ブログ内検索

2014-12-25

ULTIMATE 製作再開!(その3)

複葉機 ULTIMATE の製作の続きです。
エンジンを当初予定のOS15LAからサンダータイガーの「GP-18」に積み替えることにしました。
幸いラジアルマウントのネジ穴はピッタリ一致します。
ただし・・・幅が少し狭いので金工用やすりで少し削って広げます。
アルミ合金なので簡単に削れます。

マウント141225

ニードルはエンヤと同じく斜め後方配置です。
セイフティトイ安全基準・・・PL法の影響かな?

サンダータイガー141225

「GP-18」はまだブレークインもしていませんが、前作で「CRUZER-V」に搭載したGP-07が、意外に小型エンジンでは扱いやすく、パワーはもちろん、スロットルの応答性や静粛性も良好だったので、たぶん予想を裏切らない性能だと思います。
丸っこいヘッドが特徴です。
このエンジンも、生産中止ではないものの、18というクラスがレアなので、もう入手困難なのかな?
ペラは8×5~6あたりがベストなようです。

尾翼も少し手を加えてあります。

尾翼141225

尾輪はラダー直結なのでタキシングができます。

尾輪141225

ラダー、エレベーターとも肉抜きをして、スタビは改めて3mm厚バルサから組み上げています。
軽量化のためですが、ノーズに重いエンジンを積むので必要なかったかも(^^;

(つづく)

スポンサーサイト
2014-12-24

ULTIMATE 製作再開!(その2)

先日の爆弾低気圧では、こちら太平洋側は雪もほとんど降らず、強風が吹き荒れただけで済みました。
やっと冬型の気圧配置も緩み、明日あたりは久しぶりにフライトといきたいものです。
ただ、滑走路はかえって雪があった方が、スキー等を装着すれば離着陸は問題ないのですが・・・たぶんグチャグチャかガタガタで使い物にならない状態でしょう(^^;

さて、ULTIMATE の方ですが、遅々として進まず、やっと胴体の配色が決まって貼り終えた程度です。

胴体141224

ネットで検索すると複葉のULTIMATEは人気があるらしく、腐るほど画像が出てきます。
お手軽なARFの画像ばかりですが、イマイチ気に入ったのがなく、オリジナルの配色にしてみました。

下面141224 フィギュア141224

面がコルセアブルー、下面がカブイエロー、中央にホワイトでストライプの配色です。

主翼やスタビは上面がホワイト、下面がオレンジの予定です。

あと1週間・・・年内に間に合うかな?

(つづく)

2014-12-17

ULTIMATE 製作再開!

冬型の気圧配置でフライトもままならず、しばらく中断していたRC機の製作活動を再開しました。
「なんちゃってP-51Dマスタング」に続いて、これまたシンプルシリーズの第2弾バイプレーン「ULTIMATE」です。

ultimate141217.jpg

何年前に購入したのかも思い出せないほど、昔々のキットです。

主翼141217

シンプルとは名ばかりで、そこは複葉機・・・結構ややこしい作りなので何度も中断してます(^^;
何とか今年中に完成、初フライトと、いきたいものです。

尾翼141217

尾翼もほぼ完成し、あとはフィルム貼りを待つだけ。

胴体141217

胴体はOSの15エンジン用のラジアルマウントも設置済みですが、マウントを交換すれば4ストのFS26サーパスも搭載可能とか・・・?

(つづく)

2014-12-05

極寒のフライト

昼から例によってRC専用飛行場に出かけました。
冬型の気圧配置が続いて暴風雪が荒れ狂い、ほぼ1週間ぶりのフライトとなります。

夏雲141205

本日5日(金)は晴天なるも、外気温はマイナス2℃でした。
もちろん例によって、人影はなし。
またまた貸切です。

始動141205

さっそく「エアローバー10」のエンジン始動です。
前回は振動でナットが緩んでしまい、エンジン本体が外れそうになっていましたが、今回はしっかりスプリングワッシャとナイロンナットを締めてきましたので全く問題ありません。
しかし、氷点下の気温とクーリングヘッドが大きいせいか、なかなか始動しません。
やっと始動して暖機運転し、ニードル調整を慎重に済ませ、手投げで発進です。

強風にもめげず、力強く上昇していきます。
エンジン音が喧しいのは、OSの初期型ロケット・マフラーのせいかな?
それでもさすがエンヤ、スロー回転が安定していて、独特のスロー回転音が魅力です。

機体141205 機体141205p2

着陸も問題なし・・・とは云っても滑走路は霜柱でザクザク状態・・・3車輪もむなしく、どうしても“つんのめり”ます(^^;
しばらく滑走路は離陸には使えない状態・・・こんな時は手投げが可能な小型エンジン機を楽しむのに限ります。

街中は選挙の立候補者が喧しく名前だけを連呼・・・って言うか絶叫に近い・・・旧態依然の選挙風景である。

Copyright (C) 天翔りたるものども. All rights reserved. Template by Underground
まとめ