ブログ内検索

2014-05-31

ギンランが・・・・(^^;

先日見つけたギンランを1週間ぶりに観察しに行ったら、なんと!
もうすでに草刈隊にやられていました。

ギンラン140531

立派に立っているように見えますが、やっと見つけて横たえたものです。
それでも亡骸を撮影できたのは幸運かな?
状態から見て、刈り取られたのが、昨日かもしれないと思うと不憫です(^^;

その代わりといってはなんですが、すぐ近くに刈り取りを免れたとみえて、見たことない花が・・・ラン?

ユウシュンラン140531p3

これは?
ギンランにも似てるけど花が大きく開いてる。
なんだろう?

ユウシュンラン140531p2

帰宅して検索するとこれはユウシュンランというのだそうです。
ギンランの変種だそうです。
見つけたのはたった1株のみ。

ユウシュンラン140531
祐舜蘭(ラン科)  花期:5~6月、生育適地:低地~山地の林内
高さが15c以下と小型。葉は退化して小さい1~2枚の他は鞘状となる。
唇弁の距葉」長く、3~4mmある。

いずれにしても絶滅危惧種には違いない、希少なランです。
いつもこの時期の草刈りは、他の繁殖力旺盛な野の花たちを寄せ付けないための不可欠な作業とはいえ、たぶん作業する方たちもこのランの存在を知らないと見えます。
余りにも小さく目立たないランゆえの宿命・・・花の命は短くて苦しきことのみ多かりき・・・来年も咲いてよ!

こちらキランソウ(タチキランソウ?)はますます立派に3株ほど咲いていました。

キランソウ140531 キランソウ140531p4 キランソウ140531p5

このくらい目立つと草刈隊にはやられないようですね(^^)/

スポンサーサイト
2014-05-31

歌才フットパス、ふたたび

1週間ほど前のレポートで失敬します。
先週25日の日曜日は好天でしたので、黒松内にある歌才ブナ林のフットパスを妻と訪れました。
今年2回目です。

例によって道の駅「トア・ヴェール・ドゥー」でピザとパンを購入して腹ごしらえをし、いざ散策です。
それにしても店内はどこから人が涌いて出たのか、と思うくらいに満席でした(^^;
日曜日の昼時ともあってえらい賑わいでした。

以下、妻の撮った画像から

歌才自然公園140525

先週の時点でまだニリンソウが咲いていました。
地元の平地ではとっくに花期が終わっていますから、やはりここは山奥なんだなという印象です。

ニリンソウ140525 山道140525

黒松内はブナの北限です。

ブナ林140525
ブナ林が続きます。

歌才ブナ林140525

おや、あれは?

撮影140525

ツクバネソウの群落です。

ツクバネソウ140525

林道のかなりあちこちに、ツクバネソウの群落が見られました。

(つづく)



2014-05-28

キランソウ、ふたたび

先日の善光寺自然公園のキランソウのその後が気になって25日に再び訪れてみました。
sakura 140525

このところの好天の陽射しを浴びて少しは大きくなったかな?

キランソウ140525

こちらは同じキランソウ属のニシキゴロモ

ニシキゴロモ140525p2


おや、近くにはあのFDR48・・・です!

フデリンドウ140525p3 フデリンドウ140525

フデリンドウ・・・今年も一生懸命咲いていました!

ginrann140525.jpg
ギンラン140525

昨年初めて見つけたギンランも・・・もうちょっとで開花かな?

2014-05-23

キランソウ

善光寺自然公園のキランソウが咲き始めました。

キランソウ140523キランソウ140523.p4 キランソウ140523p2

こちらのはまだ蕾です。

キランソウ140523p3

この後、近くの木に葉が茂り、日陰になっていくので、いつもながら厳しい条件ですが、しっかり咲いて欲しいものです。

なお、キランソウとタチキランソウの違いは こちらのブログをごらん下さい。
したがって今までタチキランソウとして過去ログで紹介していたのはキランソウのようです。

2014-05-22

電動機&グロープラグ方式メタノールエンジン機のフライト

一昨日、本日とも曇天ながらほぼ無風の絶好のフライト日和でしたので、またまた例のRC専用エアフィールドに出かけました。

一昨日の画像です。

電動140520

小生の電動機の数々・・・全翼機からB級ライトプレーン改造RC機まで、全てフライトいたしました。

この日は先客あり。
O氏のムサシノ「モスキートモス」です。

もすきーと140520

OS15エンジン搭載で軽々と飛んでました!

モスキート140520p3 モスキート140520p4

こちらは本日22日の画像・・・例によって貸切です。

飛行場140522

久しぶりにエンジン機を持ち込んでみました。
右の機体はOKの「ピッカー・ウノ」です。

スバル09140522

ムサシノのサブマフラー付き「スバル09」改です。

サブマフラー140522

騒音は電動機並みとまではいかないものの、4ストエンジンクラスのサイレントフライトです。

この後、S氏が来訪
・・・転勤で週末から札幌暮らしとなるそうで、お仲間が抜けるのは寂しい限り(^^;
ごきげんよう!
また遊びに来てね!

2014-05-21

ポロト湖畔散策(その2)

ポロト湖畔といえば、やはりこの花、ミズバショウを忘れるわけにはいきません。

いざない橋140518p3 ミズバショウ140518 ミズバショウ140518p2

ちょっと花期は過ぎてしまい、葉っぱばかりが大きくなってはいますが、18日の時点ではまだまだたくさん咲いていました。

その他、目立たない花、ネコノメソウです。
ネコノメソウ140518 ネコノメソウ140518p2

果実が猫の目に見え・・・ますか?

ネコノメ140518

マムシ草(コウライテンナンショウ)もたくさん咲いてました!

マムシ140518

2014-05-20

ポロト湖畔散策

18日(日曜日)は風が強かったものの、まあまあの天候でしたので、ポロト湖畔のオオバキスミレを観に行きました。
ポロト140518 いざない橋140518

ポロト湖畔では今や、各種のスミレが競演・・・まずはご覧下さい。

ツボスミレ140518 ツボスミレ1405182
小さな白いスミレ・・・ツボスミレです。

オオタチツボスミレ

オオタチツボスミレ140518

茎からよく分岐して背丈が高く、山道でよく見かけるスミレです。

ミヤマスミレ

みやますみれ140514 ミヤマスミレ140518p2

色がちょっと濃いいスミレです。

そしてお目当てのオオバキスミレです。

オオバキスミレ140518p2 オオバキスミレ140518おp2 オオバキスミレ140518

可愛いフデリンドウも咲いてました!

フデリンドウ140518

2014-05-15

エンジンテストベンチ

アトリエ(工作室)の隅からゴソゴソと見つけてきたのはIM製のエンジンテストベンチです。

テスト140515

購入したのは、はるか40年近く前・・・しかも、もう20年以上も使っていないシロモノ・・・ベランダでよく新品のエンジンをブレークインしていたものです。
エンヤの15ⅡTVを初めとして、小は05クラスから、大は25~40クラスのグローエンジンまで。
その後はお手軽電動化の波に乗って、次第にエンジンとは縁遠くなってしまいました。
2,3年は雨ざらし(縁の下に押し込んであった)していて、その後アトリエにしまったらしく、埃と油まみれで掃除が必要です。

テストベンチ140515p2

クレンザーで水洗いして金属束子で擦ると、思ったより錆びていません。
どうやら本体はステンレス製のようです。

テストベンチ140515

さっそくOSの4ストエンジンFS26サーパスをセットしてみました。
やはり20年ほど前にブレークインは庭先で済ませたのですが、メーカーに送って逆回転仕様に変更してもらった後、1度も回していません。
週末にでもエンジンのエキスパート・I氏に頼んで回るかどうか試してもらう予定です。

バリビゲン140513

バリビゲンの製作も急がねば(^^;

2014-05-14

今日も今日とて、フライト三昧

今日も風が凪いで、フライト日よりでしたので、午後からRC専用飛行場に日参です。
いつもながら、先客はおらず、貸切です。


3機140514p3
本日の機体は例によって「SKY DREAM」、「SKY COUPE」、そして複葉機の「PINOCCHIO」です。

3機140514

癒し系のバイプレーン「PINOCCHIO」はラダー機ですが、操縦性はきわめて良好で、ストレスを感じさせません。
ただし、演技はできません・・・せいぜいスナップロールくらい(^^;

パイロット140514

バッテリーが思いっきりはみ出してます(^^;

KYPOM140514

それでも今回、ちょっと重めのリポリー3セル850Ahm(KYPOM製)を搭載したら、CGも前方に移動してより安定性と直進性を増して、見違えるようにカッ飛び、ぐんぐん高度を上げて別機の飛びを見せてくれたのにはビックリ!

2014-05-14

オドリコソウ

いつもこの時期になると楽しみにしている善光寺のオドリコソウです。

オドリコ140514 オドリコソウ150614p3 オドリコソウ140514

今年は木々が葉をつけるのがちょっと遅れたせいか、日陰にもならずにかなりの数が咲いていました。
ただしピンク色のはやはりごく少数で、ほとんどがシロバナです。

石碑140514p2 大群落140514

大群落です!

2014-05-13

本日のフライト

本日13日は朝から曇天で時々雨も降る不安定な天気でしたが、午後からは何とか青空も見えて風も弱く、絶好のフライト日和でした。
さっそくいつものRC専用飛行場に出かけました。

飛行場140513

到着してすぐに誰か先客はと見渡しましたが、影も形もなし…例によって貸切です。

こんなによいコンディションを独り占めとは申し訳ない(^^;

SKYDREAM 140513

ペラは6×4、ノーズのスピナーを重めのものに取り替えてさっそく「SKY DREAM EP」のフライトです。
飛ばすたびに気に入る飛行機はめったにないのですが、この機体は特別です。
悪いクセもなく、実に素直で飛ばしやすい飛行特性で、離着陸もラクラクです。

SKYDREAM140513p2

主翼が完全対称翼のせいか、スピードを落とせば姿勢を崩さずにそのままスルスルと降りてきます。
苦手だった着陸も上手になったかな?

2014-05-13

モクメシャチホコ?

好天に誘われて散策シリーズの第2弾はこの昆虫です。
体長は5cmほどで比較的おおきいので、当初はスズメガの種類かなと思いましたが、検索の結果、たぶん「モクメシャチホコガ」で間違いないでしょう。
蛾の画像に弱いお方は閲覧をご遠慮下さい(^^;

モクメシャチホコ140511p34

白と黒のモノトーンで、地味ですがよく見ると冬着のショールを着ているように見えてかわいい…たぶんサナギから羽化したばかり…健気に動き回る姿は思わず応援したくなります。
ハムスターの飼育を始めてから、とみに小さな命に感動を覚えるようになりました。

モクメシャチホコ140511p2 モクメシャチホコ140511

まだ羽が完全に開いていないので、羽を完全に広げて日中の陽射しで乾かしてから夜間飛行に飛び立つものと思われます。

動画編です。



お腹も真っ白で、なんとも愛らしいと感じるのは私だけ?

2014-05-12

ミドリニリンソウ&フデリンドウ

週末は好天に恵まれましたので、この時期は野の花の観察に大忙しです。
過去に取材したM市のJ屋に桜の花とニリンソウを見に行きました。

桜140510

しかし、ちょっともう時期が遅かったのか、タンポポが咲き乱れ、ニリンソウの開花もピークを過ぎていたようです。
ニリンソウ140510p2 ニリンソウ140510

それでも思わぬ出会い…陽射しのまぶしい土手にフデリンドウの群落を見つけました!

フデリンドウ140510

山道で見かけることはあっても、この場所では初めてです。

薄暗い木陰の方ではまだニリンソウは見ごろでした。

ニリンソウ140510p4

と、その中に…?

ミドリニリンソウ140510

なんだこれは?

ミドリニリンソウ140510p2

今まで何百・何千ものニリンソウを観て来ましたが、こんなのは初めてです。
もっとも、うっすらと緑色のキクザキイチゲは先日の歌才フットパスで見かけましたが。

ミドリニリンソウ140510p3

でもこれは完全に葉っぱみたいになっています。
元々この花はキンポウゲ科で、花びらのように見えるのはガクです。
先祖帰りかな?

オオバナノエンレイソウもたくさん見かけました。

オオバナノエンレイソウ140510p2

湿地にはミズバショウも。

ミズバショウ140510

2014-05-10

Long-EZ の補修

お気に入りのRC電動機「Long-EZ」の修理でGWは終わってしまいました(^^;

墜落原因は不明…快調にロールや宙返りをしていたら、いきなりフルパワーでエレベーターが利かずに真っ逆さまに突っ込んでしまいました。
幸い草むらの地面は雪解けで柔らかく、前翼がポキリと折れ、骨組みがかなりダメージを受けましたが、主翼は無傷で、何とか修理できそうでした。

レシーバーの不調、サーボの誤動作、ホーンやロッド、ケーブルの干渉トラブル等、いろいろ考えましたが、これといった理由は思い当たりません。
とりあえずサーボとレシーバーは交換しときました。
機体は機首部が潰れてぐしゃぐしゃ・・・これで2回目の墜落なのでさすがにショック!

よく見るとペラがプッシャーにもかかわらずに両方とも先端が欠けていました。
墜落のショックで欠けたにしては機体最後尾にあるので考えにくいです。
離陸滑走中にペラの先端が路面の小石等に当たり、欠けたものと思われます。
これはカナード・プッシャーの泣き所で、ペラより前に車輪がありますので、どうしても車輪が跳ね上げた障害物がペラに当たって破損する可能性が高い。
しかも離陸直前の機首上げ操作の時の角度がきつすぎると、ペラ先端で滑走路を叩いてしまいます。

大戦中の試作機「震電」が、もし実戦に投入されていたら、この問題に悩まされ続けたことでしょう。

回転バランスが崩れたのか、モータマウントのネジが緩み、モーターがグラグラで外れそう・・・これかな原因は?
機体全体の振動でレシーバーが誤動作した可能性が否定できません。


それでもカナード形式は飛ぶ姿が好きなので、何とか修理し終えました。

ノーズ140510 

キャノピー割れはとりあえずクリアテープで繋ぎ、ノーズコーンは内側をグラスクロスで補強して、外側はパテ盛りをしてサンディングします。
塗装は後ほど。


極彩色モードで撮影してみました。

極彩色140510

このアングルが一番カッコイイ!
修理後のテストフライトも無事終了。

ペラも破損に強いグラス入りに交換しました。
径が大きいのか、パワーを上げると、反抗トルクで左に機体が傾くので、右にエルロンでトリムを修正してあります。

魚眼レンズ風

longez140510.jpg long-Ez 140510p4 魚眼140510

主翼付け根のストレーキは意外に翼面積が大きく、多大な揚力で良好な滑空比を生みます。
自作でこの3段後退角を再現するのはかなり難度が高い。

2014-05-07

ヒトリシズカ、ニリンソウ&ニシキゴロモ

GW中は消費税の増税&ガソリン価格の高止まり(価格カルテル?)もあり、今回は近場で我慢…妻と地元の善光寺自然公園に出かけました。

時まさに桜が開花し、大勢の花見客であふれていました。
まだ、満開とまでは行きませんがソメイヨシノも見ごろです。

桜を観ようと空を見上げる他の人たちとは違って、こちらはもっぱら地面の方を凝視し、お目当ての花を探します。

ヒトリシズカ140506

ヒトリシズカです。

ニリンソウ140506

ニリンソウも真っ盛り

ニシキゴロモ140506

そしてニシキゴロモ
春の麗らかな陽射しを浴びて、これからが見ごろです。

キランソウはまだ葉っぱだけ観察できました。
運悪く木陰にならなければ、今年もその魅力的な青い花を見せてくれるでしょう。

2014-05-03

SKY DREAM-EP のフライト

同じく4月29日のSKY DREAM-EP のフライトをS氏に動画撮影してもらいました。



ノーカット版です。
S氏に感謝です。サンキュー!
よく撮れています。

2014-05-01

モモンガの術?

動画を自分撮りしてみました。

Copyright (C) 天翔りたるものども. All rights reserved. Template by Underground
まとめ