ブログ内検索

2006-09-30

オランダハッカ

20060930020503.jpg 20060930020526.jpg 20060930020551.jpg

和蘭薄荷(シソ科ハッカ属)
民家の庭先にて撮影・・・かなりの数がはびこっていたが、ほとんどが花の時期を過ぎて枯葉状態になっていたので、比較的きれいな状態のをトリミングしました。芳香は相当なもの。
家にあるスペアミント(既出)よりは葉っぱが丸みを帯びているので、別種かな?園芸種かも・・・このハッカ属も、とにかく種類が多い。

スポンサーサイト
2006-09-30

ノシメトンボ

20060902091805.jpg

熨斗目蜻蛉(トンボ科)いわゆるクルマトンボと呼ばれている、馴染み深いトンボです。
極端に翅を前方へ出しているのは、ヤジロベエのように翅で重心をうまく合わせているのかな。

2006-09-30

ゼンマイ仕掛けの・・・

20060923015302.jpg 20060923015333.jpg

まるでゼンマイのように精緻な造作・・・正体はどんな場所にも必ず姿を見せる「ゲンノショウコ(既出)」の莢がはじけた後の姿です。色も、真鍮か何か金属を思わせる光沢で、まさに職人技かな?
ゲンノショウコは花色の変化も楽しませてくれますが、その莢もキャンドルを思わせ、たくさん集まるとまるでシャンデリア・・・はじけた後も面白く、興味が尽きない。
20060923015422.jpg

2006-09-29

家のド根性くん

20060928221319.jpg

コンクリートの舗装を突き破って咲くラベンダーです。
家のブロック塀の前で撮影・・・近頃何かと話題の「ど根性くん」、こんなのは話題にならないのかな?
20060928221344.jpg

2006-09-29

ミズタマソウの実

20060925222815.jpg 20060925222900.jpg

ミズタマソウ(アカバナ科ミズタマソウ属)
以前にも取り上げたミズタマソウの実です。
薄暗い山道の脇にひっそりとありました。例によって暗いところではピントがなかなか合わず、撮影に苦労しました。


2006-09-29

柿の実

20060928230146.jpg 20060928230212.jpg

当地は太平洋側に位置し、積雪も毎年ごくわずか・・・冬も温暖なことから「北の湘南」と呼ばれて(勝手に自称?)いますが、その証拠に柿の実が立派になります。
先日の台風で少しは落下しましたが、街路樹にはもう“たわわ”に実がなっています。お向かいの家にもたくさん生ってる。赤くなるのは来月のいつごろかな?残念ながらシブ柿ですが、干し柿等に加工すれば食べられます。

2006-09-28

コケオトギリ

20060924202453.jpg

苔弟切(オトギリソウ科ヒメオトギリ属)
草丈は5cmほどで、苔かと思うほど小さい。同じくN大沼公園にて撮影・・・葉っぱが見事に紅葉しているので気付いた。当初、花はないかと思ったが、ごく小さい花(径5mmほど)を発見!しかし、小さすぎてピントが合わない。不鮮明な画像を謹んでお詫びします。ご勘弁を(^^;
20060924202516.jpg

付近には遅咲きのホザキシモツケやアカバナ、エゾリンドウ、ヤマハハコ、ナガボノシロワレモコウ、アキノキリンソウ、水辺にはミゾソバ等のタデ科の花がいろいろ、水面にはコウホネ(葉っぱだけ)なども見られた。
花の観察には大変よい場所なので来年も来たい。

2006-09-28

サワギキョウ

20060924200546.jpg 20060924200522.jpg

沢桔梗(キキョウ科ミゾカクシ属)
T市のN大沼公園散策路にて撮影。本来もっとたくさん花を付けるのであろうが、時期がまだ早いのか1個づつ、2株だけ咲いていた。
N大沼公園の散策路はちょうど尾瀬沼のように木製の渡り廊下が設置されていて、観光客が自然環境を損なわないよう、配慮がされている。大沼と小沼を合わせると相当な距離だが、今回はごく一部のみの散策で終わった。子供のときから知っている場所なのに、全周回った事はない。来年はもっと早い時期に訪れたいものです。

2006-09-27

ナズナ

20060923013159.jpg

薺(アブラナ科ナズナ属)
畑の雑草シリーズその3
9月下旬の今でもナズナの花は見られます。径5mmほどのごく小さな花です。周りに三味線のバチのような実が・・・ペンペングサと呼ばれる所以です。乾燥した実は振るとカラカラと音がするので子供の頃は面白がってこれでよく遊びました。
ひどく荒らされた後の状況を「ペンペングサも生えない」などという慣用表現があるように、どんな痩せた土地にも生える、たくましい生命力の持ち主。

2006-09-27

ネバリノギク

20060922044159.jpg

粘野菊(キク科シオン属)
9月22日の画像です。ノコンギクとはちょっと雰囲気の違う菊が道端に・・・色もやけに濃い紫色・・・舌状花も細いので、すぐに見分けが付く。
ただし、似た種類に「ユウゼンギク」があり、花だけでは見分けが難しい。葉の根元が茎を抱き、触ってみたらざらつかなかったので、一応ネバリノギクとした。

20060922044108.jpg

画像に「クジャクチョウ」や「ヒメアカタテハ」等の蝶がたくさん蜜を吸っているのが見えますか?やはり、風が凪いだ山裾の陽だまりの花の群落には蝶が三々五々、集まって来る。

2006-09-26

サンゴソウにも匹敵?

20060920164614.jpg 20060920164641.jpg

でっかいアカバナを見つけた!
N町の里山風景を撮影していたら、田んぼのあぜ道に・・・ちょうど腰の高さぐらいもある!見事に紅葉してます。もし大群落だったら、まるで能取(ノトロ)湖の「サンゴソウ(アッケシソウ)」なみに見事なのかな?

ちなみにわたくしは「サンゴソウ」を実際に見たことはありません(^^;
妻は実家が近くなので何度も見たことがあると言ってました。
ちょうど今が見ごろらしいです。ぜひ、一度訪れたいものです。

2006-09-26

ウンラン

20060922133737.jpg 20060922133806.jpg

海蘭(ゴマノハグサ科ウンラン属)
アトムの妹、ウランちゃん、じゃなかったウンランちゃん達です。なんとも可愛い黄色い花・・・ランとは言ってもランの仲間ではなく、ゴマノハグサ科・・・JR線路脇にて撮影・・・以前に「イヌゴマ」を撮った場所と同じである。
その時はまったく気がつかなかったのに、今満開(9月20日時点)・・・花の時期は結構長いのかも。色合いは・・・黄色と白の取り合わせが、ちょうど目玉焼きを思わせる。
だから海卵の方が語感がぴったりかな?ちなみにウンランは海辺でよく見られるという。撮影場所は海に近いと言えば近いが、1Kmほど離れている。

2006-09-25

マタタビ

20060924234026.jpg

木天蓼(マタタビ科)の実
9月10日の画像です。
林道の入り口で撮影。3兄弟みたいに仲良く並んでいました。
母親がよく果実酒にしていたのを思い出した。昔、旅人が疲労で倒れた時、このマタタビの実を食べると、元気を取り戻し、また旅を続けられたと、そんな話をよく聞かせてくれたっけ・・・だからマタ・タビ・・・強壮剤になるそうです。

2006-09-25

ツリバナの実

20060918192931.jpg

吊花(ニシキギ科)
羊蹄山のふもと、名水で有名なK町にあるF公園にて撮影。
実はヒロハツリバナ(既出)に大きさ・形とも似ているが、こちらは翼がなく、5裂する。公園樹として広く定着している木・・・本日、高速道路のパーキングにも発見した。
20060924233138.jpg

2006-09-25

コウライテンナンショウの実

20060924235900.jpg 20060918193534.jpg

高麗天南星(サトイモ科テンナンショウ属)の果穂
同じくF公園にて。雌雄異株で、栄養によって雌株にも雄株にもなる。
茎はまだら模様で、別名マムシグサとも言われる所以。赤く目立つので最近、山の斜面等、いろいろなところで目に付く。
20060924235141.jpg

上の画像はT市のN大沼公園内の散策路にて。

2006-09-24

コメナモミ

20060924083020.jpg

小雌生揉(キク科メナモミ属)
ネバリノギクと同じ場所で撮影・・・3裂した舌状花だけ見ると「ハキダメギク」そっくり!花の大きさもほぼ同じだが、しかし周りにトゲトゲだらけのものが放射状に5つ出ている・・・へら状総苞片・・・動物の体に引っ付いて種子を運んでもらう魂胆は見え見え。同じような仕組みの花にオナモミがあるが、形は全く似ていない。
20060924083159.jpg 20060924083227.jpg


コメナモミはメナモミより小型であることから命名された。それなら「姫雌なもみ」でもよかろうに・・・しかし言いにくい名前ではある。
そこで早口言葉を一つ。
「コメナモミ、ヒメメナモミ、メナモミ、オオオナモミ、オナモミ」・・・ちゃんと言えた人はかなり活舌に自信を持ってよい。

2006-09-24

ヤマハッカ

またまた、見たことのないシソ科の花の大群落を発見!喜び勇んで葉っぱをちょっと千切って匂いを嗅いで見る・・・あれ?
なんら匂いはせず、ガッカリ!
というワケで、今回は残念ながら芳香を楽しむことはできませんでした(--;

20060921131153.jpg 20060923232050.jpg

山薄荷(シソ科ハッカ属)
和薄荷、西洋薄荷に続いて、ハッカ・シリーズ第3弾です。


撮影場所は丘の上にある墓地へ向かう農道の山陰・・・この花はなぜか日当りの悪いところがお好きなようです。薄暗いので撮影には苦労しました。なぞめいた雰囲気がこの清楚な花にはお似合いかな?
20060921131240.jpg 
薄紫色の花をよく見ると花冠が5裂していて、ちょっと変わった形をしている。

2006-09-24

オオイヌタデ

20060923232936.jpg 20060923233001.jpg

大犬蓼(タデ科イヌタデ属)
墓地を抜けてさらに山道を行くと畑が・・・かぼちゃドロボウと間違えられないよう気を使いながら、畑のわきの道端で撮影。草丈は1mを超える・・・先日のオオケタデよりは小さいが、イヌタデよりははるかに大きい!

2006-09-23

ホオズキ

20060922023524.jpg 20060922023608.jpg

酸漿(ナス科ホオズキ属)
花は見逃してしまいましたが、白い花が咲くそうです。
ちょうど今頃から実が赤く熟して、見ごろとなります。
山裾の道端にて撮影。そばにキリギリス(・・・多分)の幼体が・・・秋も深まってきました。

そういえば、昔、このホオズキの殻の中の種が入ってる小さな袋を、口の中で膨らませ、キュッだったか、何かそんな音をさせて鳴らす素朴な遊びがあったっけ・・・当時、女の子はみんなそんな遊びをしていた記憶がある。ちなみに私は何度やってもその袋が破けてしまい、うまくできなかった・・・あの音も、もう聞くことはないのかな?・・・今の子はもう知らないでしょうね。赤い球形の袋の中の種がエラく苦かった思い出がある。

2006-09-23

ミゾソバ

20060920215917.jpg

溝蕎麦(タデ科イヌタデ属)
以前にも取り上げましたが、ちょうど5弁の薄ピンクの花びら(と見えるのは実は顎)が満開の時期・・・ピンクの花があまりにもカワイイので(^^)/
例によってN町の田んぼの用水路にて撮影しました。

2006-09-23

マツバボタン

20060922162433.jpg 20060922162456.jpg

松葉牡丹(スベリヒユ科スベリヒユ属)別名ポーチュラカ

スベリヒユつながりで、園芸種ですがマツバボタンの画像です。
約一月ほど前(8月24日)の画像で失礼・・・普通に野菜畑の中の空き地にありました。遠目には「ハマナスかな?」と、近づいてみたら目にも鮮やかな「マツバボタン」の大輪の花でした。すぐ隣にはスベリヒユの葉っぱが・・・「マツバ・・」の方が少し細いだけで、クリソツ!
「スベリ・・」のジミ~な、ちっこい黄色い花と比べると、なんとも気恥ずかしいほどあでやかですね!
ところで「マツバ・・」の茎や葉っぱも食べられるのかな?素朴な疑問でした(^^;

2006-09-22

スベリヒユ

20060922020054.jpg

滑莧(スベリヒユ科スベリヒユ属)
畑の雑草シリーズ1
シャボテンのような多肉質の葉っぱからも想像できるように乾燥に強く、道端、庭先、畑等、どこにでも根を張り、茎は枝分かれして地面を這う。黄色い花を枝の先の腋に付けるが、画像のはまだ小さい。再度取材の要あり。

ちなみに雑草とは言っても、全草まるごと茹でて食用とすることができるそうです。さっそく庭に生えていたのを少量採って来て、塩を一つまみ入れて湯がき、削り節をまぶして醤油をかけ、食べてみた。
少しは苦味があるかと思いきや、まったくクセがない!
あまりに淡白な味なので“お浸し”はもちろん、“酢味噌和え”なんかに向くそうです。

2006-09-22

ハイミチヤナギ

20060916033619.jpg

這道柳(タデ科ミチヤナギ属)
畑の雑草シリーズ2
道端で撮影・・・近くに跋扈していたスベリヒユと同じく、昔からおなじみの雑草の代表で、誰も注目しない。が、目を凝らしてみると大きさ数ミリの5弁のかわいい白い花が咲いている。
葉っぱの形から道端に生えるヤナギと命名された・・・確かに多肉質の葉に特徴がある。

2006-09-22

オオケタデ

20060917082441.jpg 20060917082515.jpg

大毛蓼(タデ科イヌタデ属)
国道沿いの民家の庭で撮影・・・タデとは思えぬ異様な大きさ!わたくしの身長以上ある・・・2m近い。そばにはギボウシの巨大な葉っぱも。

当初、オオイヌタデかと思いましたが、葉っぱがもっと幅広いのでこちらかな?しかし、“毛タデ”と言っても毛は見当たらぬ・・・?
タデ科も種類が多いが、これはインド、中国原産だそうです。

2006-09-21

キンエノコロ

20060917083829.jpg

金狗子(イネ科エノコログサ属)
エノコロ、イヌコロ・・・すなわち犬のこと。花の穂が犬の尻尾のようなのでこの名・・・今の時期、黄金色をしていてよく目に付く。よく見るとさらに先っぽに尻尾が見える?


2006-09-21

シャボン玉

20060917201527.jpg 20060917201604.jpg

なんともフシギな雰囲気・・・まるでシャボン玉をつけた枝みたいな幻想的な光景です。
路傍の、何ということもない雑草が見せてくれる醍醐味・・・新発見です。

20060917201628.jpg

正体はトゲチシャ(キク科アキノノゲシ属)です。以前にも取り上げた、たくましい生命力の植物です。
もともと一つ一つの舌状花が少ないので、それが綿毛になると透明な球体のように見える。

2006-09-20

ベニシジミの恋

ベニシジミ(既出)もこちらではよく見られる蝶ですが、例のノコンギクの大群落の陽だまりにも、クジャクチョウや他の蝶とともに訪れていました。蝶の仲間は皆、平和主義者なのか、特に縄張り争いをすることもなく、それぞれがお気に入りのノコンギクの花の蜜を吸っている。
20060919222630.jpg 
メスの後を追いかけるオス・・・かなり羽が千切れてくたびれている・・・それでも一生懸命、笹の葉っぱの上を追いかける・・・なんとも切ない場面ですね。
20060919222655.jpg

よく見るとメスもかなり翅が痛んでます。春先から何とかこの時期まで生き延びてきた蝶たちに着替えはない・・・もちろん命の着替えもなく、今年限りの命です。
20060919222723.jpg

あら、フラれちゃったかな?

2006-09-20

ヒョウモンチョウ

20060920040552.jpg 20060920040617.jpg

ヒョウモンチョウ
2度目のアップ・・・今度はかなりいいアングルで撮れました。
例のクジャクチョウの大群が蜜を吸っていたノコンギクの大群落の常連の1匹です。他にもヒメアカタテハや、ヒカゲチョウなんかも来てました。前日に観察したときも同じ蝶がそれぞれ一匹づつ・・・翅の痛み方を観察すると、ほぼ同じ・・・常連さんだと思います。つかの間の命・・・何とか鳥やクモに捕食されることなく、寿命を全うして欲しいものです。

2006-09-19

モリアオガエル

20060919165251.jpg

野の花の撮影をしているとよく出会うのが、カエルとクモ・・・
イタドリの葉っぱの上で、うららかな陽射しを浴びて鎮座ましますこのカエル君も、なんとなく微笑ましい。小型のごく普通の種類・・・モリアオガエルかな?

2006-09-19

ナガボノシロワレモコウ

20060916040926.jpg 20060916040902.jpg
長穂白吾亦紅(バラ科ワレモコウ属)
ふと見ると、道端に変わった花序が目に飛び込んで来た・・・当初樹木かと思ったが検索してみると草・・・それにしても名前が長い。

Copyright (C) 天翔りたるものども. All rights reserved. Template by Underground
まとめ