩いの場所となっていました。

高岡公園150426p2

池ではマガモの番がたくさんいて、ちょっと大型のカモ科の野鳥、ヒシクイも見られました。

マガモ150426 ヒシクイ150426

このヒシクイは人懐こいようです。

ヒシクイ150426p2

餌付けされているのか、人を恐れません。

そして、なんと、池の周りにはナニワズがあちこちで群落を作って咲いていました。
ごく普通にここでは観察できました。

ナニワズ150426

さっそく鼻を近づけて香りを堪能・・・芳香がしますので、ぜひ皆さんもお試しあれ(^^)/

2015-04-25

川上公園

川上150425p2

本日も好天につき、カムイヌプリのお膝元、N市の川上公園に、例によって妻とウォーキングに行って来ました。

川上150425

子供たちが小さい頃は、この公園によく通ったものです。
少子化とはいえ、公園にはたくさんの親子連れで賑わい、子供たちの喚声が溢れていました。
地元の公園が爺婆しかいないのとは対照的です(^^;

コブシ150425p2

さすがに桜の開花はまだですが、キタコブシが咲いてました。

コブシ150425

青い空と白い雲とのコントラストが印象的・・・かなりの巨木です。

古武士150425

遠くにはカムイヌプリの頂が望めます。

カムイヌプリ150425

雪も消えて、そろそろ登山シーズンの開幕かな?

2015-04-24

サクラサク!

本日も午後から雨後の善光寺を訪れて軽くウォーキング・・・なんと、もう桜が咲いていました!

サクラ150424

陽当たりのよい南斜面ではエゾヤマザクラが立派に咲いてます。
開花宣言といってもよいのではないでしょうか?

あと、ニリンソウも咲いてます。

ニリンソウ150424

ヒナスミレも群落を作っていて見ごろです。

ヒナスミレ150424

末生りのカタクリが日陰でひっそりと・・・もう花期も終わりです。

カタクリ150424

2015-04-21

本日もノルディック・ウォーキング三昧

サクラ150421

本日は好天なるも、風が強く、RCフライトには適しない日なので、体力をつけるためにも、
こんな時は自然とのふれあいが多くなります。
で、本日も妻とノルディック・ウォーキングです。

地元にはサイクリングロードなるものがあり、ノルディック・ウォーキングにはちょうどよい場所です。
30年ほど前に廃止された旧胆振線の跡地を利用したものです。
行き交う人々も、ほとんどが高齢者ばかり・・・少子高齢化がこんなところにも(^^;
両側には桜の木が植えられており、あと1週間もすればエゾヤマザクラがいっせいに咲き出すことでしょう。

ツクシ150421

側溝脇にはツクシもいっぱい!
摘み取って山菜料理とも思いましたが、手間が大変なので今回は断念いたしました。

2015-04-20

ミックミクが逝ってしまいました(涙)

画像は昨年の撮影です。
右がミックミクです。

ミックミク140812

二匹のロボロフスキーハムスターのうち、ミックミクが今朝見たら亡骸に・・・悲しい!
つい最近まで二匹揃って元気にケージの中を走り回っていたのに。
急に姿が見えないと思ったら、ハウス(ねぐら)の中で冷たくなっていました。
2013年の8月生まれ・・・二匹とも一緒に来たので、たぶん姉妹だったと思われます。
右耳の無い方がミックミクでした。
当初はミックミクの方が一回り体も大きく、主導権を握っていました。

いつの間にかミクの方が体も大きくなり、回し車も独占するようになって、派手なケンカも一再ならず・・・
・・・今から思えば、たとえ姉妹といえども別のケージに分けるべきでした。

ショック!

小さなハムスターといえ、かけがえのない命・・・それぞれに個性があって、いつも楽しませてくれました。
どうぞ安らかに天国へ行って下さい。
残されたミクも淋しがらずに長生きしてね!

2015-04-19

ノルディック・ウォーキング、始めました!

妻の退職を機にノルディック・ウォーキングなるものを始めました。

善光寺150419p4

二人とも専用のストックを購入して、連日あちこちに出かけています。

善光寺150419 150419p2

本日は天候も回復して絶好の野の花観察日和なので、
久しぶりに善光寺自然公園を散策しました。

善光寺150419p3

もうカタクリの花期は終わりですが、エゾエンゴサクはまだまだ見ごろです。

シロバナ150419

いつもよりたくさん咲いています。
中には珍しいシロバナも・・・僥倖です。

シロバナ150419p2

フリルだけ水色のおしゃれなエンゴサクも

エゾエンゴサク150410

待望のスミレも咲き出しました。

タチツボスミレ
タチツボスミレ150419

そして色合いの優しいヒナスミレも。

ヒナスミレ150419 ヒナスミレ150419p2

陽光燦燦・・・よい一日でした。

2015-04-14

オテンバGPの製作(主翼と胴体の取り付け部編)

頓挫していたオテンバGPの製作も佳境に入り、いよいよ主翼と胴体の取り付け部分の工作です。

キットでは初心者向けの簡単なゴム止め方式ですが、ここはキット改造派の矜持として(?)ノックピンとウィングボルト方式に変更します。
まずは胴体側・・・キットの胴枠だけではノックピンを受ける余地が足りないので、予め同じ厚さのシナベニアを継ぎ足してあります。

主翼の前縁中央に穴を開けてノックピンを差し込むのですが、上下2枚の主翼がありますので手間も2倍でややこしい(^^;

ノクピン受け150326

特に上翼は、胴体部の差し込み部の範囲が限られていますので、翼下面にノックピンを設置することになります。
どうせ外からは見えないところなので、外付けで強度を考えながら補強します。

ウィングボルトも通常なら中央に1本で済むのですが、下翼はともかく、上翼は構造的にムリなので、2本にします。
で、ボルト受けを2組用意します。

ナット受け150408

いつものように4mmφのナイロンナットをシュンカンで3mm厚シナベニアに接着し、外れないように周りをナットと同じ厚さのハードバルサで囲み、さらにもう1枚重ねて3層サンドイッチ構造にします。

ナット受け150408p2

この時、バルサの木目方向にも注意します。
2組出来上がったら、胴体にシュンカンで貼り付けます。

ナット受け150408p3

あえてエポキシを使わないのはフェイルセーフ・・・ハードランディング等で主翼に強い力が加わっても胴体部が破損しないようにとの配慮です。

下翼のウイングボルトも同じように作ろうと思っていたら、アトリエから思わぬものを見つけてラッキー!
物持ちがいいので昔のグライダーのウィングボルト受けが出てきました。
ボルトのサイズも4mmφでピッタリ・・・たしかロベのハンドランチグライダー「JOY」のものと思われます。
このグライダー「JOY」、ARFのハシリとはいえ、重量が過大でロクに飛ばさないうちに胴体部が大破し、強化プラスティック製だったので修理も叶わず、高い買い物となりました(^^;

ボルト150413

で、それを半分にカットし、補強を入れて胴体部に接着すれば終了・・・楽な工作です。

ボルト150413p2

あと、問題は主翼部のウィングボルトを通す穴あけですが、これも後付けでナイロンボルトの頭に朱肉やカーボン紙等で
マーキングして

ウィングボルト150410

その上に主翼を所定の位置に押し付けると

ボルト150410p2

あ~ら不思議、ちゃんと穴あけの位置がスタンプされています(^^;

ボルト150410p3

後は2mm厚シナベニア製の補強版を主翼の穴あけ後に同じ方法でスタンプすれば正確に穴あけができます。

ボルト150410p4

何とか形ができました。

オテンバ150413 オテンバ150413p2

尾翼のデザインはまだ暫定的ですが、何とか4月中に初フライトとしたいものです。

2015-04-13

オテンバGPの製作(胴体組み立て編その4)

胴体のエンジン周りの補強です。

側板150323

2mm厚ハードバルサをカットしてタイトボンドで側板に貼り付けます。

側板150323p2

次にエルロンホーンの取り付け加工です。

ホーン受け150323

デザインナイフ、棒やすり、彫刻刀、サンドペーパー等を駆使してホーン押さえのパーツに溝を掘ります。

ホーン受け150323p2

主翼後縁側にも溝を掘るのを忘れずに。

ホーン受け150323p3

ホーン本体には少量の油を塗っておいて、接着する際にシュンカンがくっつかない様にします。
何とかできあがり!

エルロンホーン150323

エルロン側にも同じように溝を加工し、差し込み穴を開けて完了です。
ペーパーヒンジでエルロンを取り付ければ完了です。
ただし接着はフィルム貼りが済んでからです。

2015-04-09

計画機・・・断末魔の悪あがき?

本日は晴天なるも、風はまだまだ寒く、風向きもいつもの南風というよりは“やませ”でした。
フライト日和とは云えないないのですが、好天に誘われて例のRC専用滑走路に来てしまいました。

GP18150401.jpg GP18150401p2.jpg

まずはムサシノの「スバル09」です。
以前にサンダータイガーのGP18に積み替えて、何回かフライトした機体を飛ばしてみました。
ペラは8×5でかなりの引きを感じ、翼型がクラークYにもかかわらず、背面もらくらくこなせます。
GP18エンジンも静かでパワフル、始動性も良好と、クセのないエンジンで気に入っています。
ただ、真横に近い風のため、滑走路上であおられてペラの先端を破損・・・APCのペラは本当に欠けやすいのが欠点(^^;

ホルテン150409 ホルテン150409p23

次に大戦末期の試作機「震電」のプロフィール機とナチスドイツの計画機(ペーパープランのみ)、ホルテンBV-38を飛ばしました。
どちらもテストフライトはすでに済ませ、良好な結果を見せてくれました。
ただ、震電の方はキットそのままだとCGが後方過ぎて、スロットルを絞ると、たちまちフラットスピンに入ります。
ノーズに20gほどのオモリを積み、リポもより重い850mAh3セルにすると非常に安定したフライトになりました。
カナード機の調節はお任せあれ(^^)/

ホルテンBV-38の方も極端なガルウィングですが、安定性には全く問題なし。
上空では浮きのよいグライダー並みの安心感で飛ばせます。

ただし、ノーズギヤがキットのでは強度不足・・・柔らか過ぎて、すぐに曲がってしまいます。
離陸はあまり滑走させずに、スルスロットル後にすぐにアップを引いて上昇させ、着陸は少し推力をかけてバウンドさせずに、ノーズを押さえるとよいでしょう。
ノーズギヤは強度のある日本製のピアノ線に取り替えたほうがよいかも?

2015-04-07

ムラサキキクザキイチゲ

先週、善光寺で出会った山野草好きの人から、A川の岸辺にもキクザキイチゲが満開との情報を得て
本日7日は妻とA川自然公園に行って来ました。
考えてみるとこの時期にA川に来たのは初めてかな?

ムラサキキクザキ150407

なんと!紫色のキクザキイチゲが咲き誇っていました!

ムラサキキtクザキ150407p2 キクザキイチゲ150407

ただし、本日は非常に肌寒く、陽射しもないので、早々に引き上げました。

A川150407p2
ブルブル・・・おお、寒い!

他にもいつもの白いキクザキの大群生です。

A川150407 キクザキイチゲ150407p3

目を凝らしてみると、フラサバソウもあちこち群落を作っていたのは大発見でした。
ゆくりなくも善光寺以外で観察できたのは僥倖です。

フラサバソウ150407 フラサバソウp2150407

2015-04-02

スプリング・エフェメラルたち

約10日前の3月22日(日曜日)に訪れた善光寺自然公園・・・本日は絶好の好天につき、まさに山野草観察日和でしたので例によって妻と一緒に行って来ました。
なんと、驚いたことに、もうカタクリやエゾエンゴサク、キクザキイチゲが咲いていました!

カタクリ150402p3 カタクリ150402p4 カタクリ150402

エゾエンゴサク
エゾエンゴサク150402

アズマイチゲ
アズマイチゲ150402 アズマイチゲ150402p2

キクザキイチゲ
キクザキイチゲ150402

ヒメオドリコソウ
ヒメオドリコソウ150402

ネコノメソウ
ネコノメソウ150302

そして、なんとコジマエンレイソウまで開花してました!
コジマエンレイソウ150402p2 コジマエンレイソウ150402

北海道の春は一気に到来します。
まさにスプリングエフェメラルたちの競演です。

Copyright (C) 天翔りたるものども. All rights reserved. Template by Underground
まとめ