ブログ内検索

2013-12-28

スピカ・スノーホワイト、ミク&ミックミク

雪菜は「スピカ・スノーホワイト」に改名しました。



ハムスターが増えました。

その名もミクとミックミクです。
8月生まれのメスです。

一番小さいハムスターのロボロフスキー種というのだそうで、人間にはあまり馴れません。

その代わり複数飼いができ、仲良く2匹で遊んでます。
すこぶる敏捷で、回し車が大好きです。

回し車の回転数をカウントしたところ、一日に10kmは走るというのも、あながち嘘ではないようです。

スポンサーサイト
2013-12-28

今年もあと少し

今年もあと数日を残すのみです。
いろいろあった2013年、はたして来年はどうなりますやら。

まずはアップし損ねた画像です。

クリスマス2013

息子夫婦からクリスマスプレゼントを頂きました。

クリスマス2013p2

いつも気遣い、ありがとう!

干支パン2013

地元のパン屋さんの干支パンです。

昨年はスッピーも一緒だったのに…今年はスッピー二代目の「雪菜」…その名も「スピカ・スノー・ホワイト」と名付けました。

2013-12-23

プレーンズ、観て来ました!

ディズニーの「プレーンズ」、観て来ました。



飛行機マニアにとっては、年齢に関係なく子供から大人まで楽しめる映画ですネ!

346144view010.jpg

小生にとっては主人公の「ダスティー」よりもカナードタイプの「イシャーニ」の飛びっぷりに興味がありましたが、
そこそこ魅力を堪能できたかな?
ちなみに映画の中では「イシャーニ」と日本代表の「さくら」は女性キャラ…ヒロインレスを避けた趣向には共感が持てます。
ともすれば飛行機の世界は爆音とパワー、排気ガスとオイルの焼ける匂いとメカの塊と、男くさい世界なので…?

ただ、途中でイシャーニがペラを5枚羽根から4枚羽根に換装するまではよいのですが、その4枚羽根の方をダスティーにプレゼントするシーンでは、「あれあれ?」と思いました。

プッシャーペラをトラクターペラに換装できるものなのかな?
ブレードの表と裏をひっくり返さないと…エンジンの回転方向は?
など、疑問符がいっぱい飛び出しましが、そこはこの手のアニメのお約束…細かいところを言い出したらキリがありません。


ちなみに双発V尾翼(そんな実機あったっけ?)の「さくら」の格納庫はなんとなく遊郭のイメージ…すると、さくらはゲイシャの設定?

img_sakura_2013122718020197a.jpg

おまけに横にある看板には「○○大酒店」と、見たことない字が書かれていて、どうみても中国語っぽい。
いまだにヤンキー野郎には中国と日本の文化の違いが分からないらしい。

入場者にはダスティーのソフトグライダーのプレゼントが配られました。

ダスティー131223


ダスティーの原型モデルはよく知られた農業機、ES AT-802エアトラクターかな?

15748.jpg

これはぜひともゴム動力機で再現したいものです。

2013-12-16

クラゲのダンス

クリスマス・イルミネーションの季節ですが、我が家は喪中(スピカの死去)に付き、今年は点灯していません。
しかし、これなら癒される…なんだか霊魂のダンスのようにも見えて、不謹慎かな?



もちろん本物ではありません。
なかなかよくできたイミテーションです。

2013-12-09

安らかに眠れ・・・涙

痛恨の極みです。
残念でなりません。
顔を腫らした時点ですぐ獣医さんに連れて行けばよかった。
ことの深刻さに気づき、慌てて動物美容院に駆け込んで、投薬やレントゲンまでかけてもらったのですが、1日ほど手当てが遅れたばかりにスピカはは…涙、泪、なみだ…天国へ召されました。

無宗教の小生ですが、雲間からヤコブの梯子が見えると、あれを上って天国に行ったとしか思えません。

家に来た時から異常なほどたくさん水を飲んでいたスッピー、もしかしたら内蔵機能に障害があったのかな。
傷口からたぶん溶連菌が入り、顔が腫れ、最終的には敗血症、臓器不全に陥り、手の施しようがない状態で食物もとれず、体温もどんどん低下し、最後は私の手のひらの中で末期の水を飲んだ直後にコクリと、事切れてしまいました。
母の臨終にも立ち会えなかった親不幸ものですが、せめてもの慰めはスピカの最期を看とれたことでしょうか。
目にいっぱい泪を浮かべていたスピカ、真珠のような大粒の丸いおしっこを一粒して逝ってしまいました。

あっけない最期でした。
1年と3ヶ月ほどの命、まるでユッキーナと入れ替わりのように幕を閉じて退場してしまったスピカ。
それはないじゃないか、スピカよ!

ユッキーナと一緒に仲良く毎日元気に癒してくれるはずじゃなかったのかい?

ありがとう、スピカ!
同じ乙女座の生まれで腎臓の病で逝ってしまった母親のように、まるで生まれ変わりだったかのようなスピカ、
短い命だったけど、十分癒してくれて、毎日スピカの元気な姿を観るのが楽しかったよ!

これからは雲を見るたび、青空を見るたび、夕日を見るたび、スッピーのことを思い出すよ!

天高く、翔けまわって、これからもおいらのことを見守っておくれよ!

またいつかどこかで会えるよね!

2013-12-05

タイヘン!

スッピーが家に来て、今日でちょうど1年というのに、タイヘンなことに…トホホ(^^;

今朝スッピーの顔を見ると、やけに腫れてます。
てっきり頬袋に食べ物を入れているのかなと思いましたが、どうやらそうではないようです。

003.jpg

よく見ると左の口元に瘡蓋らしいものが…これは?
たぶん一昨日ユッキーナと対面した時に噛まれた傷跡でしょう。

罪なことをしたものです。
気の強い雪菜に思い切り攻撃されて負傷したかと思うと不憫です。

すっかり顔が腫れあがって、せっかくの美形がブルドッグのようになってしまいました。

suppi131205.jpg

力なく横たわるスッピー・・・・口元に瘡蓋が見えます。
はやくよくなってね!

2013-12-04

スッピー&ユッキーナ

スッピー(スピカ)とユッキーナ(雪菜)を対面させてみました。
最初はお互いに鼻先をくっつけて「あんた誰?」と訝しんでいましたが、そのうちスッピーがユッキーナをひっくり返して上に乗りました。
と、思った瞬間、お互いに激しく鳴いて取っ組み合いの喧嘩です。

慌てて引き離しました(^^;
どうやら、相手がオスかメスか、確認したようです。

スピカ131204

2回目の対面…今度はユッキーナがスッピーのおなかの上に乗って同じく「キーッツ」てな声で鳴いて、またぞろ喧嘩です。
お互いにメスなので、仲良くできないのかな?

ユッキーナ131204

どうも最初は警戒して仲良くできないようなので、別々のケージに入れて飼っています。
ま、そのうち一緒のケージで飼えるでしょう。

2013-12-03

久しぶりのRCフライト

本日は、ほぼ無風のコンディションの絶好のフライト日和でした。

で、ゴム動力モードに移行していて、しばらくお休みだったRC機のフライトに行ってきました。

風車131203

先客はいなかったので、まずは小屋の石油ストーブの給油と点火、ヤカンの水の補給と、大忙し…そうこうする内にS氏が来訪しました。

S141203氏

氏はもっぱらヘリの操縦です。

XENO131203

外気温は約10℃前後…寒風を突いてこちらもXENOやら、モグラやらをフライトしました。
サーマルもそれなりにキャッチして無事フライト終了…勘を取り戻したので、明日もフライトできそうかな?

2013-12-01

雪菜です。よろしくね♪

家族が増えました。
ジャンガリアン・パールホワイトハムスターの雪菜ちゃんです。

ユキナ131201

今年の9月生まれのメス、またまた乙女座です。

名前は女流麻雀プロの白河雪菜さんに肖って雪菜としました。
動きがすばやいのでなかなかよい画像が取れませんでしたが、とりあえずアップします。

yukina131201p5.jpg

先輩格のスピカと仲良くしてくれるかな?

Copyright (C) 天翔りたるものども. All rights reserved. Template by Underground
まとめ