ブログ内検索

2016-02-19

デントコーン畑のオオハクチョウ



100羽ほどのオオハクチョウたちが、デントコーンの落穂拾いに夢中です。
もしかして茎も立派に餌になるのかな?
それにしても離陸着陸に、かなりの滑走距離が必要な重量級の白鳥さんたち、尖った茎の先には気をつけてね!
うっかり水掻きや羽を引っ掛けたら大怪我・・・タイヘンです(^^;

スポンサーサイト
2016-02-01

コハクチョウ君(ちゃん?)

ハムスターを飼い始めてからは、すっかりお見限りの白鳥さんたちですが、本年も地元のO流川の河岸にオオハクチョウを観察に何回か訪れています。

オオハクチョウ160201p2

外気温はマイナス5℃なれど、本日も晴天なり。
風もなく、絶好の給餌日和です。
10羽ほどの白鳥さんたちに妻と二人で食パンを千切って投げ与えました。
いつもはお邪魔虫のオオセグロカモメもカラスも、今日はなぜかいないので勿怪の幸い(?)

オオハクチョウ160201

川の上空に、相変わらず蜘蛛の巣のように縦横に張り巡らされた高圧送電線に衝突するなどして傷ついた白鳥がほとんどです。
幼鳥を含めて他にもたくさんいるはずですが、健常な白鳥たちは何処かよそへ餌を探しに行っているのか、不在です。
傷ついた残留組に、以前は一羽、一羽にニックネームを付けていたのですが、すでに代替わりして久しく、見知った顔のは
一羽もいません。

怪我160201 オオハクチョウ160201p3

中州で動けないのは、どうやら脚を骨折しているようです。

怪我160201p2

思い起こせばユカリンやカオリンとかは陸に上がって、首を長くして(?)待っていてくれていたものですが・・・淋しいです(涙)
迷わず成仏してくれているかな・・・短い寿命を全うしたハムスターたちと一緒に、あの世で再会できればと、願うばかりです。

その中でも、ひときわ小柄な白鳥が一羽・・・?

コハクチョウ160201

久しぶりにコハクチョウ君に会えました。
数年前に遇った同じ個体かな?

コハクチョウ160201p2

アン(アンバー君)だとすれば奇跡ですが、まさかね?

2013-01-27

ヤコブ君に再会!

本日は晴天でした。
久しぶりに地元のO流川に行き、オオハクチョウに給餌してきました。
メンバーは変われど、10羽ほどが逗留していました。

ヤコブ君13・1・27p2

その中に・・・おや?
あれはヤコブ君(ちゃん?)ぢゃないですか!

ヤコブ君13・1・27

これで何年目かな?
毎年忘れずに元気で、この貧乏川を訪れてくれているとは、嬉しい限り!

その後、妻と一緒にもう一箇所の白鳥飛来地、U珠湾に向かいました。
ここにもやはり10羽ほどが逗留中でした。
有珠湾13・1・27

方策なくパン屑を放り投げると、すばしこいオオセグロカモメに、十中八九カッさらわれてしまうので、用心深く直接手から白鳥たちに給餌します。

有珠湾13・1・27p2

白鳥さんたちも馴れたものです。

2012-11-03

コムケ湖のフラミンゴを探して

地元のO流川にコムケ湖から姿を消したフラミンゴが来ていないかな?
と、例によって残留組のオオハクチョウたちに会いに出かけました。
オオハクチョウ12・11・2

5羽がこちらの姿を見つけて早速やってきます。
何の警戒心もなく、手元からパン屑をもらうことに慣れきっています。
すっかりご無沙汰していましたが、傷ついたオオハクチョウたちは、しっかり私の顔を覚えていてくれました。
オオハクチョウ12・11・2p2

おや?
あの顔はヒロミかな?
ヒロミ?12・11・2
ビジョンのない護岸工事ですっかり貧乏川になってしまったこの川でも、元気になんとか暮らしていたようです。

残念ながらフラミンゴはこの日は見つけられませんでした。
北糖12・11・2
冬季になるとビートの搾りカスの産廃で、地元に悪臭を撒き散らす、悪名高い北海道製糖・・・関係者、出てこい、コノヤロー!

 パイプライン12・11・2
火力発電所のためのパイプライン

オオハクチョウの大群は、これから続々と飛来してくるでしょう。
その中に是非ともフラミンゴの姿を見つけたいものです。

2012-02-11

コブハクチョウ?

厳寒期の本日、地元のドブ川、住宅街のど真ん中のS川にオオハクチョウが来てます。
まさに「掃き溜めに鶴」ならぬ、白鳥です。
白鳥12・2・11p4

ところでその中の1羽の頭にコブが…送電線にでもぶつけたのかな?
白鳥12・2・11p2

こちらは母親のようにカルガモをやさしく見守る白鳥さん…カモたちも白鳥と一緒だと安心…いきなり散弾銃でズドンとやられる心配がない上に、たまには餌も貰えるもんネ!
白鳥12・2・11
「ほらほら、坊やたち、あまり遠くまで出かけちゃだめよ!」

2012-01-01

2012年、オオハクチョウ DE おめでとう!

2012年も明けましておめでとうございます。

さっそく地元のO流川の取材・・・オオハクチョウたちのめでたい(?)画像です。
 オオハクチョウ2012 オオハクチョウ2011・12・31 オオハクチョウ2011・12・31p2
総勢30羽以上がこの川で越冬のようです。
画像の左側にもたくさんのオオハクチョウがいました。
オオハクチョウ2012p2 
この日は幼鳥がたった1羽のみ・・・ちょっとさみしい(^^;
オオハクチョウ2012p3
それにしてもユカリン、カオリン、ヒロミなどの顔なじみの姿が見られないのが心残りです。

2011-03-29

N気別川のオオハクチョウ

久しぶりにT浦町の温泉「しおさい」に行って来ました。大震災当日やその後数日間は、たぶん臨時休業していたと思われます。
しおさい110327
何せ海岸に隣接しているので、津波があったらひとたまりもない立地条件です。
この日はそんな心配の気配もなく、ゆったりと湯船に浸かって極楽気分を堪能することができました。

ところで、近くのN気別川の傷付いたオオハクチョウ2羽は元気でした。
年に数度しかこの川には給餌に来ないので、さすがに向こうもこちらの顔を覚えていません。
オオハクチョウ110327 オオハクチョウ110327p3
「あんた、誰?いつもパン屑をくれる“をぢさん”と違うネ?」てな顔でこちらをじっと見つめていて警戒しています。
「どうしたんだよう、おいらの顔を忘れたのかよう!」
奴らの名前はカトリーヌとフランソワ…だったかな?
以前にも2羽のことをアップしたはずですが…こちらも名前を覚えていない…おあいこですね(^^;

カルガモも白鳥さんと一緒だと安心できるのか、いつも傍に居ます。
オオハクチョウ110327p2 カルガモ110327
「みんな、気をつけて遊ぶのよ!」…まるでお母さんのようですね。

ちなみに過去ログのN気別川の2羽の記事はこちらです。
あの時の2羽なのかな、やっぱり?あの時来ていた“小父さん”もまだ元気に日参しているのだらうか?

2011-01-27

白鳥戦線、本日も異状なし

マスコミで盛んに鳥インフルの話題が喧伝されていますが、当地のO流川はどうでしょうか?
快晴の本日、さっそく視察に行きました。

有珠山&昭和新山110127 オオハクチョウ110127 オオハクチョウ110127p2
当地に逗留している約30羽のオオハクチョウたちに異状は見られません。
もちろん他の野鳥たちもすこぶる元気でしたので、ホッと一安心。

チュウサギ?110127
対岸でこちらを警戒して様子を伺っているのはダイサギ、またはチュウサギかな?
白鳥さんたちと違って、彼らは決して人間に気を許しません。

ついでに帰途、同じく近所のSミチセ川を覗いてきましたが、、とくに変わった様子は見られませんのでご安心を。
カワアイサ110127 コガモ110127
いつものところにカルガモ、カワアイサ、コガモたちがそれぞれお気に入りの場所でお昼寝の最中でした。

ところでO流川で、またオジロワシを見かけました。
残念ながらカメラを向けたときには、まさにサーマル(上昇気流)に乗っかってグングン上昇中で、あまりにも距離が遠すぎ、不鮮明な画像で失礼します。
オジロワシ110127 オジロワシ110127p2 オジロワシ110127p3
確認できたところでは3羽がソアリングしていました。

2011-01-21

もって瞑すべし

yukarin091023.jpg
傷ついた白鳥さんのユカリンを見かけなくなってからちょうど1年・・・やはりひっそりと何処かで冷たくなってしまったのでしょうか。
あまりにも人に馴れ過ぎて、人を信頼しすぎたのか、それとも凍てついた厳寒期を傷ついた身体では乗り切れなかったのか・・・それにしても可哀相なユカリンやカオリンたち・・・小生の余生よりはずっと長い寿命と信じていた彼女らも・・・できれば家に連れて帰りたかった・・・もって瞑すべし。

オオハクチョウ110116 オオハクチョウ110116p2 オオハクチョウ110116p3
先日訪れたU珠湾にも脚や羽を怪我して二度と飛び立てない白鳥さんたちがたくさんいました。
「星の流れに身をうらなって どこをねぐらの今日の宿 こんな白鳥に誰がした」・・・罪作りな話です。

2011-01-09

本日のO流川

昨日も訪れたO流川に今日も行ってきました。
着いたのは午前10時半ごろ…まだ白鳥さんたち、寝てました。意外にもお寝坊さんです。
ヒシクイ110109p3
遠くの方でオオハクチョウに混じって昨日見かけたヒシクイさんも寝てます。
まるで親子のように仲良く(^^;
ヒシクイ110109p5
「ほらほら、坊や、段差があるから気をつけるのよ!」
ヒシクイ110109p2 ヒシクイ110109p6
「待って、お母さん。やっぱり氷の上はツルツル滑るよ~!」

オオハクチョウ110109p4
真ん中のちょっと小柄なのがコハクチョウです…お分かりでしょうか?
奇しくも今日は小生のウン回目の誕生日です。
オオハクチョウ110109p2 オオハクチョウ110109p1
オオハクチョウさん、
コハクチョウ110109p2
コハクチョウさん、
ヒシクイ110109p4
今日もこの地で逗留しているヒシクイさんたちが、「お誕生日おめでたう!」と言ってくれました…妄想かな(^^;

Copyright (C) 天翔りたるものども. All rights reserved. Template by Underground
まとめ