ブログ内検索

2007-07-29

アカバナ

IMG_6614.jpg 20070731231950.jpg 20070731232020.jpg
赤葉菜(アカバナ科アカバナ属)
昨年も数回取り上げたが、今年もあちこちでアカバナの白やピンクの花が咲き出した。径1cmほどの可愛い花なので、よく注意していないと見逃す。。
名前の由来は秋に葉や茎が紅葉することから。
また、春には食用になる。全草を茹でて一昼夜水に晒してアク抜きをし、“おひたし”にして食べるとのこと。どんな味なのか今度試してみたい。
草丈はかなりある。メシベが白い棍棒状であることがよくわかる。

スポンサーサイト
2007-07-28

シロバナウツボグサ

IMG_6550.jpg IMG_6553.jpg IMG_6555.jpg

白花靫草(シソ科ウツボグサ属)
先ほどのウツボグサの隣にやけに果穂が薄緑色の・・・と思ったら、白い花である。ビックリして夢中でシャッターを切りまくった。清楚で清々しい純白の花なんである。

ウツボグサに白花ヴァージョンがあるなんて知らなかった!
野の花の取材を地道にやってると良いことがあるものです。花の神様、ありがとう!
20070728232204.jpg

2007-07-28

ウツボグサ

IMG_6545.jpg IMG_6541.jpg

靫草(シソ科ウツボグサ属)別名 夏枯草
今年もあちこちでお気に入りのシソ科の花『ウツボグサ』が見られるシーズンとなった。
別名の夏枯草とは、夏に果穂が枯れることから命名された。また、この枯れた果穂の姿が武将が背負う武具の“矢の収納籠”、すなわち靫(うつぼ)に似ることに由来する。花期は7~9月、川岸の道端で撮影。

2007-07-27

静狩湿原探訪記(その3)

IMG_6225.jpg IMG_6234.jpg
さて、間が空いてしまったが、先日の静狩湿原の続きを書かねばなりません。
あちこちに大小の沼がポッカリ口を開けているのだが、水面には今や白い花が満開であった。白い花・・・ヒツジグサである。
未の刻(午後2時ころ)にならないと開かないという花だが、曇り空の元、たくさん開いていた。園芸用のものと比べると小ぶりである。
IMG_6284.jpg
湿原のあちこちにはノハナショウブが群生。

20070726221752.jpg
ところで沼の周りには特徴ある果穂が大きく成長していたが、これはカキツバタ?見かけはオオウバユリの果穂にソックリ!
IMG_6237.jpg 20070726222117.jpg
気になるのはヤマウルシの潅木がいたるところで見られたことだ。
まるでブドウの房のようにたくさんの実が生っていた。幸い、触れはしなかったが、触っていたらカブレたのかな?他のブログで湿原の乾燥化の原因になるとの書き込みがあったが、本当かもしれない。かなりの勢いで跋扈している。



2007-07-26

ノコギリソウ

20070725215835.jpg

鋸草(キク科ノコギリソウ属)
葉の切れ込みが鋸の目状であることから命名された。頭花は茎の先に集まり、舌状花は5~7個ある。
7月14日にT市の高速道路パーキングの植え込みにて撮影。

2007-07-26

モディリアーニと妻ジャンヌの物語展(その2)

IMG_6350.jpg IMG_6342.jpg

モディリアーニの人物画はけっこうたくさん展示されていた。描かれてから100年近くなろうというのに、少しも色あせていないのは顔料の固着力が強い油彩画の長所・・・間近で見ると、、さすがに色使いと構図は大胆で抜群にセンスが良い。作品が愛される所以である。写実的ではないが、それゆえに人物の内面が見事に描かれている。生きている。かえって時間が経てば経つほど、ますます輝きを増す個性に圧倒された。

感動の余韻を引きずったまま、妻と鑑賞後の語らい・・・大学時代に同じ美術部に所属していたので話が弾み、芸術の森美術館内の広い庭園を散策しながら、ついでにあちこちの花をカメラに収めた。
花期は少し過ぎいてはいたが、「シモツケ」の見事な花々
20070725220616.jpg

こちらは何だろう?ポールのそばに・・・オオウバユリの果穂らしいが、なんとも根本の茎が立派!「いつか僕だって君に負けないぐらい背が高くなってやるんだ!」と、言っているかのようである。
当初は金属パイプの中に茎を埋めてあるのかと思った。太い茶色いパイプのように見えるのは実に堅そう・・・茎なんである。名前に反して、この時期になってもちゃんと下葉がある。
IMG_6363.jpg IMG_6362.jpg

こちらは帰りにスーベニアとして館内のショップで購入した図録と缶入りドロップス・・・パッケージはいかにもそれらしいが、中身はれっきとした日本のサクマ製菓製なんである。
20070725222627.jpg

2007-07-25

モディリアーニと妻ジャンヌの物語展

20070724103915.jpg
≪美術館シリーズ≫第1弾
久しぶりに札幌の『芸術の森美術館』へ行ってきた。イサム・ノグチ展以来なので何年ぶりだろうか?
「モディリアーニと妻ジャンヌの物語展」、週末ということでかなり盛況であった。以前に道立近代美術館のムンク展やゴッホ展、ルノアール展なども見たが、今回の「モディ・・・」もそれに劣らないギャラリーの数である。いかにこの画家が日本人に愛されているかがわかる。
それにして、モディリアーニはもちろん、感動したのはジャンヌの画家としての並々ならぬ天稟と作品の迫力である。短い生涯ながら、おびただしい数のスケッチや彩色画(グワッシュ&油彩)を見ると、夭折していなければ、美術史に足跡を残していたであろうことは想像に難くない。アレだけの才能があれば、現今ならばさしずめ天才少女イラストレーター(ちょっと安っぽいかな?)としてもてはやされ、華々しいデビューを果たし、一躍脚光を浴びたのであろうが、1910年代という時代がそれを許さなかった。
最後は21歳の若さで自殺という悲劇的な結末を迎える。モディリアーニの病死が原因といわれるが、おそらく過労から来る“うつ病”での発作的な祈死念慮がそうさせたのであろう。痛ましいお話である。
20070724103939.jpg

2007-07-24

エゾノサワアザミ

20070724005203.jpg IMG_6148.jpg
蝦夷沢薊(キク科アザミ属)
7月20日に当地のゴルフ場に向かう林道沿いで撮影。
花期は7~8月とあるので今の時期、特に早いわけでもないが、やはりアザミというと秋の花のイメージがある。生育場所は高地の湿地とあるが、ただの薄暗い山陰の斜面に群生していた。あまり日当たりのよいところは苦手らしい。
葉は羽状に深く切れ込み、裂片にはトゲと鋸歯がある。
数多くて紛らわしいアザミの種類の見分け方の一つとして、花が上向きか、下向きかがあり、この花は下向きに咲く。
また、昨年当ブログで取り上げた「サワアザミ」は、より大きく、花期も遅く9~10月、また頭花の首のところに長い苞葉が2~4枚付いているので容易に見分けられる。

2007-07-24

ナツグミ

IMG_5990.jpg

夏茱萸(グミ科)
7月18日の画像・・・G舎川公園の終点近くにて、たわわに実る大きな赤い実を発見!大きさは親指の第一関節までくらい・・・約2cmほど。何だろう?帰宅して調べると、どうやら夏グミかな?
その場では食べなかったが、今度行ったらクワの実と一緒に摘んで来たいものである。

20070724172516.jpg
で、本日摘んで盛り合わせてみました。実とい葉といい、銀粉をまぶしたような鱗片があるのが特徴である。食べてみると・・・お~、懐かしの甘酸っぱい味である!

2007-07-23

静狩湿原探訪記(その2)

20070723220840.jpg

小葉蜻蛉草(ラン科ツレサギソウ属)
葉は一個で広線形、長さ3~7cm、幅3~10mmで基部は茎を抱く。花はまばらに数個、側花弁は長楕円形、唇弁は舌状、やや肉質で長さ2.5~4mm、距は12~18mmと長く後方に跳ね上がる。

こうして見ると一つ一つの花はトンボというよりは、小さな泥鰌か鰻のようにも見える。
しかし名前はトンボの方が風流で断然よい!

木道がないので、どこを歩いていけばよいのやら・・・けもの道も見つからず、時折、足首までぬかるので歩きにくいことおびただしい(^^;
モウセンゴケもいたるところに群生・・・最初は踏み潰さないように気をつけていたが、しまいには全く気にせずただ前進あるのみ。
砂浜より歩きにくいかも。このところ雨が降らず、乾燥気味だからまだしも、これが大雨の後だったらと思うと、ゾッとする。
IMG_6188.jpg IMG_6210.jpg

それにしてもここのモウセンゴケは真赤っか!モウセンゴケの花を探したけれども曇り空のせいか、みなすぼんでいて、とうとう開いたのは見つけられなかった。光の量に敏感なのかも?

2007-07-23

静狩湿原探訪記(その1)

7月21日(土)、ここ1週間ほど強風が吹き荒れていたが、久しぶりに風が凪いだので待望の静狩湿原に出かけた。当地から約60km、車で一般道を1時間ほどの距離・・・わざわざ高速道路を使うまでもない。
20070723094140.jpg
入り口はわかりにくいが、なんとかたどり着けた。
一緒に来た妻と入り口の看板の前で記念撮影。静狩峠では濃霧だったので、どうなることかと心配だったが、霧も晴れ、湿原は何事もなかったように静まり返っている。木道なんてシャレたものはないので二人とも長靴に履き換えて完全装備・・・さっそく湿原に足を踏み入れると、早くもコバノトンボソウがお出迎えである。思っていたより小さなラン科の花・・・はじめて見るかわいらしい姿にカンゲキ!あちこちに群落・・・まだまだ花期は長そう。
IMG_6200.jpg

曇り空ではあるが、遠くの山並みまで見通せる。暗いので鮮明な画像は期待できないが、風は全くなく、被写体の揺れを気にしなくても良い。
それにしても土曜日の午後というのに、どうやら私たち(妻も一緒)以外には訪問者はいないようだ。ミツガシワやトキソウなど、主な花の時期が終わっているからなのかな?少々寂しい(^^;
IMG_6235.jpg


2007-07-22

フサスグリ

IMG_5351.jpg

房酸塊(ユキノシタ科)
うちの庭にフサスグリの真っ赤な実がたわわに生っている。毎日収穫に追われるくらいの豊作である。英語名は Red currant、巷ではカリンズと呼ばれて庭などに好んで植えられ、よく知られた実である。
甘酸っぱい味は同じユキノシタ科のマルスグリ、通称グスベリ(Goose berry)にも似る。
上の画像は7月7日のもの。

IMG_6105.jpg

これは採れ立ての7月21日現在の画像

2007-07-22

オオウバユリ

20070722052317.jpg 20070722044121.jpg
大姥百合(ユリ科ウバユリ属)
草丈は150cm~200cmと、本州産のウバユリより大型である。花のころには既に下葉が枯れて取れかかる(歯が抜ける)ことから、姥に見立てて名づけられたとか。しかし、実際には画像で見る限り葉は枯れてはいない。たいてい林の半日陰のところに、大きな花がすっくと立っているので、見つけたときはその異様な雰囲気にビックリさせられるが、今年は道端で林立しているのがやけに目に付く。オオウバユリの当たり年か?
20070722044224.jpg 20070722044432.jpg 

2007-07-21

ビロードモウズイカ

IMG_5974.jpg IMG_6016.jpg

天鵞絨毛蕊花(ゴマノハグサ科モウズイカ属)
今年もまた、あちこちにニョキニョキと異様な姿で立ち尽くす黄色い花たち・・・なんとも気になる花である。
20070721000910.jpg

2007-07-20

ヒロハクサフジ

IMG_5509.jpg

広葉草藤(マメ科ソラマメ属)
クサフジの仲間はよく調べると、意外にたくさんある。この花もその一つ・・・花序が短く、葉の形が長楕円形で長さ1~2cm、幅は0.5~1cmとクサフジに比べて広い。花期は6~9月と、けっこう長い。

2007-07-20

クサフジ

IMG_5466.jpg IMG_6124.jpg 草藤(マメ科ソラマメ属)
7月9日に撮影・・・意外に思うけれども、クサフジを正式にアップするのは当ブログで今回が初めて。6月にはもうあちこちで咲いていたので、遅きに失した感があるが、クサフジに申し訳ないので取り上げます。
この時期いくらでも道端で見られ、卑近過ぎるのと、どうもアップに耐えない花・・・どうしても花の上部が色褪せたように見えるが、緑の中ではけっこうその青い色が目立つ。
IMG_6126.jpg
現在はマメ科の植物の常としてもうサヤ豆ができている。
大きさは2cmほどで薄べったい・・・食べられなくはないかな?

2007-07-19

ヤマゴボウ

20070718230819.jpg
山牛蒡(ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属)
やはりG舎川公園の散策路にて7月18日に撮影。
けっこう草丈がある・・・1mほどか?
花序は直立し、一つ一つの花は径5mmほど。白く見えるのは5枚の花弁状のガク片で、オシベは8本・・・よく見ると先端が赤紫色なのがお洒落!

根の様子がごぼう似ていることから命名された。ちなみに店頭で見かけるお土産「やまごぼう」はこの花の根ではなく、アザミの根だそうです。こちらのヤマゴボウは有毒なので食べられません。
20070718230849.jpg 20070718230914.jpg

2007-07-19

オカトラノオ

IMG_6018.jpg IMG_6021.jpg

丘虎尾(サクラソウ科オカトラノオ属)
7月18日にG舎川公園の終点近くに群落を作っていた。一つ一つの花の径は約1cmほどだが、その純白の花々は俗世を離れて、何か神々しさを感じさせるほどである。先がちょこんと曲がっているのも風情があって面白い。
IMG_6023.jpg

2007-07-18

エゾミソハギ

20070718015239.jpg 20070718015310.jpg

蝦夷禊萩(ミソハギ科ミソハギ属)
禊ぎの字は祭事に用いることから名づけられたという。
ホザキシモツケと同じくT市の国道沿いにて7月14日に撮影。
花期は8~9月なので、気の早いこの一株だけ咲いていた。

2007-07-18

ガガイモ

20070717124651.jpg

蘿藦(ガガイモ科ガガイモ属)
よく見かけるつる性の雑草・・・ガガイモの花がもう咲き出した。径1cmほどの大きさで星型の小さな花・・・色はちがうが、毛だらけのところはなんとなくミツガシワにも似ている。気位の高いミツガシワが聞いたら気を悪くするかな?
カプセル型の果実がフシギで、子供のころはよく集めたものである。中に何か素敵なものが詰まっているのではと、期待しながら開けてもただの綿毛ばかり・・・ガッカリしたものだが、なんとなくその色合いや形が今でも好きである。しかし農家の方たちには繁殖力の旺盛な雑草で、油断していると、そのつるでなんにでも絡みつき跋扈する困り者。

2007-07-17

モイワシャジン

IMG_5924.jpg IMG_5927.jpg

藻岩沙参(キキョウ科ツリガネニンジン属)
これもE市の国道沿いに群生していたのを7月15日に撮影・・・昨年は、やはり7月22日に画像をアップしている。その時の色味はやけに青っぽくなっていて不満足だったが、今回は忠実にその花色を再現している。完全に野生化しているが、これは園芸種?かも。
IMG_5916.jpg IMG_5917.jpg
すぐそばにはシナガワハギも群落を作っていた。もちっろんコゴメハギもあった。

2007-07-17

セイヨウトゲアザミ

IMG_5957.jpg IMG_5953.jpg

西洋棘薊(キク科アザミ属)
当ブログ初登場・・・7月16日、乾燥した荒地の周囲にて撮影。
花はエゾノキツネアザミに似るが、こちらは葉がトゲトゲなので触ると痛い点が大きな違いである。花期は8~9月・・・ほんとに今年は全ての花の咲くのが早い。もう大群落を作って咲いていた。
名の通り、ヨーロッパからの渡来植物で、繁殖力は相当なもの。
葉は長さ25cm、深裂していて2~4mmの鋭い棘がある。
IMG_5960.jpg

2007-07-16

エゾノシモツケソウ

20070716093912.jpg IMG_5908.jpg

蝦夷下野草(バラ科シモツケソウ属)
ホザキシモツケは木本なので、北海道新聞社の「北海道の野の花」には載っていないが、樹木図鑑には記載がある。ここちらは草本なので載っていた。
これまた当ブログでは初登場・・・鮮やかな紅色の花である。7月15日に「やきもの市」に向かう途中、ゆくりなくもE市の国道沿いで撮影・・・山野の湿地に自生とあるが、けっこう乾燥にも強いのかな?
IMG_5911.jpg

2007-07-16

ホザキシモツケ

20070716094200.jpg 20070716094113.jpg

穂咲下野(バラ科)
日当たりのよい湿原周辺に生える落葉樹、花期は7~8月
T市の国道沿いに、今を盛りにあちこちに咲いていた。昨年も当ブログで取り上げたが、優しい桃色が目を和ませる。
IMG_5880.jpg

2007-07-15

イヌゴマ

20070715040200.jpg 20070715040259.jpg

犬胡麻(シソ科イヌゴマ属)
湿地に生える高さ40~70cmの多年草。白色の地下茎を伸ばして増える。断面がロ形の茎の稜には下向きのトゲが密生する。葉は対生し、長さ4~8cmの披針形。

同じく7月13日に撮影・・・遊歩道の沢沿いに群生していた。今まで見たイヌゴマ類の中では一番背が高い・・・70cmはあろうか?
エゾイヌゴマと比べると密生した毛が少ないようなのでイヌゴマとしたが、確証はない。
ちなみにイヌゴマの名の由来は果実が胡麻に、姿が根を食料にするチョロギに似ているが、食べられず、役に立たないものということで「犬・・」とつけられたが、犬にもこのチャーミングな花にもタイヘン失礼なネーミングである。プンプン!(怒)

2007-07-15

ヤマグワ

20070715035027.jpg 20070715035116.jpg

山桑(クワ科クワ属)
山地や平地に生える落葉樹、高さ5~12m
雌雄異株、花は緑白色で小さく、全く目立たない。5月開花
6月の天候に恵まれたせいか、今年は生り物が早い・・・早くも6月下旬には実が黒く熟して食べられるようになっていた。摘むと指先が紫色に染まる。口の中に入れると・・・あの懐かしいクワの実の味である。子供のころは友達と奪い合い、よく夢中になって食べたものだが・・・素朴な甘さを今の子は好まないのだろう。遊歩道沿いにいくらでも生っていたが、食された形跡はない。

2007-07-14

ノビル

20070713224935.jpg 20070713224958.jpg

野蒜(ユリ科ネギ属)
花期は6月~7月
7月13日にやはり遊歩道沿いの沢で撮影。エゾマンテマをユリ科の花と見間違えたが、今度はほんとにユリ科の可愛い花である。ほんのりとピンク色で、花の大きさは1cmほどか?
ネギ属なので花の根元をいくら手繰っても葉っぱが見あたらない。
IMG_5778.jpg 20070713225047.jpg
隣にはヤエムグラのトゲトゲの実が見える・・・これがまたよくセーターなどに引っ付く(^^;

2007-07-14

ヤマクルマバナ

20070713222006.jpg 20070713222158.jpg

山車花(シソ科トウバナ属)別名エゾクルマバナ
またまた未発見だったお気に入りのシソ科の花を見つけた!
ちなみに漢字で書くと山車花・・・お祭りで使う山車(だし)ではないのでご注意(^^;
当地の遊歩道沿いの沢で、7月13日に撮影。
花期は8月~9月とあるが、もう咲いていた。まだまだこれから楽しめる花である。一つ一つの花はごく小さく、長さ7mmほど・・・茎や枝の先に階段状に咲く。クルマバナとの違いはガク片の色・・・紅紫色なのがクルマバナでガクに毛が多く緑色なのがヤマクルマバナだそうです。
また、花の色もクルマバナは鮮やかなピンク色だが、このヤマクルマバナは白変種かと思うほど、白っぽい。詳しくは以下のウェブサイトで
ヤマクルマバナ・・・イヌトウバナやトウバナ、ヤマトウバナとの違いもわかりやすく解説してある。
20070713222036.jpg

ところでシソ科の花を見つけた時は必ず葉を千切って嗅ぐことにしているが、今回はちゃんと実行・・・かすかではあるが、ミント系のなんとも良い香りでした。
一方、先日のイヌゴマはというと・・・青臭い匂いだけ・・・ガッカリ!

2007-07-13

エゾマンテマ

エゾマンテマ070710p3 IMG_5538.jpg 
エゾマンテマ070710
蝦夷マンテマ(ナデシコ科マンテマ属)
大岸の海岸にて7月10日に撮影。
径は1cmほど・・・同属のホザキマンテマやマツヨイセンノウに比べると至って小さく慎ましやかな花である。当初、反り返った花弁がユリ科の花かな?と思わせた。花期は6~8月花弁は5個、先が2深裂しているので10個に見える。オシベは10本、メシベは1個で花柱は3裂している。
砂浜の足元にもあったが、ほとんどは、はるか頭上の岩の上に群落を作っていた。
持参した300mm望遠レンズと三脚、レリーズが役に立った。
20070713000937.jpg
岩の上には他に同じくナデシコ科のエゾカワラナデシコのピンク色の花も咲いていたが、手の届くところのは、もう花期が過ぎて枯れていた。

2007-07-12

キバナカワラマツバ

IMG_5518.jpg

黄花河原松葉(アカネ科ヤエムグラ属)
エゾイヌゴマの近くの草原に発見・・・一つ一つは十文字の小さな花の集まり・・・4裂した花冠、4本のオシベから構成される花の形と、葉は8~10枚が輪生し、ヤエムグラの同属とわかる。
20070712003559.jpg

Copyright (C) 天翔りたるものども. All rights reserved. Template by Underground
まとめ