FC2ブログ

姫フロウ?

VOWネタ
06 /03 2019
本日もいそいそとRC専用エアフィールドに出かけました。
が、現地に到着してみると風が思ったより強く、しかもいつもと逆・・・いわゆる”やませ”なので、小生の場合、いい思い出がない(^^;
滑走路から離着陸する方向が、逆というのは何かとトラブルの元・・・機体を墜落させたり、立木にひっかけたり、最悪行方不明になった記憶が蘇ります(?)
しかも下の畑ではお百姓さんが農作業中・・・剣呑、剣呑でいけない!
結局フライトはいさぎよく諦めて帰宅しました。
それにしても相変わらずH氏が先客で、全く風向きなど意に介さず自分の機体のフライトに夢中です(^^;
羨ましいやら、呆れるやら・・・シッポを巻いて退散・・・キャイ~ン!

さて、フライトに不向きの日は、やはり野の花の撮影に限ります。

オドリコソウ2019-0603p2 オドリコソウ20190603 オドリコソウ20190603p3

善光寺のオドリコソウです。
花期は今盛り・・・ここでは半日陰のところに咲いています。

ところで近くの道の駅では山野草を販売していますが

姫フウロ20190603

名前がなんかヘン・・・?

姫フウロ20190603p2

姫フロウ・・・姫不老?
なわけはなく、姫フウロ(姫風露)の間違いでしょう・・・お店の人がうっかり間違えたのかな(笑)
久し振りのVOWネタです。
スポンサーサイト

スカイマンボウのエンジン換装

R/C(ラジコン飛行機)
06 /01 2019
本日も風が弱く、雲の配置もちょうどよい塩梅で、絶好のフライト日和です。
今日も今日とて日参するのはRC飛行場です。
例によって先客はH氏・・・気象条件の良い日には必ず姿を見かけるので、その熱心さには根負けします(^^;

IMG_3635_201906012124209fc.jpg

さて、エンジンをJUNの25SRに換装したスカイマンボウです。

IMG_3636.jpg IMG_3640_20190601213227e96.jpg

ちなみに、このエンジンは簡単に後方リモートニードルもチョイスできるようにパーツが同梱されていますが、ラジアルマウントの関係でエンジン後方にスペースの余裕がなく、今回は前方ニードルを採用いたしました。
新品のエンジンなので、とりあえず甘めのニードル開度で1タンク分のブレークインを実施したのち、いざフライト!
さすがにベアリング入りのエンジンは快調に回っています。
ペラは9×6なので、かなりのスピードでカッ飛びます(笑)
今回はでんぐりかえることもなくスムーズに着陸できて、ホッと一安心です(^^;

IMG_3644.jpg

今回は変形機ばかり集めてフライトしました。

IMG_3646.jpg

風は終始弱く、飛ばしやすい一日でした。
下の畑にお百姓さんもいなくて、重大インシデント(?)に遭遇することもなく、めでたしめでたし!

そういえばあの仔ギツネくんは元気かな?






めっちゃ上天気!

R/C(ラジコン飛行機)
05 /25 2019
本日5月25日は晴天ほぼ無風と、めちゃくちゃ良い天気でしたので、早速午前中から例のRC専用飛行場へ出かけました。
誰か来ているかなと、混雑を予想していましたが、例によって姜尚中・・・じゃなかった、閑散でした(^^;
それでも久しぶりにヘリ専門のY氏が来ていました。

飛行場20190525

あとは常連のH氏と最後まで3名のみ・・・ま、空域がどうのこうのと、うるさい人がいなかったは勿怪の幸い(?)
下の畑に農家の人もいなくて、割と気軽にフライトできました。

セダクション20190525

まずは先日レストアが終わった「セダクション 100」です。
昨年秋にエレベーターサーボの外れが原因で真っ逆さまに地面と激突し、ノーズ部が大破して修理が延び延びになっていた機体です。

セダクション20190525p2

その際、OS15LAエンジンもニードル周りのプラ部品が吹っ飛んだので、メーカーから補修パーツを取り寄せてレストアしてあります。
レストア後の初運転・・・何事もなくエンジンは快調に回っています。
修理後の初フライトはカッ飛び系のスリル溢れる飛びでスピード感を堪能いたしました・・・が、なんかクセがひどい・・・?
着陸させて、よく点検するとなんと!
スタビライザー(水平尾翼)の接着が剥がれて、外れている状態(^^;
それで挙動がイマイチだったのか!
フライト中にフラッター等の振動で剥がれたのか、搬送中に何かにぶつけて剥がれたのか・・・何にしても無事着陸できたのは不幸中の幸いです。
原因は不明ですが、事前の点検が大事ですね(笑)

ロングイージー20190525 ロングイージー20190525p2
 
あとは電動機の「Long-EZ」で電動パワーを楽しみました。

子狐20190525p2

H氏に教えてもらって、近くにキツネがいるとのこと。

子狐20190525

可愛い仔ギツネが健気に母親の帰りを待っていました!
ゆくりなくもキタキツネに会えて僥倖、僥倖!

さて、帰りにもらった牡丹餅を食べるとするか・・・やややっ?
牡丹餅だと思っていたのは・・・?
くれぐれもキツネに化かされることのないように、眉に唾を付けて帰宅いたしました(笑)

スカイマンボウでも食らえ!

R/C(ラジコン飛行機)
05 /07 2019
5月5日のフライトの続きです。
エンジン機の〆は「スカイマンボウ25」です。
失速するとフラットスピンに入る妙なクセがありますが、スピードを殺さないように気を付けていれば大丈夫(^^;
カッ飛び系の爽快なフライトが楽しめます。

助手の撮影も段々慣れてきて迫力ある画像が撮れました!

マンボウ20190505p4 マンボウ20190505p5m マンボウ20190505p6 マンボウ20190505p7 マンボウ20190505p8 マンボウ20190505p9 マンボウ320190505p10 マンボウ20190505 マンボウ20190505p2 マンボウ20190505p3

各種の演技を終えて着陸体勢に入ります。

マンボウ20190505p12 マンボウ20190505p14 マンボウ20190505p15 マンボウ20190505p16

おっとっとっと!

マンボウ20190505p18

最後はご愛敬・・・つんのめって、でんぐり返し(^^;

本日も晴天なり(その2)

R/C(ラジコン飛行機)
05 /06 2019
可愛いサイズの自作電動機を、思う存分澄み切った青空に遊ばせると、スカッとします(^^)/
日頃のストレスからしばし解放されて、まさにクリエイティブなRC模型飛行機の醍醐味がここにあり!

以前にも申し上げましたが、高速で3次元空間を飛翔する物体の制御は、機体の姿勢やスピードや風の向きと強さなど、刻々と変わる位置情報を瞬時に判断する高度な動体予測能力を鍛え、ともすれば加齢により劣化する脳の活性化を促して、認知症予防に絶大な効果あり・・・?
かどうかはわかりませんが、実に最高の趣味だなと自画自賛してしまいます。

さ、電動機の次はグローエンジン機です。
環境が許さないせいか、それともお手軽なせいか、最近は右を向いても左を向いても、どこもかしこも、どいつもこいつも電動機野郎ばかりです(^^;
すっかりエンジン機の肩身が狭くなってしまいましたが、
やはり迫力はエンジン機にかないません。

眼前を轟音を立てて
猛スピードで通過する姿は何物にも代えがたい魅力です。
てなわけで「テンペスト30」のフライトです。

テンペスト20190505 テンペスト20190505p2 テンペスト20190505p3 テンペスト20190505p4 テンペスト20190505p5 テンペスト20190505p6 

ロールから背面飛行に

背面20190505 テンペスト20190505p8 テンペスト20190505p9 テンペスト20190505p10 テンペスト20190505p11 テンペスト20190505p12 テンペスト20190505p13 テンペスト20190505p14 テンペスト20190505p15 テンペスト20190505p16 着陸20190505 着陸20190505p2

インメルマンターン、スプリットS、横転、宙返り等の演技は全くヘタクソですが、今更腕前が上達するわけもなく(^^;
それでも「テンペスト30」を、なんとか無事着陸させて手元までタキシングできました!

(さらにつづく)

本日も晴天なり!

R/C(ラジコン飛行機)
05 /05 2019
昨日に続いて本日も絶好のフライト日和でしたので老骨に鞭打って(?)午後からRC専用飛行場に出かけました。
午後1時を過ぎていたので、会員の皆さんはとっくにお帰りかと思ったのですが、なんとまだ数名が残っていました。
う~む、これはまた下手に飛ばすと、空域がどうのこうのと、注文が付くかな(^^;

今日は助手を連れて行ったので、彼に撮影を頼みました。
何はともあれ、たくさん撮ってもらったのでブログにアップします。

ロンバス20190505

まずは菱形翼の「RHOMBUS」のフライト
相変わらずスピードに乗ったキレッキレのフライトで青空を切り裂くようにカッ飛びます。

ロンバス20190505p2

晴天なのでピーカンで機影をとらえています。

メガネウラ20190505

次は「メガネウラ ネオ」のフライト

アカトンボ20190505p4 アカトンボ20190505 アカトンボ20190505p3 

下から見ると愛くるしい赤トンボです(^^;

メガネウラ20190505p2

熱上昇風もあり、上空でペラを止めても長い間滞空していました。
まさにグライダー感覚で飛ばせ、安定の良さは抜群です。

さ、次はいよいよエンジン機の出番です。
さいわいにも、さっきまでいた常連のメンバーも帰途について、飛行場は貸し切り状態(?)

(つづく)

久し振りの晴天!

R/C(ラジコン飛行機)
05 /04 2019
10連休中のひどく寒くて雨模様の、ぐずついていた天候(これを冷和冷え、もとい令和冷えといいます・・・?)もやっと終了して、本日は快晴で風も弱く、気温もぐんぐん上昇して20℃を超え、絶好のフライト日和となりました。

さっそく午前中からRC専用飛行場へいそいそと出かけました。
先客はO氏のみでしたが、あとからH氏も到着して、3名でのフライトとなりました。

快晴20190504

小生は例によって「テンペスト30」のエンジン機を調整です。

テンペスト20190504

前回のフライトで途中からエンジンの調子が急に悪くなり、エンストで3回も不時着の憂き目に遭いました(^^;
さいわい3回とも獲得高度が十分でしたので、滑空で滑走路に無事滑り込んで事なきを得ましたが、原因は不明・・・ニードル調節でも回復せず、思い切って今回はエンジンを換装いたしました。

25FX20190504p2 25FX20190504

前回はOSの25SF(ユーズド)だったのを後方ニードルのOS25FXにしました。
今は亡きMK製の「アストロ25」に積んでたエンジンですが、新品同様・・・さすがにベアリング入りのFXは回転も滑らかで、ほとんど振動も感じられません。
25SFは回転時の振動がハンパなく、圧縮もかなりスカスカだったので相当摩耗していたようです。

ところで「テンペスト30」は30クラスにしては機体が一回り大っきいようです。
中国製ARFの例にもれず、機体がバルサではなく安価な桐材のせいもあり、全体が重い(^^;
それでも翼面積は50クラス並みにあるので、フライトは安定していて安心して飛ばせます。

積み替えた25FXもパワーがあり、快調に回って何ら問題なくフライトできました。
その他、本日は「スカイマンボウ」、「メガネウラ ネオ」などを、これまた順調に離陸から着陸までフライトさせて、午前中に早々と気分よく帰宅しました(^^)/

メガネウラ20190504

主翼の裏側は赤いフィルムを貼ってあるので、季節外れの赤とんぼが悠々と真っ青な空を飛ぶのは絵になります・・・撮影班がいないのがザンネン(^^;

平成最後のフライト日和?

R/C(ラジコン飛行機)
04 /28 2019
本日は晴天でほぼ無風・・・連休中でもあり、朝っから常連さんがたくさん来てました。
こちらも珍しく午前中に出かけて、さっそくフライトです。

常連20190428

各自の持参した機体が色とりどりです。

勢ぞろい20190428

皆さんの機体は、もれなく電動機ばかり(^^;

電動機20190428 電動機20190428p2 電動機20190428p3 電動機20190428p4 電動機20190428p5

小生のはエンジン機と電動機が混在しています。

テンペスト20190428

ところで空にはウロコ雲が見事!

うろこ雲20190428

この3D機はM氏のかな?

フライト20190428 フライト20190428p2

ちなみにこの画像はコンデジでは撮れないので、一眼レフの望遠で撮りました(^^;

わが持参した機体も、次から次と3機ほど何事もなく無事フライトさせて、ルンルン気分で帰途につきました。
常連さんが大勢いると、なかなか空域が確保できないので、やはり平日に単独フライトするに限ります(?)

テンペストの初フライト決行!

R/C(ラジコン飛行機)
04 /24 2019
長らくブログをご無沙汰しておりました。
ヘンテコな機体ばかり飛ばしていると、脳みそが疲れて(?)たまにはまともな機体も飛ばしたくなります(^^;

ARFの25クラスエンジン機の「スポーツマン25」が、長年飛ばし込んでもうボロボロ・・・EZ機なのでプラスチックの機体表面が劣化してパリパリと剥がれ落ちます(^^;
骨組みはべニアなので、強度的には問題ないものの、さすがに限界・・・思い切って気軽に飛ばせる同クラスの機体を物色しておりました。
結局、石井モケイよりARF機「テンペスト30」に決定!
先週末に取り寄せた機体に、とっくにお亡くなりになってしまった「アストロ25」のメカを移植して、3日ほどで作業完了です。
さすがに最近のARFはよくできています・・・特に問題もなく組み立て、メカ積み作業が済みました。
ちなみにエンジンはとりあえず手持ちのユーズド落札品、前方ニードル仕様OSの25SF を積みました。
本日、例によって例のRC 専用飛行場へ午後から出掛け、初フライトして来ました。

テンペスト20190424p2

右側の小ぶりなのは同じ25クラス2ストエンジン搭載の「スカイマンボウ」です。

スカイマンボウ20190424

同じ25クラスのエンジン搭載とはいえ、「テンペスト30」の方が一回り大きい・・・重さでいうと「スカイマンボウの」方は半分くらいの感じ(^^;

テンペスト20190424

25クラスノーマルエンジンですが、翼面積が大きいので問題なく軽快にフライトしました。
低翼機で特に変な癖もなく飛ばしやすい機体ですが、あいにく曇天で鉛色一色の空では裏表が分かりにくいので、一切曲技はなし・・・安全運転に努め、5分ほどの場周飛行のみで無事着陸してタキシング・・・手元まで帰ってきました!

裏側20190424

機体の裏側はこんな配色です。

ノーズハッチ20190424

電動機仕様にもなっているため、バッテリー収納スペース(燃料タンク)の真下がハッチになっていて取り外せます。
エンジン仕様ではサーボ&受信機用電源をここに収納するとCGもピッタリで便利です。

25クラスのエンジンは手持ちの在庫に後方ニードルのOS25FXやJUN25SR、それからSAITOの4ストFA30Sもあり、すべてマウントサイズが適合しますので、とっかえひっかえテストベンチとしてこれからも末永く飛ばし込みたいものです。

折りペラ装着

R/C(ラジコン飛行機)
03 /18 2019
本日も風が弱く、絶好のフライト日和だったので例のRC専用飛行場へ出かけました。

飛行場20190318

周りに人影がないのを確認して、さっそくFLYING RHOMBUSのフライトです。

RHOMBUS20190318

今回は積み替えたモーターの軸径が3㎜φだったので折りペラ仕様にしました。
何せ、度重なる真っ逆さまの墜落を経て、やっと飛ぶようになるまでに通常の電動ペラを3本ほど折ってますので(笑)
手持ちのグラウプナーの折りペラが6×4で、コレットがちょうど適合します。

折りペラ20190318

ただしESCの設定はブレーキ解除にします。
なぜかというと、前翼がモーターの直後にあり、パワーオフにして折り畳んだ時、ペラが主翼前縁や主翼留めの竹ヒゴにぶつかり、引っ掛かると再度ペラを回転させるのが困難になります(^^;

RHOMBUS20190318p2

パワーオンで、えいやっと手投げすると一直線に大空に上っていきます。
胸のすくようなスピードで翔け上がる姿を見ると、今までの製作やテストフライトの悪戦苦闘が報われます(^^;

ブログ上で失礼とは思いますが、あらためて設計者のアルカディア氏に感謝いたします。
降着装置やフラップ、ラダーの追加を含め、胴体の構造、フォルムなど、勝手に設計変更を致しましたが、結果オーライということでお許しください(汗)
ちなみにラダーの操作もしてみましたが、急激な姿勢変化もなく、素直に反応してくれます。
なお、同機のセットキットを入手したお方は、くれぐれも改造による重大インシデントは自己責任ということで・・・?

クルクルと小気味よく横転や宙返りなどを試したのち、無事手元に着地し、今回はペラを折ることもなく、気分よく飛行場を後にしました。

さて、早くも平成最後(?)の次の機体を物色しております。
もちろん次も無尾翼やカナードなど、ヘンテコかつ突飛な機体の製作に決まっています(笑)

空のオカリナ

地球の美しさと神秘を感じ取れる人は、科学者であろうとなかろうと、人生に飽きて疲れたり、孤独に苛まれることは決してないでしょう。  (レイチェル・カーソン)

最近は當地の自然豐かな環境に目覺め、もつぱら野の花や、オホハクテウなどの野鳥の撮影に明け暮れる每日・・・歲のせゐかな?
それにしてもデジカメで、プロ顏負けの畫像が簡單に撮れ、卽日ブログで發信できるなんて…まるで繪日記感覺・・・時代の恩惠に感謝!

他にも小學生のころ、父親に作つてもらつた木製骨組み紙張り(ゐはゆるstick&tissue)のフライヽング・スケールモデルに魅せられてからはや、幾星霜・・・紙飛行機からR/Cまで、幅廣くやつてます。