ブログ内検索

2015-05-06

ブンブンワールド全開!

昨日、某CSチャンネルで放映(北海道は2ヶ月遅れ)の麻雀最強位戦2015、女流プロ代表決定戦・桜の陣、予選B組でモーレツな豊後ハリケーンが吹き荒れました。
まさにカッパぎ(掻っ剥ぎ)状態の豊後葵さんの奮戦ぶりをご覧下さい。





豊後葵さんのブンブンハリケーンが炸裂しました!
豪快な闘牌姿勢を観て、一気に豊後ファンが増えたのでは?

それにしても手積みの麻雀ならば、多少はオカルト的な要素も考えられますが、最新の全自動卓でこのような一方的な展開になるのは、なんともフシギな現象です。
運気のやり取り・・・としか考えられないのが、碁や将棋と違って、人々を魅了する麻雀の醍醐味でしょうね(^^)/


スポンサーサイト
2013-02-21

天空麻雀

某BS放送で今年も待望の「天空麻雀」シリーズが放映されています。
天空マージャン
画像は昨年のシリーズのものです。

その11の1回目、まずは女流麻雀プロの予選が始まりました。
メンバーはお馴染みの宮内こずえプロ、和泉由希子プロ、二階堂亜樹プロ、そして天空初出場の新人、最年少の中山奈々美プロで闘牌開始です。

視聴者投票人気トップの二階堂亜樹プロは3連覇がかかっています。
(以下、ネタバレになりますので、未視聴の方はご注意!
近々再放送があります。)


東場は宮内プロと亜樹プロが先行しました。
この二人が予選勝ち抜け(上位2名が決勝進出)、そのまま逃げ切るかと思いきや、勝負は下駄を履くまで分からないものです。

南場に入ってから中山プロの親倍ツモが炸裂、ダントツとなりましたが、このときのツモが凄い!
中盤過ぎの11順目までは一面子もできていなかったのに、12順目にパーピンツモでやっと一面子できてからが、ほとんど無駄ツモなく、間三ソウツモ、リャンワンツモで15順目に2・3・4の三色を聴牌して即リーチし、次順リャンピンを一発でツモり上げて、8,000点オールと、会心の上がりをものにしました。
配牌時には3色のかけらもなかった手が、あれよあれよという間に化け物のような高い手になるのですから、プロの手筋は侮れません。
素人とは見えている次元が違いすぎます。

終盤は和泉プロがじわじわと追い上げて逃げ切り、結局この二人が決勝進出となりました。

いや~、近年稀に見る見ごたえのある名勝負でした。

やはり麻雀にもプロの存在感というのは欠かせないものです。
単なる絵合わせ、博打と考えているそこら辺のド素人に教えてあげたいものです。
小生も学生時代は勉学そっちのけで毎日雀荘に通っていたものですが、足元にも及ばないような技量とマナーには
感服いたします。
学ぶべきものが多々あります。

続きを読む »

Copyright (C) 天翔りたるものども. All rights reserved. Template by Underground
まとめ