ブログ内検索

2009-11-28

「スカイドリーム」電動化計画(その2)

IMG_6896.jpg
折込図面を拡大コピーして翼長が約70cmになるようにしました。GWSのフロートに合わせるため、以前に製作した同じGWSの「タイガーモス」がちょうど同じ翼長だったためです。
IMG_6898.jpg

拡大したコピー紙をスプレー糊で2mmバルサに貼り付けて、カッターナイフで切り抜きます。
1枚が終わったら、それを元にもう1枚切り抜いて側板が出来ました。
あとは胴枠ですが、折込のプランが全くサイズに合いません(^^;
仕方がないので最大幅だけ参考にして上下を現物合わせとします。量産するわけでもなし、自分だけの機体を作るので、この辺は気楽に、トライ&エラーで臨機応変に対処します。
2mmバルサで1cm幅の短冊を作って四角い枠に組みます。コナーは直角になるように細心の注意をします。
IMG_6902.jpg
モモちゃんも中に入ってご機嫌です。
IMG_6903.jpg
「早く乗ってみたいな~(^^)/」

スポンサーサイト
2009-11-27

スカイドリーム・電動化計画

IMG_6886.jpg
プレストのレストアもひとまず木地完成・・・一段落したので、またぞろ新作機の製作の虫が蠢き出しました。
古いR/C雑誌をめくっていたら、あの空野彦吉氏の懐かしい機体を見つけました。
「ラジ技」の1993年の4月号に「スカイドリーム」というオリジナル複葉機が載っていました。
翼長1mほどの32クラスのエンジン機ですが、下翼が前方にあるスタガーウィング(前後食い違い翼)がなんとも魅力的で運動性もよさそう!
これを翼長70cmほどに縮小して、ブラシレスモーターを搭載して電動化したら、よく飛ぶのでは?
フロート
ついでに手持ちのGWS製のフロートを装着すれば水上機にもなり、こいつは面白い!
にわかにムクムクと頭の中を製作の虫が動き回っています(^^;
原型機の胴体は3mmバルサのボックス構造で作りやすそう・・・これを2mmに変更して軽量化すれば最近のブラシレスなら、全く問題なくフライトできそう。
主翼は空野氏独特の前縁と後縁を幅広にして、オールプランク、スパー(主翼桁)無し構造・・・いわゆるモノコック構造ですが、やはり複葉機はリブが透けて見えるほうがアンティックで美しいので、スパーを入れた在来工法でつくろうかな?もちろん極力薄翼にしてスピード重視の設計は空野氏と同じコンセプトです。
スカイドリーム
モモちゃんもさっそく興味を持ち、「今度は水上機なの?出来あがったら、ぼくも乗せてね!でも、水の上はちょっと苦手・・・だいじょうぶかな?」と、完成を楽しみにしています。

それにしても・・・昔のラジ技にはちゃんと毎号、折込設計図が付いていました・・・いつ頃から無くなったのだろう?
折込設計図どころか、オリジナル機の製作記事さえ見かけない現況では、ジュブナイルの後継者も育たず、早晩このジャンルの模型は衰退すると危惧しているのは私だけでしょうか?

(つづく)

2009-11-22

「プレスト」レストア作戦(その6)

IMG_6833.jpg
パワーユニットはそれまでのブラシ式350クラスから、やはりブラシレスに換装することにします。
IMG_6843.jpg IMG_6836.jpg
ハイペリオンのHP-P1913-08は外径が350クラスとほぼ同じ2.36cmと、スリムなので楽にプレストの細いノーズに収まります。今回これを載せることにしました。
使う予定の折ペラは6×3・・・メーカーのデータによると2セルの場合、フルパワーでは10,000rpmを越えます・・・もう少し大きな径のペラの方が効率がよいようです。
それにしてもこのデータだと400クラスの機体でも十分に引っ張る力がありますので、プレストに載せた場合は、恐ろしいほどの上昇力でサーマルの獲得高度まで一気に翔け上がることでしょう(^^;
IMG_6838.jpg
ちなみにモーター本体の重量は48g、折りペラ(6×3)とスピナーで14g、合計62gです。
それまでの350モーターが53g、スピナー+折りペラ(4.7×2.3)が6gと、合計59gと比べると少々重たいですが、レストアする前は2セル450mAhリポリーを載せて、C.G.合わせのため、さらにノーズに10gのウエイトを積んでいたので、まだ余裕があります。
IMG_6835.jpg
ノーズ周りは350クラスモーター搭載のためにオリジナル仕様を大幅に改造してありました。モーターマウントは使い勝手のよい、モグラ用の3cmΦグラスプレート・・・ブラシレスでも共通規格、今回もネジ穴がピッタリ合います。
パワーユニット
「ふ~ん、こんなに違うんだね。」・・・新旧のモーター、折りペラを比べて興味津々のモモちゃんです。

(つづく)

2009-11-21

「プレスト」レストア作戦(その5)

IMG_6823.jpg
プレストの尾翼周りです。結局、垂直尾翼はフィルムを剥がしてみたものの、ダメージがひどく、手持ちの3mm厚バルサを切り出して作り直ししました。
左が破棄した方で、右が新たにカットした方です。
軽量化のための肉抜きはドリルで穴あけの後、回転やすり(ダイソー製品)で整形しました。ここら辺の手法は過去ログで散々公開していますので、お手のものです(^^;

IMG_6826.jpg
ラダーはフィルムを剥がしたのをそのまま使いましたが、エッジの先端は例によって芯にカーボンキュアシートを入れて鋭角に仕上げ、リフォームました。

モモちゃん
垂直尾翼と水平尾翼を組み合わせて仮組みしてみました。
「フムフム、ちゃんと垂直に組み合わさっているかな?完成したらぼくも乗りたいな!」・・・モモちゃんも協力して、真剣にチェックしています。
この後、エレベーターの先端もカーボンシートを入れるつもりです。

(つづく)

2009-11-16

ぱんぢゅう&ベビーカステーラ

IMG_6811.jpg
同じくS市のアリオで購入した“ぱんぢゅう”(左上)とベビーカステーラ(左下)です。1階で催されていた物産市の中の、正福屋(狸小路6丁目)の出店で買いました。
学生時代は確か1個10円で売られていた懐かしの“ぱんぢゅう”・・・貧乏学生にとって100円もあれば、たらふく食べられたものです。現在は1個68円です。
一昨年、小樽を訪ねた時、小樽店にもぱんぢゅうはあったのですが、その時は購入しそびれました。
IMG_6817.jpg
ぱんぢゅうを割ってみました。中身はチョコレートと栗入りクリームかな?他に粒餡と漉し餡、抹茶餡などがあります。往時はこんなにバラエティ豊かじゃなく、単なる漉し餡タイプしかなかったと思います。
IMG_6815.jpg
モモちゃんも大好き・・・ベビーカステーラは18個入りで、なんと210円!
このお菓子は、確かお祭りの夜店で「東京ケーキ」として売られているものにソックリ!

2009-11-16

「プレスト」レストア作戦(その4)

せっかくレストアするので、この際、主翼の取り付け方法もダウエルによるゴム止めからウィングボルトによるネジ止め方式に変更することにしました。
まずは主翼前縁にドリルで穴を開け、ノックピン(竹串)をエポキシで固定します。
IMG_6806.jpg
次にノックピンを差し込む胴枠の作成です。度重なる酷使(?)でいつの間にか前部の胴枠が消耗して無くなっていました(^^;
キャノピーのアールに合わせて手持ちの航空ベニアをカットし、胴枠の残骸(?)に仮止めし、主翼後縁がピッタリ胴体に収まる位置を確認して、あらためてエポキシで接着します。
IMG_6786.jpg
IMG_6790.jpg
胴体後部にボルト固定台を同じく航空ベニアから作成します。
穴の位置は主翼後縁から1.5cmほどのところ・・・あらかじめ主翼に開けた穴の位置に合わせながら、慎重にドリルで開けます。最終的にボルトはナットで固定するので、穴の径はボルトより少し大きめに開けます。
手順が逆だと、ボルトの頭にカーボンか何かを塗っておいて、主翼側にマーキングが必要です。
IMG_6805.jpg
接着は強度が必要なので5分間硬化型エポキシを使います。
IMG_6792.jpg
ボルトは軽量化のためにプラネジを使います。
IMG_6794.jpg
ナットの空転防止のためにハードバルサでナット止めを作成・・・これを先ほどのウィングボルト受け台の裏側にナットごと、高粘度瞬間で接着します。ネジ穴に瞬間が流れ込まないようご用心!・・・ボルトが入らなくなります。
IMG_6804.jpg
表側の開口部からでは作業が難しいので、胴体の裏に穴を開けます。この穴は例によってバルサの木目を縦にして、後から塞ぎます。
IMG_6808.jpg
これで胴体と主翼がスッキリ固定できました。リポリーの交換は、全てキャノピー側から行いますので、メカを積みこんだ後はいちいち主翼を外さなくても済みます。
IMG_6810.jpg
以前にあったゴム止め用ダウエルの穴もバルサ棒を削って差し込み、塞いでおきます。

(つづく)

2009-11-15

ザワークラウト

IMG_6796.jpg
ザワークラウト・・・英語で言うとsour cabbageかな?ドイツのいわゆるキャベツの酢漬けです。とはいっても製造過程で酢は一切使っていないので、漬け込む段階で酸っぱくなる、発酵食品です。日本で言えば“なれ寿司”の一種でしょうか?

アリオ札幌の1階、カルディ・コーヒー・ファームで購入しました。行くたびに毎回、ここで面白そうな輸入食品を購入してます。
IMG_6798.jpg IMG_6801.jpg
さっそくレシピに従って、ジャガイモとベーコンの付け合わせとして食べてみました。
見かけも臭い(?)もまるで切干大根・・・予想していたより酸味が強いですが、なかなかイケル!
ついでにわが故郷の今が旬のシシャモにも添えて、ちょっとしたマリネ感覚で食べると、ビールのお供に最高です!

2009-11-15

エゾモモンガ?

IMG_6761.jpg IMG_6744.jpg
S市のJ堂書店に久しぶりに行ってきました。そこのネイチャー関係の書棚に、思わぬ発見・・・愛くるしいキャラクターが見つかりましたのでご紹介します。
やまね工房のモモンガ君です。
IMG_6753.jpg
ぬいぐるみ作家“落合けいこ”さんの作品

北海道網走市にも直営店があるようですのでこちらをクリックしてみて下さい。来年、また網走を訪れた時はぜひ、立ち寄りたいものです。
モモンガ2
飛んでる姿はこんな感じかな?
IMG_6773.jpg

2009-11-13

「プレスト」レストア作戦(その3)

IMG_6724.jpg
胴体の穴が空いた部分を補修します。穴の周囲を大きめにカットしてバルサ板の板目を直角に当てて瞬間で張っていきます。
IMG_6727.jpg
角を大まかにカットしたらサンドペーパーで仕上げます。
IMG_6736.jpg

主翼端の擦り切れた角を補修します。強度が必要なところなので、デザインナイフで切れ込みを入れ、極薄(厚さ0.2mmほど)のカーボンキュアシートを大きめにカットして埋め込み、芯にします。
IMG_6729.jpg IMG_6730.jpg
IMG_6734.jpg
上下に屑バルサを貼り付け、サンドイッチ構造にします。
あとはサンディングして周囲と同じ厚さに整形してフイルムを張れば飛躍的に丈夫なエッジになるでしょう・・・自分の体にぶつけて怪我をしませんように、ご用心(^^;

(つづく)

2009-11-10

「プレスト」レストア計画(その2)

IMG_6710.jpg
主翼の補修です。
ダメージを受けて潰れている箇所を大まかにカットします。
IMG_6712.jpg 
スクラップバルサを当てて低粘度瞬間で接着します。
IMG_6714.jpg
荒削りで形を整え
IMG_6716.jpg
最後にサンディングして仕上げると目立ちません。あとはフィルムを張れば新品同様(^^;

裂け目が出来たプランク材は矩形にカットして取り除きます。
IMG_6711.jpg
リブとリブの間にプランク材を渡すように、リブの厚みの半分のところでカットするのがコツです。
IMG_6718.jpg
同じ厚さの手持ちのバルサ板材を現物合わせでカットします。
IMG_6719.jpg
高粘度瞬間(木工用)で貼り付け、乾かないうちにサンディングすれば、バルサの粉が隙間に入り込んで少々の隙間は目立たなくなります。
IMG_6720.jpg
同じくあとは丁寧にサンディングして段差をなくします。
IMG_6721.jpg
以前に補修した箇所で凹んでいるところは最終手段・・・超軽量バルサパテでごまかします(^^;
プラモデル用より格段に軽いので、重量増加を気にすることなく、パテを塗りつけてはサンディングの繰り返しで段差が目立たなくなるようにします。

(つづく)

2009-11-08

「プレスト」レストア作戦

プレスト
サーマル工房から以前に販売されていた愛機「プレスト」が、度重なるフライトによりボロボロ・・・あちこちの補修が必要になりましたので、思い切ってフィルムを一旦剥がしてレストア(再生)することにしました。本来はもう1機購入したのですが、既に絶版になってから久しい状態では入手困難・・・代替機のARF「フリンク」は細部にわたる仕上げの杜撰さと、小型機としては重たいフィルムと部材を使っていて重量過大・・・そのままでは使い物にならないシロモノなのは以前に記事にアップしました。
ここは、フリンクを改造するか、プレストをレストアするかしかありませんが、とりあえずはレストアに着手しました。同時にフリンクも大改造していくつもりです。
IMG_6700.jpg
胴体のボトムは穴だらけ(^^; モーターやニカドの冷却のための通風孔やら、荒い着陸によるダメージやらで、大幅な張替えが必要・・・ついでにバルサの板目を前後方向にクロスするように張り替えます。キットのパーツをそのまま使っていますが、これでは強度的に弱いのは以前にアップした「SERA」の項で述べました。
IMG_6703.jpg
尾翼関係と胴体の一部も剥がして、尾翼のエレベーターとラダーを張替えます。
フィルもを剥がしてみて初めてバルサパーツに亀裂が入っているのを発見・・・気付かずにフライトさせていたら空中分解し、重大事故に発展していたかも・・・危ない危ない。
IMG_6704.jpg
ダメージを受けたプランク材を一部切り取り、その部分だけ補修するのも先日の「シュライク」の記事でアップした技法です。補修が終わったら、また画像をアップします。
IMG_6707.jpg
着陸時に立ち木等にぶつけるので、どうしても前縁部に破損箇所が集中します。この部分は一旦切り落とし、バルサブロックで「埋め木」をして、あらためてカットし、最終的にサンディングして整形します。
IMG_6708.jpg

翼端材の角も擦り切れて小さくなっています。この部分は航空ベニアやカーボンシートなどで補強したいものです。

さて、今日の作業はフイルム剥がしだけで終了しました。果たして立派に蘇るのでしょうか?
乞うご期待(^^;

(つづく)

2009-11-02

アップルピーラー

IMG_6632.jpg
収穫の秋・・・今まさにリンゴが美味しい時期、お手軽なアップルピーラーで丸ごと剥いちゃいました!近くのホームセンターで600円台後半と、お手ごろ価格だったので購入しました。我が家では大活躍しています。

実に簡単に丸ごと剥けちゃいます。気に入りました!
「朝のリンゴは金、昼のリンゴは銀、夜のリンゴは銅」、「リンゴが赤くなると医者は青くなる」・・・いずれも西洋の諺です。毎朝のリンゴを食べる習慣で、無病息災、医者要らず(^^;

2009-11-01

日本陸海軍機大百科

IMG_6618.jpg
「日本陸海軍機大百科」790円というので、創刊号だけ買ってみました。
零式艦上戦闘機二一型です。
スケールは1/72でもなければ1/144でもなし・・・1/87という、あまり聞いたことがないスケールですが、ダイキャスト製でずっしりと重く、なかなかのディティールを再現しています。
しかし他の機の通常価格は1,990円なので、続けて購入しようとは思いませんが、気に入った機体は揃えてみようかな?
ゼロ戦21型

Copyright (C) 天翔りたるものども. All rights reserved. Template by Underground
まとめ