ブログ内検索

2017-10-19

COX .051 RC 無事始動しました!

今日も今日とてRC専用飛行場へ日参しました(笑)
フライトにはちょいと不向きな風の強さと、いつもと逆の風向き・・・いわゆる〝やませ”です。

それでもめげずにまずはCOX .051の始動にチャレンジ・・・ウェブ上に、この超小型エンジンの始動のページを見つけて、さっそく実践します。
とはいっても今から50年ほど前にRC飛行機に初めて挑戦した時はエンヤの09TV、2台目が同じくエンヤの15TV、そして3台目がこのCOX TeeDee .051 だったのですから、その時には快調に回った記憶があります。

ところで、手持ちのCOX .051は計3台あります。

COX051 20121019p2

一番奥のがその時の40年ほど前のCOXです。
手前のはその後購入したもので、まだ未始動の置き古し(?)

今回はキャブレター部を、当時のものとそっくり取り換えて、ついでにニードルを向かって右側に移しました。
ペラを思いっきり左下へ打ち下ろす(フリップ)するときに指がニードルにぶつからにようにするためです。

COX051RC 20171019

さ、現場でウェブ上のページ通りにやってみると、何回かの試行錯誤ののち、簡単にかかりました!
ニードル開度は4回転から初めて、甘めに3回転半ほどに絞ります。
燃料はクロッツの20%ニトロメタン含有です。

さっそく風上に向かって手投げで機体を押し出し、快調にフライト開始です。
強風もなんのその、力強く飛んでいます!
排気スロットルですが、ある程度の出力も調整できます(^^;
が、あくまでもこのクラスのエンジンはフルパワーでイグゾーストノートを楽しむものです。
でなければ電動の方が簡単です。
あえて困難に立ち向かって古き良き時代のエンジン機を飛ばすのは、ちょうど電車ではなくSLに魅了される鉄道マニアの心境です。

40年前の青春時代の記憶が鮮やかに蘇ってきました。
当時は全くのオリジナル機を作って搭載し、ろくに飛ばないうちに墜落、破壊を繰り返していたものです(笑)

スポンサーサイト
2017-10-17

なんちゃって「F4Uコルセア」

RC機のフライトは秋の日の澄み切った空気の下、絶好の日和に恵まれて、ここのところほぼ毎週のように飛ばし込んでいます。
ただ、滑走路が使えるのも、あとひと月ほどかな?
冬期になれば積雪と融雪を繰り返して路面がグチャグチャになるので、ランディングギヤ装着の機体は飛ばせません。
当地はそれほど積雪もないので、ソリを付けてのフライトもままなりません。

ところで、しばらく製作からは遠ざかってしまいました。
で、これからのシーズンに備えて1機を製作することにしました。
胴体着陸仕様の小型機の出番です。
手投げで発進し、適当な草むらに胴着させればフルシーズン、楽しめます。
今回の機体は07クラスのエンジン機「F4U コルセア」です。

コルセア20171013

逆ガル翼の特徴的な機体なので、以前から飛ばしてみたい機種の一つでした。
ただし本格的な大型機では、価格はもちろんですが、引き込み脚やフラップ等の複雑な機構に、ハードルが高く尻込みしてしまいます。
お手軽な発泡翼で定評のあるシンプルシリーズ・・・キットのメーカーは米国のエース社で、胴体はバルサ、主翼は発泡スチロールにフィルムを貼るタイプです。
幸い、手持ちにコルセアブルーのフィルムがあるので、カウル(エンビ?)の塗装に手こずらなければ、それなりのスケール機っぽくなるでしょう。
エンジンは始動性、静粛性と信頼性で定評のあるサンダータイガーのGP07です。

gp0720171013

ちなみに以前にこの社のキットをすでに2機作っています。
バイプレーンの「アルチメイト」と「P-51マスタング」です。
どちらも飛ばしやすく、意外に発泡スチロール翼にフィルム貼りの主翼が長持ちするのでお気に入りの機体です。
先日はP-51の主翼をうっかり踏ん付けてしまいましたが、変形や折損もなく、全く問題なくフライトを続けています(^^;

まずは、胴体から作ります。

コルセア20171013p2

側板を2枚、歪み、ネジレがないように組み立てていきます。
面積の広い部分はタイトボンドで貼り合わせ、パーツによってシュンカンやエポキシを使い分けて接着します。

興味深いのは逆ガルのエルロンの操作です。
現今ならばサーボを2個使ってそれぞれのエルロンを動かせば済みますが、設計が1997年ですので当然中央にサーボを置いてワイヤーで両翼のエルロンを操作します。

こるせあ0171013p3

さ、問題なく作業が進むかはお楽しみに(笑)

(つづく)

2017-10-17

小さいものクラブ

このところ、ほぼ毎週のようにRCフライトに出かけていますが、本日は風も凪いだので、極小エンジン機の虫干しです(^^;

飛行場20171017 小さいもの20171017

機材はブンケンの「SKY STORK」にチェコ製のMP ジェット06搭載

MPジェット20171017

バウムシュタットの電動「クルーザー」を改造した自作オリジナルエンジン機「クルーザーV」にサンダータイガー製のGP07搭載

サンダータイガー07

エース社の「P-51マスタング」にCOX Tee Dee061RC」を搭載

COX051 20171017

オークションで入手した、今回初始動のCOX 以外は、ほぼ一発始動で、いずれも快調なフライトを披露してくれました。

しかし悪戦苦闘してもCOXは結局始動せず・・・何が原因かわかりません(^^;
チョークした分はプルルと回転するのですが、あとが続きません。
燃料なのか、ニードル開度なのか・・・度重なるクランクの末、腕が痛くなってきたので今回は断念し、次回のお楽しみとします。

さて今回、小型機には必需品の機体発見ブザーを持参した機体全機に標準装備しました。

機体発見ブザー20171017

受信機とエルロンコネクターの間に繋ぐだけ・・・ホビキンで1個500円ほどで入手できますので、ぜひ皆さんも大切な機体を紛失する前に搭載をおススメします(^^;

2017-09-06

4スト三兄弟、そろい踏み

本日は風が少々強いものの、気温がぐんぐん上昇し、ここ太平洋側は時ならぬ残暑となりました。
夏雲が沸いて、気温は30℃近くにもなり、まるで夏に逆戻りのような天気です。
はやる気持ちに逆らえず、例によってRC専用エアフィールドに出かけました。

4スト三兄弟20170906

風はあいにく”やませ”で、いつもの南風とは逆でしたが、勇気をふるってまずはFS40搭載の「SUPER S」からフライトです。
心配をよそに、機体が大きいので風には強く、安定した姿勢で飛んでくれました。
着陸はいつもと逆の進入路なので気を使います。
進入コースの手前に樹林帯があるので、高度を錯覚しないよう、細心の注意が必要です。
しかし、向かい風が強いのが幸いして、まるでホバリングのようにスーッと滑走路上に垂直降下してそのまま接地し、無事タキシングで手元まで寄せました。

SAITOのFA-30搭載の「SPORTSMAN 25」も一回り小ぶりですが、元気に飛び回って、やはりホバリング状態で接地です。

4スト三兄弟20170906p2

OSのFS26搭載の高翼の「MAMBO」は、浮きが良すぎるので、さすがにこの風ではムリかな?
自重して今回のフライトは断念し、顔見世の記念撮影だけとしました。

4スト20170906

やれ、やれ、今回は重大インシデントもなく、4ストの魅力にドップリとはまって、ゴキゲンで飛行場を後にしました。
めでたし、めでたし(^^;

2017-09-04

SAITO 4ストエンジン FA30 初始動!

SAITOから、絶版だった4ストエンジン「FA30」が限定復刻販売されました。
早速入手して、手持ちの機体に積んでみました。
パワー的には2ストの20クラスに相当します。

できればスケール機に搭載したいのですが・・・肝心の機体がありません(^^;
とりあえず手持ちのOK製「SPORTSMAN 25S」をエンジンテストベンチ代わりにして載せてみました。
嬉しいことに、マウントサイズはOSの25FPと同サイズなので、グラスナイロン製のラジアルマウントがネジ穴を修正することなく、そのまま使えます。
重さはOSの25FPがマフラー込みで約256g、片やSAITO FA-30は同じく270gほどと、20gほどの重量増加で済みます。

2ストを取り外して4ストを取り付けると出来上がり・・・?
しかし、例によってスロットルホーンが2ストと逆の左側についているので、OSのFS40の時のように、リンケージを左側に移します。
とはいっても簡単な穴あけ工作等なので、小1時間もあれば終了します。

サイトー20170904

さ、例のRC専用エアフィールドに持ち込んで、いよいよ初始動です!
緊張感が走ります!
ニードルを2回転半ほど開けて燃料をチョークしてやり、ブースターを繋ぎ、中スローでスターターを軽く回してやると、なんと1発始動です!
感動する間もなく、最スロー(アイドリング)をプロポ側で設定します。
安定して回るまで、入念にスロットルのストロークを調整して、いったんハイに固定したまま受信機のスイッチを切り、ブレークイン開始です。
ニードルを大甘にして2タンク分、地上運転します。
ちなみにペラは10×6インチです。

サイトー20170904p2

ブレークインが済んだら、いよいよフライトです。
この機体は数年前に格安で落札した25年以上前のシロモノ・・・当時のEZ 機、所謂ARFです。

フルパワーで地上滑走から力強く上昇していきます。
今のところニードルは甘めなので本来の最高出力というわけにはいきませんが、25クラス2ストと比べても遜色ない
パワーと感じました。

スロットルのレスポンスも良好で、小生のようなヘボ操縦者にとっては特段不都合を感じません(笑)

本日は風もなく穏やかな青空の下で、背面やエルロンロール、宙返り(正宙・逆宙)、インメルマンターン、スプリットS等をこなして、都合3回ほどフライトしました。
何より排気音が4スト独特のモノがあり、最スローでは止まっているかのように静かで、2ストの甲高い音と比べると、大人の雰囲気です。
シビレました!

動画です。


無骨な印象があったSAITOエンジンですが、意外に繊細な仕上がりと、思った以上に軽量でパワフルなエンジンです。
始動がうまくいったのでゴキゲンな一日でした。

2017-08-02

ロングノーズ「落日号」のフライト

今日も今日とて、日参するのは例のRC専用滑空場です。
久しぶりにプッシャー、双ブーム構造の長鼻の「落日号」を持ち込んで、ソアリングと洒落込みました。

サンセッター20170802

ヒロボーの機体はオリジナルのままでは、どうしてもテールヘビーになりやすいので、ノーズ部を7cmほど延長してあります。
したがって搭載するバッテリーは3セル1,000mAhタイプでちょうどCGが合い、絶好の滑空比を得られます。
幸いにして本日はほぼ無風のコンディション、おまけに青空と雲の配置から、サーマル発生の好条件がそろっていました。
かつて経験したことのないほど、バブル状の熱上昇風が飛行場上空で発生し、いつもより楽々とサーマルに乗せることができました。

サンセッター20170802p2

「サンセッター」は、翼型はクラークY類似、構造も平凡で軽量化されておらず、決して浮きのよい機体ではないのですが、ペラを止めて思う存分視界の届くところまで高く上げ、まさに糸なし凧揚げ・・・ゴキゲンです(^^)/

2017-07-24

4ストエンジンの積み替え(フライト大成功!)

OS のFS40に積み替えた「スーパーS」のフライトを本日決行してまいりました。
一時の猛暑から涼しくなったものの、こちら太平洋側は西日が当たる関係で午後3時ごろから最高気温に達します。
幸い本日は風もなく、青空と雲の配置も素晴らしく、絶好のフライト日和でしたので、はやる心を抑えて現場に行きました。
今回はタンクも完璧に整備して順調に始業時点検が進み、いよいよエンジンスタートです。
あっけなく一発始動して、ニードル調整も良好で、スローからハイのレスポンスも全く問題ありませんでした。

FS4020170725.jpg


さっそく滑走路に機体を運び、離陸滑走させます。
全くの無風なので距離は伸びましたが、ちゃんと上昇していきます(^^;
さすがに最大出力は0.65HPなので、2スト40クラスの重い機体が急上昇というわけにはいきませんが、何とか練習機なら
許せる飛行能力と感じました。
やはり4ストの排気音は独特のものがあり、魅了されます。
途中エンストすることもなく、低速の安定と静かさも4ストならではで、楽々と着陸までこなしました。
これからは4ストに嵌まりそうです。
自身、FS26に続いて2台目の所有・・・4ストエンジンにすっかりゴキゲンです(^^)/

こちらはドレスアップした「アトラスポニ-15」です。

アトラス20170724 アトラスポニー20170724

例によってエクセルでロゴをデザインし、透明ラベルにプリンターで印刷しました。
そのままでは燃料がかかるとインクが滲むので、仕上げに透明エンビのスプレーを吹き付けてあります。

また、翼のストライプはこちらの商品を貼りつけました。

テープ20170724

東急ハンズで見つけた、どうやら壁に貼る装飾用テープのようです。
素材は・・・和紙かな?
パステルカラーが豊富に用意されていて、お手軽に貼ったり剥がしたりできます。
1本400円・・・皆さんもいかがですか?

2017-07-23

4ストエンジンの積み替え

中古の4ストエンジンを入手したので、さっそく手持ちの機体に載せてみました。
機体はOKの「スーパーS」で、2年ぶりにプレハブから引っ張り出してきました(^^;
もともとは2ストのOS46LAや40LAを載せていました。
4ストは2ストの1.5倍の排気量が必要とか言われていますので、本来ならばFS60クラスがふさわしいのかな?

今回のは懐かしのOS製 FS40・・・とっくに生産は終了しています。
20年以上は経っていると思われ、マフラーのメッキ部分が真っ赤っか・・・サビが半端ない。
丁寧にコンパウンドで磨いて、何とかみられる状態に・・・あれ?
プレッシャー用のニップルが付いてない!
急遽、手持ちの予備のニップルを付けました。
おまけにグロープラグも付いていない・・・やれやれ・・・ちゃんとしたお店から取り寄せたのに、ガッカリがハンパない。

FS40 20170722

非力な感は否めませんが、ま、飛ぶでしょう(笑)
幸いなことにマウントサイズは40~46LAと同じなので、ラジアルマウントはそのまま使えます。
グラスナイロン製のマウントはタッピングビスでエンジンをネジ止めするだけなのでストレスもたまりません。

ただし、FS40はスロットルホーンが2ストと反対方向に位置するのでリンケージを取り換える工作が必要です。
が、しかし、この工作も「スーパーS」では、エンコンのサーボマウントが左右どちらでも設置可能なように設計されているので、小1時間もあれば終了します。

で、現場に持ち込んでさっそくフライト準備です。
燃料を送り込んで・・・あれ?
一向に満タンにならないなと思ったら、燃料がダダ漏れです(涙)

スーパーS20170722

どうやら機体内の燃料タンクのキャップに問題あり。
キャップを締めるネジが緩んでいました・・・原因はわかりません。
振動によるものなのか経年変化か・・・ここはいったんエンジンを降ろして、タンクを取り換えるに限ります。

それでも諦めきれずにエンジンだけ試運転することにしました。
他の機体から燃料チューブを延長して当該エンジンに繋いで、応急処置し、さっそくエンジンスタートです。
幸い、有能な助手があとから駆けつけてくれましたので、手伝ってもらい本格始動です。
しかし今度は燃料がキャブまで来ません。
チョークバルブを閉じてクランクしても、上がってきません。
気のせいか圧縮も弱い・・・?
助手の助言でプラグを締め直してみると、今度は圧縮もあり、ちゃんと燃料が来ます(^^;
初心者的なミスですね(笑)

ニードル開度は2回転半ほどで、やっと回りました。
ただし、マフラープレッシャーがないので、スロットル全開で最高回転に達することなくエンストしてしまいます。
回転が安定しないので、本日の調整はここまで。

次回は飛ばせるかな?

2017-07-16

「アトラスポニー15」、初フライト大成功!

昨日、猛暑の中、新作機の初フライトを決行してきました。
午前11時にRC専用飛行場に到着、週末とあって誰かメンバーが来ているかなと期待しましたが、例によって人影はゼロ(^^;
午前中とはいえ、早くもジリジリと照り付ける陽射し・・・あまりの猛暑に恐れをなして、二の足を踏んだようです。

アトラスポニー20170715p2

さて、まずは受信機の設定です。
2.4Gプロポなのでバインディングから始めます。
あとは角舵の動作方向と舵角を調整します。
初フライトでは舵角は少なめにし、飛行の様子を見て徐々にカゲキな設定にします(笑)
始業時点検も大切です。
リンケージやストッパー等の、ネジというネジの全ての締まり具合を総点検・・・飛行中にタイヤが外れたり、サーボの動作が伝わらなかったりしたらタイヘンです。
ペラ(8×4)のナットの締まりも最後に確認して、さあいよいよエンジン始動です。
OSの15クラスなので、ニードルの開度は3回転くらい。
燃料をキャブまで導いて、ブースターをプラグに差し込み、スターターを回します。
おお!
なんと一発始動です(^^)/
中古で落札したエンジンは新品同様で、状態は大変良いものです。

アトラスポニー20170715

さ、離陸滑走です。
スルスルと走り出して加速し、あっさりと離陸しました。
少し左に傾くのでエルロントリムで微調節しながら場周飛行を何回か繰り返し、無事着陸させ、手元までタキシング
・・・最高の気分です。
キット到着から約2か月で初フライトまでこぎつけました。
エルロン以外はほとんどトリムを調節する必要がないほど、安定したフライトです。
厚翼なので、スピードこそそれほど出ませんが失速特性は良好で、安心して飛ばせる機体です。


《思い入れの愛機と記念撮影》
まずはクイッキー

クイッキー20170701

こちらはバリビゲン

バリビ20170710

帰途にふと見ると、飛行場近くの畑のわきにエゾクガイソウが咲いていました。
高さは2m以上で、やけに背が高い・・・周りのヨモギに負けまいと背伸びしたようです(笑)
先週は見かけなかったのに・・・この場所では花期はこれからのようです。

クガイソウ20170715

逆光なので、少々画像が見にくいのはご愛敬(^^;

2017-07-13

「アトラス・ポニー15」の組み立て(メカ積み編)

連日30度越えの猛暑で、いささかゲンナリ・・・こんな時はエアコンの効いた涼しい家の中で製作するに限ります。
酷暑の最中に飛行場へ行っても、水もなければ電気もないクラブハウスの中では、熱中症になること必定・・・クワバラ、クワバラ(^^;

何かと当惑することの多い復刻版プロトタイプキットの「アトラスポニー15」の製作過程でしたが、何とかほぼ完成までこぎつけました。
リンケージの様子
エレベーター

エレベーター20170711

ラダー

ラダー20170712

各種サーボなどのメカ積み
中央にエルロンホーンやエルロンサーボがないので、機体内の空間に余裕があるのが翼端エルロンのよいところです。

リンケージ20170712

ラダーとノーズギヤの動作方向に気を付けてリンケージロッドを接続します。

両面テープ20170713

エルロンサーボはシナベニア製のハッチの裏に両面テープで張り付ける方式
イマイチ固定方法に不安はあるものの、設計通りにしました。
両面テープはスリーエムの強力タイプ・・・間違ってもダ○ソーのは使いません(^^;
ちなみにハッチ部分は設計図よりもリブ1区画分内側に移動させてます。
その方がYハーネスやサーボ等のコードも短くでき、また慣性モーメントを考慮して、できるだけ重量物は内側に寄せた方が、エルロンロールの際に、早く回転できます。

サーボ20170713

ホーンをスリットから出してロッドでつなげます。

リンケージ20170713

ハッチは4本のタッピングビスでネジ止めします。

エンジン回り20170713

ほぼ出来上がりました。

機体20170713p3

裏側はこんな感じ

機体20170713p2 機体20170713

あ!
オープンコクピットなのでウィンドシールド(風防)がまだです。
キット同梱の風防用塩ビ板(透明)は、厚い(1mm厚?)上に大きさが足りず、使い物になりません。
それにしても、いくら試作版とはいえ、風防のテンプレートくらい設計図に描いておいてほしいものです。
ここは手持ちのカラー塩ビ(0.4mm厚)を現物合わせで作る他ないようです。

とまれ、涼しい日が到来したら初フライトと洒落込みたいものです。

Copyright (C) 天翔りたるものども. All rights reserved. Template by Underground
まとめ