ブログ内検索

2007-05-31

ツタバウンラン

IMG_2906.jpg 
蔦葉海蘭(ゴマノハグサ科ツタバウンラン属)
花は形といい、大きさ(1cmほど)といい、トキワハゼなのだが、葉っぱがアイビーっぽくて、ちょっとちがうような・・・もしかしたら園芸種?と思って帰宅してゴマノハグサ科で検索したらやはり!ツタバウンラン・・立派に園芸種である。
民家の塀に沿うようにびっしり跋扈していた。
ウンランと聞いただけで、なんだか好きになってしまった(^^;
20070530231821.jpg

海岸近くだったので、びっしり塩がこびりついている。
こんな面白いツタバウンランの画像も見つけた!確かに顔を連想させる。

スポンサーサイト
2007-05-31

オオアマドコロ

IMG_2851.jpg IMG_2833.jpg
今や盛りと咲き乱れる見事なマイヅルソウの群落である。5月29日に壮瞥の梅園公園にて撮影。
 
IMG_2838.jpg IMG_2844.jpg 
大甘野老(ユリ科ナルコユリ属)マイヅルソウの群落の中にノッポな花を見つけた。垂れ下がった花が1個ずつ並んでいるのが面白い。まるで鳴子、したがってナルコユリ属・・・わかりやすい。
IMG_2840.jpg

2007-05-30

サギゴケ

20070529220046.jpg

鷺苔(ゴマノハグサ科サギゴケ属)
サギが羽を広げたよう(上の画像では右側が首にあたる)に見え、苔のように地を這うことから命名されたが、立派な種子植物。ウンランと同じくゴマノハグサ科・・・色の違いはあるがなんとなく雰囲気は似ているかな?
同じ科で同じ属の花にトキワハゼがあるが、サギゴケよりずっと小さい。トキワハゼは花期(5~10月)も長く、どこにでも生え、よく見慣れているが、これは初めて見た。この場所にはたくさん咲いていたが、珍しい花なのかな?花期は5~6月とある。まれに白花もあるとのこと・・・それこそシラサギそっくり!
IMG_2741.jpg

2007-05-30

マムシグサ

IMG_2758.jpg IMG_2766.jpg
蝮草(サトイモ科テンナンショウ属)
別名コウライテンナンショウ、花期は5~6月と短い。
シラネアオイの群落の中に3本がニッキリ鎌首(?)をもたげていた!
茎にまだらの模様があるのでこの名がある。
雌雄別株で、果実は熟すと赤くなる。我がブログでも昨年、コウライテンナンショウの実の方はすでにアップ済みですので、ご参照下さい。
IMG_2764.jpg 

2007-05-29

ユキザサ

IMG_2748.jpg IMG_2771.jpg

雪笹(ユリ科ユキザサ属)
茎がアズキ色なのでアズキ菜とも呼ばれ、山菜として食用に適する。
花はちょうど同じユリ科のマイヅルソウにそっくりだが、「マイヅ・・」は花被が4・オシベ4本に対し、ユキザサは花被が6・オシベ6本と、2本多い。葉っぱも「マイヅル・・・」に比べると細長いのですぐに判別できる。
20070528230806.jpg

たくさん咲いていると本当に雪のように見えるかな?上のサムネイルをクリックして拡大画像をご覧下さい。雪の結晶は“六花”と呼ばれるように六角形・・・このユキザサも六角形・・・まさにぴったりのネーミングですね。
実が熟すると赤くなるのはマイヅルソウに同じ・・・食用に適するかは不明。

2007-05-29

シラネアオイ

IMG_2733.jpg IMG_2769.jpg IMG_2779.jpg

白根葵(シラネアオイ科シラネアオイ属)
栃木県白根山に多く見られ、花の形が葵の花に似るのでこの名がある。北海道では、割と標高の低いところでも群生しているらしい。
人気がある花らしく、先日の地元新聞ローカル版に掲載されていたので、さっそく取材に出かけた。
花の時期は少し過ぎているが、まだまだ観賞できる。
さすがに大輪の花は見ごたえがあり、感動した!
花弁のように見えるのはガク、まれにシロバナもあるとのこと。
IMG_2757.jpg IMG_2752.jpg

これは?薄いピンクであるが・・・シロバナに近いかも(^^;

2007-05-28

コンロンソウ

IMG_2422.jpg 
崑崙草(アブラナ科タネツケバナ属)中国の崑崙山の雪に例えて命名された、なんとなくロマンティックな純白の花。善光寺自然公園にて撮影。割と草丈が高く(70cmほど)目立つ。数も多かったので、珍しい花でもないのかな?

IMG_2426.jpg
葉は互生し、5~7枚、小葉はふちに荒い鋸葉がある。

2007-05-28

キジムシロ

20070526225348.jpg IMG_2416.jpg

雉筵(バラ科キジムシロ属)
春真っ先に黄色い花をたくさん咲かせて人目を引く。
GWで出かけた春の訪れの遅い網走でも、日当たりのよい斜面にこの花だけは咲いていた。
時期になると赤いイチゴ状の実をつける。どんな味なのかな?

2007-05-27

シロバナタチイヌノフグリ

IMG_2352.jpg IMG_2349.jpg

タチイヌノフグリ(ゴマノハグサ科クワガタソウ属)
先日のシロバナオオイヌノフグリの追加記事です。
再度確認しに行って来たところ、どうやら大きさから見てシロバナタチイヌノフグリと命名したほうがよいようです。すぐそばにはタチイヌノフグリの青い花の群落が見られ、大きさもほぼ同じ(径は3mmほどの極小の花)・・・花色だけが純白でした。一輪だけではなく、そこの数株が多数の白い花をつけていたので来年も多分シロバナを見せてくれるものと思います。場所は完全に頭の中にインプットしました。

追記:後日、この花はコゴメオオイヌノフグリと判明致しました。謹んで訂正いたします。
あらためて当ブログでもコゴメオオイヌノフグリで記事をアップしていますので、ご高覧下さい。

2007-05-26

洒落たお店「しずく」

IMG_2674.jpg IMG_2606.jpg IMG_2609.jpg

洞爺湖の湖畔に素敵なログハウス・レストラン「しずく」がある。ちょうど洞爺湖サミットで話題の「ウィンザー」ホテルへ向かう山道の途中にあり、ペンションが隣接していて宿泊することも出来る。

窓からは洞爺湖が一望でき、また、ライブハウスとしても開放されているようです。各テーブルには手作りのキャンドルが置かれていて、とても落ち着いた雰囲気の店内(もちろん食事もできます)です。嬉しいことに、野の花・昆虫・野鳥の最新の図鑑や写真集も豊富に常備されていて、自由に閲覧できます。ぜひ一度訪れてみてください。なお、関係者の皆様に店内撮影を快く許可して頂き、ありがとうございました。
IMG_2618.jpg IMG_2620.jpg 
素敵な手作りキャンドルやオリジナル版画ポストカード等は店内で買うことも出来ます。
IMG_2627.jpg IMG_2668.jpg 
本日のメニュー
IMG_2670.jpg

2007-05-26

エゾリス

20070521223541.jpg

善光寺自然公園で野の花を撮影していたら、突然エゾリスが前を横切った。一瞬の出来事で望遠レンズに交換する間がなかったので、広角のをデジタルズーム処理・・・画質が荒いが一応アップしておきます。ドングリでも拾っていたのかな?本当にここは自然がタップリ残っているので、大切にしたいものである。
20070526093929.jpg

2007-05-25

ノハラムラサキ

20070524223953.jpg
野原紫(ムラサキ科ワスレナグサ属)
同じく壮瞥の梅園展望台にて撮影。これまた極小の花・・・径は3mmほど?ガク・茎・葉に細毛が密生。日当たりのよい場所なので5月23日の時点で開花していた・・・ムラサキ科の中でも一番気が早い・・・花期は5~8月とある。欧州原産の渡来植物である。ムラサキの名は昔、根から紫色の染料をとったことに由来する。

IMG_2543.jpg

タンポポやオオイヌノフグリとの大きさのの比較・・・いかに小さな花かがわかる。花色は「オオイヌ・・・」と区別が付かないほど似ている。
20070524232536.jpg

2007-05-25

ツボスミレ

20070524220953.jpg IMG_2535.jpg

坪菫(スミレ科スミレ属)
壮瞥の梅園にて・・・今回がはじめての撮影で、タチツボスミレに比べ、このツボスミレはあまり見かけない。花の径は1cmほど・・・色も薄いので、すぐに違いがわかる。群落というほど密生はしていなかったが、山道沿いに三々五々、かなりの数が見られた。

20070524221227.jpg

こちらはタチツボスミレである。ツボスミレと比べると2倍以上の大きさ・・・繁殖力は旺盛で、見かけないところを探すのが難しいくらい、今の時期どこにでも咲いている。

2007-05-24

洞爺湖より羊蹄山を望む

IMG_2550.jpg IMG_2561.jpg IMG_2566.jpg
壮瞥の梅園の上の展望台は洞爺湖が一望に見渡せ、遠くはるかに羊蹄山が・・・絶景である。
また、山陰のスロープには各種のエンレイソウが大群落を作っていたものの、いかんせん、もう花の時期は終わり・・・来年は取材を忘れないようにします。
梅も大半が時期を過ぎていたが、この日は好天にも恵まれ、まだまだ観光客は引きも切らず。思い思いに撮影したり、お弁当を広げて楽しんでいました。

IMG_2565.jpg

また、左手には例の洞爺湖サミットで注目の的となっているホテル「ウィンザー」も対岸の山の頂上に見える。
さらに左手には有珠山と昭和新山が見えるのだが、今回は画像なし(^^;

2007-05-24

ナガオ君

IMG_2492.jpg IMG_2499.jpg

オナガガモ君の左翼がダラリと・・・汝もまた飛べないのか?
いつもの白鳥さんたちに混じってエサをねだるオナガガモ(ナガオ君と命名)・・・よく見ると左羽が機能しないようで、投げ込まれたパンくずを追いかけるのに必死で水を掻き、下流まで追いかけて行くさまが健気で、哀れを誘う。

しかし、なんでまたこのO流川には怪我をした水鳥が多いのか?やはりアレかな・・・例の河口にある火発の高圧送電線のせいかな?アレにぶつかって飛ぶ機能を失ったとしか考えられない。罪作りな送電線である。

それにしても白鳥さんたちといいオナガガモといい、怪我しているのは何でみんな左の翼なんだ?偶然の一致とはいえ、フシギである。

2007-05-23

オドリコソウ

20070522222931.jpg 20070522220720.jpg 20070522220745.jpg IMG_2433.jpg
踊子草(シソ科オドリコソウ属)
善光寺自然公園にて撮影・・・今までヒメオドリコソウは数え切れないほど出会ったが、本家本元のオドリコソウを見たのは初めて。恋焦がれていたシソ科の大輪の花は予想にたがわず、幻想的な美しさであった。
純白に薄紅を差したような口唇形の一回り大きな花(高さ2cmほど)がぐるりと輪になって並ぶさまは圧巻である。
まるで踊子たちのにぎやかな笑い声が聞こえてきそう!

しかし何故か日陰に咲く花で、撮影は困難を極めた。もっと明るいところで咲いてよ、踊り子さんたち!
20070522235409.jpg

2007-05-23

マイヅルソウ

IMG_2358.jpg

舞鶴草(ユリ科マイヅルソウ属)
葉の様子を鶴が羽を広げた形に見立てて命名された。優雅な名に恥じず、よく見ると、花もなかなか可愛らしい。
日陰を好む小さな花の集まりで、一つ一つの径は5mmに満たないので、これまた暗いところではAFの宿命・・・ピントが合わせ難い。何度かチャレンジするも、鮮明な画像が撮れない。
IMG_2418.jpg
こちらはマニュアルモードで撮影してみました。

ちなみにマイヅルソウの実は昨年ブログでも取り上げた・・・まだら模様を経て赤く熟する。
20060913075815.jpg

2007-05-22

ニリンソウ

20070521215752.jpg

二輪草(キンポウゲ科イチリンソウ属)
善光寺自然公園にて。建物の陰の今まで気付かない場所にあった。
確かに葉のところから2本ずつ柄が出て花が咲いていた。
大きさは径3cmほどで白色が目立つ。
花弁のように見えるのはガク片で、5~7枚とバラエティがある。

ちなみにこの花の若葉はフクベラと言って山菜として好まれるが、葉が猛毒のトリカブトとそっくり!よく間違えて中毒を起こすので注意!
花の咲かないうちは、採取を控えた方が良いかも。
IMG_2391.jpg 20070521215726.jpg

2007-05-22

クルマバソウ

IMG_2407.jpg IMG_2336.jpg 20070521220952.jpg

車葉草(アカネ科クルマバソウ属)
葉が見事に輪生しているのでこの名が付いた。善光寺自然公園にて撮影。山の斜面、日当たりの悪いところを好むらしく、撮影ではなかなかピントが合わず、苦労した。
径5mmほどの十文字に咲く控えめな白い花が清楚で可憐・・・まだ5分咲きほどなので、まだまだ花期が楽しめるかな?

2007-05-21

駒ケ岳と横津岳

IMG_2199.jpg IMG_2200.jpg

内浦湾よりはるか遠くの横津岳(左/標高1167m)と駒ケ岳(右/標高1131m)を望む。
3日間ほど雨が降り続いたので、久しぶりに晴れ上がった昨日は山々がいっそうくっきりと見えた。山を写す絶好のチャンスである。いつもは黄砂の影響で、晴天でも煙ってボンヤリとしている山の稜線が際立っている。
20070521233303.jpg
ところで駒ケ岳の特徴である剣が峰が見当たらないが、風化で消失したのかな?
IMG_2210.jpg
手前は黄色い花(イヌガラシ?)畑となっている。

20070520204544.jpg

こちらは反対側の鷲別岳(室蘭岳/標高911m)・・・雲の形が面白い!
何度も登った山である。今年も登ってみたい。

2007-05-20

デスカウント?

20070519225628.jpg 20070519225656.jpg

GWの想い出シリーズその6
遠軽の国道脇にて撮影・・・デスカウント、これがあの宝島社の「VOW」シリーズに掲載された有名な場所だったとは・・・網走へ行く途中で偶然発見しました。

デスカウント・・・“DEATH COUNT”、つまり死のカウントダウン?アルコールを飲みすぎると体によくないってことかな?
正しくはもちろん、ディスカウント、DISCOUNT(割引)なんである。

ちなみに店の横には正しくディスカウントショップと書いてあった。しかし残念ながらよく見ると、すでに売り物件”となっていた。これがホントのデス・・・です。

2007-05-20

おおぞら歯科

20070519231509.jpg 20070519231534.jpg
GWの想い出シリーズ・その7
大空町(旧女満別町)の空港に向かう道路わきにて撮影・・・センスが良いので気に入っている。
20070519231559.jpg

2007-05-19

川が氾濫!

20070518221652.jpg IMG_2169.jpg

18日にいつものO流川に行ってみて驚いた!このところの長雨で、水かさが増してなんと水位が護岸を越えていたのである。ナターシャたちも水没した中州にはさすがに戻れず、いつもは車を駐車するところまで来ていて、なんとも所在無げである。
濁流で満足にエサをとることも出来なかったようで、食パンクズを投げてやると、喜んで飛びついてくる。例の幼鳥君も、やっと人間に馴れたのか、盛んについばんでいる・・・安心した(^^;

ところでナターシャとヴィクトルは居たが、ヴィクトリアの姿が見えない・・・下流の河川敷にでも避難しているのかな?その後雨脚がひどくなってきたのでは確認はしてこなかった。

明日にはまた水位も平常に戻っていることだろう・・・カモや白鳥など、水鳥さんたちも、ねぐらの確保にタイヘンである。

余談ですが、戦後まもなくは河川敷にボロ家の一軒や二軒あって、生活している人が居た(実際、小学生の時、同級生の家に遊びに行ったら、河川敷のど真ん中に家があってビックリしたことがある!)ものだが、大水の時はさぞや大変だったろうなぁ~、って、いつの時代?
20070518221810.jpg

間近に見ると、両足で立っているオオハクチョウは本当にデッカイ!

2007-05-18

1羽増えた!

20070517222227.jpg

いつもの白鳥さんたちに新しい仲間が・・・まだあどけない幼鳥である。
迷い鳥であろうが、どこから来たのかな?
5月半ばの今の時期にも渡りをする白鳥がいるとは・・・知らなかった!
ナターシャたちは餌付けに慣れているが、さすがにこの幼鳥君はエサには見向きもせず、しばし放心状態である。親鳥に置いていかれたショックからいまだ立ち直れないようである。
IMG_2007.jpg

2007-05-17

ベニシジミとルリシジミ

今年初の蝶の画像が撮れた。春の蝶なので、羽化したばかりなのか、イマイチ動きが鈍い・・・日向ぼっこで体を温めないと、すばやく動けないのは変温動物の宿命・・・撮影はラクである。
20070516235709.jpg
ルリシジミの雌(前翅の縁の黒い部分の幅が広い)

20070516235550.jpg
ベニシジミ
近くに見えるのは散り落ちた桜の花びらである。

2007-05-17

シロバナオオイヌノフグリ

20070517035339.jpg IMG_2156.jpg

白花大犬陰嚢(ゴマノハグサ科クワガタソウ属)
善光寺自然公園にて、ゆくりなくもオオイヌノフグリの白変種に出会った・・・たぶん?
ま、画像をご覧下さい。どう見ても形はオオイヌノフグリです。大きさ(径5mmほど)と言い、雄しべと雌しべの形と4裂した花弁から見ても・・・しかし色だけが白い!

画像を拡大すると全体に細毛が生えてはいるが、フラサバソウの白変種と考えられるほど、肉眼で捉えられるはっきりした毛(トゲ?)はなく、目立たない。

追記:その後、この花はコゴメオオイヌノフグリと判明いたしましたので訂正しておきます。

2007-05-16

クサノオウ

IMG_2048.jpg IMG_2115.jpg

草の黄(ケシ科クサノオウ属)
昨年も何度か取り上げた、5月から9月ころまで見られる花の時期の長い植物である。茎を折るとオレンジ色の汁が出る・・・しかし、間違っても折った切り口を嘗めたりしてはいけない!ケシ科だけあって麻酔作用がある。有毒植物なので子供が口にしないよう注意が必要である。

ムラサキケマンの近くに群生・・・花の径は以前に取り上げたものより倍近くあり、デッカイ!差し渡し4cmほどもあろうか?土壌の栄養状態なのか、それとも春に咲くのと夏に咲くのとは微妙に種類が違うのかも。

2007-05-16

ムラサキケマン

IMG_2086.jpg IMG_2087.jpg

紫華鬘(ケシ科キケマン属)紫花のケマン、茎が5角柱なのが特徴、ごく普通に春先に見られる2年草

里山の林の縁の草原に群生していた。見るのは初めて。エゾエエンゴサクにどことなく似ているが、それもそのはず、どちらもケシ科キケマン属の花である。

2007-05-15

コバノカキドオシ

20070515075131.jpg IMG_1984.jpg 
小葉の垣通し(シソ科カキドオシ属)
茎が立つ前に開花し、花冠の長さ1.5cmほどで、3~5個ずつつく。ヨーロッパ原産。
垣根をくぐり抜けるほどよく生長するのでこの名が付いた。

お気に入りの口唇形の花を咲かせるシソ科に属し、はじめて見る花なのでカンゲキ!
G舎川公園沿いの民家の庭から道端にはみ出して群生・・・その名の通り繁殖力が旺盛なようです。一つ一つの花は小指のツメほどの可愛らしい大きさであるが、地を這うように群生すると、また見ごたえがある。もっとも園芸家にとっては厄介な雑草扱いかも。
しかし、予想していたより青みが強い花色なので驚いた。当初、その色からスミレかと思った。
「北海道の野の花(北海道新聞社刊)」に載っている画像はもっとピンク色である。場所によって色のバリエーションが多いのかな?
IMG_1979.jpg

大きさの比較・・・タンポポに比べるとこんなにも小さい!
IMG_2089.jpg

その後、別の場所でも発見!こちらは通常のカキドオシ・・・2個ずつ花が付き、背が高いのでシソ科の別の種類かとも思ったが、葉っぱが腎形で縁が鋸歯状、花が今の時期に限定されるのはカキドオシしかない。

2007-05-15

白滝パーキングエリア

20070517224057.jpg
GWの想い出その5
帰途、立ち寄った遠軽の近くの白滝Pで、山菜を買った。
キトピロや山ワサビ(ネワサビ)、そしてなんとエゾノリュウキンカ(ヤチブキ)まで野外の売店で売っていた。お店の親切なお姉さんが「花も楽しめるから蕾のがいいですよ」と勧めてくれたので、それを一束買った。
IMG_1294.jpg IMG_1295.jpg
もちろんヤチブキとして茎だけのも購入した。
葉っぱごとお浸しにしたものに、ネワサビを擂り下ろして醤油をかけて食べた。ほろ苦さが絶妙の山菜で、こんなに美味しいものとは知らなかった!ぜひ、次回も・・・同じところで売っているかな?近場にあれば採りに出かけたいほどの美味である。
IMG_1290.jpg IMG_1292.jpg

玄関に飾ったら、いまだにその鮮やかなイエローの花を咲かせてくれている。葉っぱの緑とのコントラストがなんとも印象深く、気に入っている。
IMG_1583.jpg

Copyright (C) 天翔りたるものども. All rights reserved. Template by Underground
まとめ